魚介フレンチの一つ星シェフが通う「魚介出汁のラーメン店」

魚介フレンチの一つ星シェフが通う「魚介出汁のラーメン店」

『せたが屋ひるがお』の「せたが屋らーめん」1030円(撮影/中庭愉生)

 類い希なる味覚を持つ、一流料理人たち。そんなシェフ行きつけの「ラーメンの名店」を教えてもらった。魚介フレンチでミシュラン一つ星を獲得したフランス料理『Abysse』の目黒浩太郎シェフが推薦するのは、東京・世田谷にある『せたが屋』だ。

 同店は、夜は『せたが屋』だが、昼の時間帯(11~15時)は塩ラーメン専門店『ひるがお』として営業。昼夜で店名・メニューが変わる二毛作店の先駆けとして知られる。

 夜の一番人気「せたが屋らーめん」は、うるめ煮干しを贅沢に使用した魚介の旨みたっぷりの醤油スープが特徴。香ばしい豚ホホ肉のチャーシューや特製ダレに一昼夜漬け込んだ味玉、四万十川産の青さのりなど7種類の具材も豪華で、目も舌も大満足のご馳走ラーメンだ。魚介フレンチの目黒シェフが、魚介出汁の「せたが屋らーめん」の魅力を語る。

「魚介の出汁が効いたスープや麺はもちろん、炭火で炙ったチャーシューなど具材も手が込んでいて、すべて美味しい。全体のバランスがよく、完成度の高い一杯だと思います」

◆せたが屋/ひるがお
・住所/東京都世田谷区野沢2-1-2
・営業時間/『せたが屋』は18時~翌3時(11時~15時は塩らーめん専門店『ひるがお』」として営業)
・定休日/水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)

※週刊ポスト2018年9月14日号

関連記事(外部サイト)