ヘアケアだけではない、認知症患者にワクワクを与える美容院

ヘアケアだけではない、認知症患者にワクワクを与える美容院

認知症母が楽しみにする美容院の日(写真/アフロ)

 父が急死したことで認知症の母(83才)の介護を担うことになったN記者(54才・女性)が、美容院の効能について実感をレポートする。

 * * *
 認知症の母の楽しみの1つは美容院だ。白髪染めとショートヘアを整えるために行くのだが、若くておしゃれなスタッフとおしゃべりし、お世辞を言われて笑う。今の母にとって“美容院の日”は、とても特別な1日になっているのだ。

◆沈む母の心を救った美容師さんとの会話

 母が私の行きつけの美容院に一緒に通うようになったのは、父の葬儀前。生気を失った母の気分転換を兼ねて、連れて行ったのがきっかけだ。父が亡くなったのは12月。こう言ってはなんだが葬式ラッシュの時期で、臨終から葬儀まで6日間も待たされた。

 その間、母は私の自宅マンションに滞在していたのだが、ずっと無表情。ふと鏡を見ると私もひどい顔をしていた。せっかく時間はあるのだ。葬儀には久しぶりに会う親戚や父の友人、私の仕事仲間やママ友も来てくれる。

「そうだ、美容院へ行こう!」

 少々不謹慎な気もしたが、父を送り出す大切な式典。母とともに清々しい気持ちで臨みたかった。

 美容院ではいつものように元気なスタッフに迎えられ、白く明るい店内が、いつにも増して別世界のようだった。

「あー、もうちょっとこっち。そっちじゃなくて…」
「えーっと、ここですか? このへんかな(笑い)?」

 ひと足先に母が向かったシャンプー台から、楽しそうに笑い転げる声が聞こえてきた。

 若いスタッフに髪を洗ってもらいながら、定番の“おかゆいところはありませんか?”の質問に、母がいろいろ注文をつけているらしい。新人美容師さんにしてみれば、不意に返ってきた“おかゆい場所”の指示がおかしくてたまらなかったのだろう。

 そして母にはその元気な笑い声が、鬱々とした空気を破る救いだったのかもしれない。シャンプーが終わり大きな鏡の前に座った母はなんとも晴れ晴れした顔になっていた。そんな母を見て心底ホッとした。美容院、大正解だった。

◆「Mさん、ステキ~」は気持ちを上げる特効薬

 こうして母は私と一緒に美容院に通うようになった。顔なじみの美容師さんに歓待され、白髪を染めてもらい、すっきりカットしてもらう。でもそれだけではない。母の日常にはいない、美容師さんたちとのキャピキャピした会話が、大きな刺激なのだ。

 母の担当美容師さんは、ベビーフェイスの色白の男性。ある時、短髪をミルクティー色に染めた彼を見て、「その髪、似合うじゃない!」と母は大絶賛。認知症になってからの母は躊躇なく話しかける。

「いや~Mさん(母)もステキですよ。今日染めたカラー、ぼくの思ったとおりだ! ブローしたらツヤが出て、後ろ姿はもうJKだな~」と美容師さんも返してくれる。

 そして母が同じ話を繰り返しても、初めて聞くように対応してくれるのも助かる。認知症のことも伝えてはいるが、毎日たくさんのお客さんと話す彼らにとっては、介護家族のような苦痛もないのだろう。

 美容院は女性にとって束の間の夢時間。美容師さんとの会話は最高に気分が上がる。そして母のその高揚感は、もう前日から始まるのだ。

「明日、美容院の予約が入っているから、迎えに行くね」と電話をすると、声が弾む。
「あら大変! 今夜は髪を洗わなきゃ。楽しみだね~」

 このワクワクが母には食事と同じくらい大切だ。だからこそ、多少送迎は手間だが、美容院通いを続けている。

※女性セブン2018年9月20日号

関連記事(外部サイト)