がん再発率75%下げる夢の新薬「ペレチノイン」が最終治験に

がん再発率75%下げる夢の新薬「ペレチノイン」が最終治験に

夢の予防薬は目の前?

 1981年以降、がんは日本人の死因ナンバーワンを独走する。年間の死者数も37万人(2016年)と増加傾向にあり、がんの予防は喫緊の課題となっている。

 しかしその中核となるがん予防薬の開発はなかなか進まず、実用化までの道は遠かった。その薬が、ついに登場間近だというのだ。日本在宅薬学会理事長の狭間研至医師がいう。

「肝臓がんの再発率を75%も下げる予防薬『ペレチノイン』を医薬品メーカーの興和が開発し、治験の最終段階に入っています。あくまで今回は再発したがんに対する予防薬ですが、実用化されれば画期的といえる」

 2011年に開発が始まり、発売時期は未定だが現在治験は最終段階で、国内とアジアにおいてチェックが行なわれているという。

 肝臓がんは、肝臓組織に発生した「がん幹細胞」が増殖することで発症するといわれている。ペレチノインは、がん幹細胞に働きかけ増殖を抑制することが明らかになった。

「今回の治験の対象はあくまで『再発の肝がん』ですが、再発でも初発でも発生メカニズムは同じなので“肝がん予防薬”として使える可能性はあると思います。たとえば肝硬変が進んだ人が、がんに移行しないようにする予防的な投与などの用途が期待されます。

 とはいえ“予防薬”として保険適用を得るまでには、治験を一からやりなおさねばならないなど、さらなる時間が必要でしょう」(医療経済ジャーナリストの室井一辰氏)

 これまで「がん予防薬」が存在しなかったのはなぜなのか。北品川藤クリニック院長の石原藤樹医師が解説する。

「がんの発生メカニズムが完全には解明されていないことが挙げられます。インフルエンザや麻疹、水疱瘡など予防接種がある病気は、どうやって起きるかがわかっている。だからワクチンが作れているのです」

 別の問題点を指摘するのは前出・室井氏だ。

「病気が治るかどうかの証明よりも予防効果を証明するほうがはるかにコストがかかる。病気にならない人を含め、膨大な人数に薬を投与して長期間の追跡調査をしなくてはならず、メーカーは採算がとれない」

 こういった事情もあり、巨額の資金と、数十年という長い時間が必要となる新薬開発ではなく、すでに使われている既存薬に新たな薬効を見出す「既存薬開発(ドラッグ・リポジショニング)」の研究が近年さかんに行なわれている。

 2016年3月、横浜市立大学のチームが医学誌『ランセット オンコロジー』に発表した研究内容は世界中から注目を集めた。糖尿病治療薬『メトホルミン』が大腸がんを予防する可能性があることが、世界で初めて示されたのだ。研究チームのひとり、横浜市立大学診療講師の日暮琢磨医師が話す。

「糖尿病を持たない人で、かつ大腸ポリープの切除経験がある人にメトホルミンを投与したところ、大腸がんの前段階である腺腫というものができる確率が40%低下したのです。

 この薬は1錠あたり10円以下と価格も非常に安いこともあり、さらなる研究を重ねることで、誰にでも手が届くがん予防薬の実現につながるのではと考えています。また、大腸がんのほか、膵臓がんや前立腺がんなど別のがん種へも応用が可能ではないかと注目しているところです」

※週刊ポスト2018年9月21・28日号

関連記事(外部サイト)