『透明なゆりかご』原作漫画家が「終末期病棟」を描く理由

『透明なゆりかご』原作漫画家が「終末期病棟」を描く理由

漫画家の沖田×華氏

 この7月からNHK総合で連続テレビドラマ化されて、大きな反響を呼んでいる『透明なゆりかご』(毎週金曜日よる10時放送、9月21日最終回放送予定)。原作コミックスは累計360万部(電子含む)を突破し、第42回講談社漫画賞(少女部門)も受賞した話題作であり、同作を執筆したのが、漫画家・沖田×華氏だ。自身の発達障害を題材としたコミックエッセイも好評を得ている沖田氏だが、シリアスなストーリーを産婦人科を舞台に展開する『透明なゆりかご』に続いて、挑戦したのが終末期病棟(ターミナル)の日常を描く『お別れホスピタル』。最新作でなぜこのテーマに挑戦したのか、その理由を沖田氏に聞いた。

 * * *
──ドラマ『透明なゆりかご』の最終回放送が間近となりましたが、原作者としてドラマをご覧になって、どのような感想をお持ちですか?

沖田:私の作品なんですが、自分のものじゃない(笑)。なんだか夢を見ているような不思議な経験をさせてもらっている感じで、とても新鮮です。

 この作品が、私が産婦人科医院でバイトをしていた1997年当時を描いているのですが、ドラマではその昭和っぽい部分も丁寧に再現してくれていて、自分のアルバムをテレビを通してみんなで見ているような……そんななんとも言えない気持ちになります。このようにドラマ化してくれた脚本家の安達奈緒子さん、監督やスタッフの方々、そして主演の清原果耶さんを始めとする役者の方々には、すごく感謝しています。

──ドラマ化された『透明なゆりかご』に続いて、「週刊スピリッツ」にて月一シリーズ連載をスタートさせたのが、『お別れホスピタル』になります。『透明なゆりかご』では“産まれてくる瞬間”、今度は“死に行く瞬間”をテーマとしたのは、なぜなのでしょうか。

沖田:私自身は終末期病棟(ターミナル)で働いた経験はありませんが、知り合いの看護師やいろんな方から、そういう病棟での話を聞いていて、以前から描いてみたいという思いがありました。余命わずかにも関わらず、死んでいくとは思えない患者さんの個性の強いエピソードをいくつも聞いていたので。

「その人が人生の最期をどうしてこの病院で迎えることになったのか?」を描くことで、その人の“人生のドラマ”を深いところで描けるのではないかと思いました。これは看護師の経験がある漫画家である私にしか描けないのではないかと思って、この題材に取り組むことに決めたんです。

──作中の病院に対して、「ゴミ捨て場と呼ばれる病院」という表現が衝撃的ですが、これは沖田さんのオリジナルなんでしょうか。

沖田:いえ、「ゴミ捨て場」という言葉は、私が考えたわけではなく、実際にナースの知り合いから聞いた言葉です。強い印象が残っていたので、今回、作中で使いました。

──単行本第1集では、患者さんの6つの話が登場しますが、エピソードがどれもリアルで胸を打たれます。取材などされたんでしょうか。それとも創作ですか。

沖田:さまざまなエピソードは、自分が看護師時代に関わった患者さんや、いろんな人から聞かせてもらった話を元にして、それを作中で取りあげる一人の患者さんに落とし込んで、構成しています。もちろん、私が想像して描いている部分もたくさんあります。

──とくに気に入ってるエピソードはありますか。

沖田:第6話になりますが、スキルス性胃がんと診断されて延命すれば1年は生きられるという患者さんが、自死を選んでしまったというエピソードを描きました。これは連載開始当初から描きたかったエピソードで、大変興味深いけど、現実に起こりうる話です。ほんとに自殺決める人は「死にたい」なんて言わずに死んでしまうんですよ。

 でも、その患者さんはどうして死んでしまったんだろう…自分が見回りしていれれば死なずに済んだのでは…と担当看護師は悩みます。そういうことを描くことで、「人の死ってなんだろう」ということを私なりに考えて、読者にも提示したかったんです。

──沖田さんは、元看護師で産婦人科でも働いた経験があるわけですが、ターミナルケアの経験はないのかと思います。それでも、看護師時代の経験が作品に生きているなと思う部分はどんなところでしょうか。

沖田:講演でご一緒したことがある医師の方からは「描写がリアルだ」と言われたのですが、やはり自分自身の看護師経験は作品にとって大きいです。そのベースがあるので、院内でこういうことがあるだろう、こんなことは起きないだろう、といったエピソードやディテールに対する価値判断ができるのかなと思います。

 また、先輩ナースには借金があって、いろんなバイトを掛け持ちしたりしているという裏設定があるのですが、元看護師の私だから、いま副業をしているナースが多いというような現実のディテールを拾えるのかなと思ったりします。

──『透明なゆりかご』の主人公は、ご自身の体験を元にした見習い看護師という新人の設定ですが、『お別れホスピタル』の主人公・辺見さんは「32歳、彼氏ナシ、親友ナシ」というある程度キャリアのある設定です。今回こういう主人公の設定にしたのはなぜですか。

沖田:年齢をあげて中堅看護師にしたのは、それなりのスキルや経験を持った看護師ならではの悩みや葛藤、人間関係を描きたかったからです。そうしたことで「結婚をどうするか、人生をどうするか、家族との関係をどうするか」といった、これぐらいの年頃の女性が持つ、漠然とした将来の不安なども今後、取り扱うことができるのではないかと思います。

 また、辺見さんは「自立したナース」という設定なので、そういう働く女性としてのあり方みたいなものも、作中で見せていければと考えています。

──これからの作品の構想を聞かせてください。

 沖田:いろんな患者さんを出していきたいですね。第5話で「死んだ母親がお迎えに来る」というエピソードは描いたのですが、そういう形ではない、幸せな死に方を迎える人も描きたいと考えています。認知症になって自分のこともわからなくなって、という患者さんの「幸せってなんだろう?」を考えたいというか……。

 一方で現実問題として、医療技術はどんどん発達して、長生きすることが当たり前にできてしまう。だから、親の年金が欲しいから胃ろうなどの延命治療をして、ともかく生かしてほしいということが起きてるわけですよね。でも、それって、本人はまったく幸せじゃない。では、どうしたらいいんだろう……ということも描きたいテーマですね。

──沖田さん自身は、「ご自分の死」ということをどう考えてますか。

沖田:うーん…。私は、死ぬ選択を自分でできるようになればいい、死にたい時に死ねる法律ができたらいいと思います。尊厳死というのは、海外ではありますけどね…。もし自分が認知症になったら、周りには迷惑かけたくないから、その日に死にたいと私は思います。そこに「自分の生きたい意志」が、もうなくなってしまっているのだとしたら、ですけど。

 身体中をチューブにつながれて延命をするのはイヤだし、親族のお金で生かされるようになるのはイヤですね。“食べられなくなったら死ぬ時”というような「自然な死」を選択したいと思います。

──そのような死は、いまの日本では許されてないですよね……。

沖田:100歳でぴんぴんしている人もいるけど、寝たきりでオシメをして自分で動けないという状態になる場合もありますよね。死からいかに逃げるか、長寿がいい…というのが、この世間一般的な考え方なのかなと思います。

 でも、私は「そんだけ生きてどうするんだ」「みんながみんな長生きすることが幸せか」とも、どこかで思ってしまうんです。家族に愛されていればまだいいけど、そうでないこともあり得るだろうし、ずっと健康なら200歳まで生きたいとも思うけど、絶対にガタきますしね(笑)。そういうことを『お別れホスピタル』を描くことを通して、読者の方と一緒に考えていきたいんですよね。

──実際にガタがきているところはあるんですか?

沖田:最近、目が悪くなりましたね(笑)。とはいえ、昔に比べたら、私も年をとることがイヤじゃなくなりました。若い時はババアになったら死んでやるなんて思ってたんですけど(笑)。この『お別れホスピタル』もそうですが、まだまだいろんなマンガを描いていきたい、いまはそう思っています。

【PROFILE】沖田×華(おきた・ばっか)/1979年2月2日、富山県生まれ。小学4年生の時に、医師よりLD(学習障害)とAD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断を受ける。高校卒業後、看護学校に通って、22歳まで看護師として病院勤務。風俗嬢を経て、2008年漫画家デビュー。『透明なゆりかご』(講談社)で第42回講談社漫画賞(少女部門)受賞し、NHKで連続TVドラマ化。現在、同作連載のほか、「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて『お別れホスピタル』(小学館)月一シリーズ連載、『毎日やらかしてます。』(ぶんか社)などを連載中。この8月には「沖田×華 4社同時発売 新刊夏祭り」と題して、異なる出版社の単行本を同時発売した。

関連記事(外部サイト)