胃がんと膵臓がんの発症リスク O型がもっとも低い理由

胃がんと膵臓がんの発症リスク O型がもっとも低い理由

O型が一番?

 血液型と言えば、日本では「性格診断」や「占い」のイメージが強い。だが、海外の医療機関では、血液型によって「病気リスク」が変わるという相関関係が最新研究によって明らかにされつつある。

 血液型と病気との関係を理解するうえで重要なのは、それぞれの血液型が、血漿中に異なる「抗体」を持つことだ。抗体は、ウイルスや細菌などの異物を体内から追い出すはたらきを持つ。東京大学医学部付属病院放射線科准教授の中川恵一医師が解説する。

「研究が進められている段階なので断言はできませんが、それぞれの血液型が異なる抗体を持っていることが、病気の発症リスクと関わっているのではないかと考えられています」

 日本人の死因の1位である「がん」は、血液型と発症リスクの関係に関する研究が世界中で進んでいる病気のひとつだ。中でも、医学論文がとりわけ多いのが、「胃がん」と「膵臓がん」である。

 日本人男性の年間罹患数は約9万人と、発症例が最も多い「胃がん」は、「A型」が最もかかりやすいという研究結果が出ている。

 スウェーデンのカロリンスカ研究所が2010年に発表した、約109万人を対象に35年間にわたって追跡調査した研究結果によると、A型の胃がん発症リスクは、最も低いO型に比べて約1.2倍高かった。

 また、2009年に米国立がん研究所が発表した研究によれば、「膵臓がん」に最もかかりやすいのは「B型」であることが分かっている。

 同研究では、米国の医療スタッフ約10万人を8年以上にわたって追跡調査。その結果、最も低いO型に対して、B型は約1.7倍リスクが高かった。同様に、AB型のリスクは約1.5倍、A型は約1.3倍だった。

「膵臓がんに関しては、日本や台湾でも同様の調査結果が出ています。さらに、ヒトが46個持つ染色体のうち、血液型を決定する遺伝子がある第9染色体に、膵臓がんのリスクを左右する遺伝子があるとの報告も出ています。その染色体が膵臓がんと関連している可能性があると考えられています」(前出・中川医師)

 一方、胃がんと膵臓がんのリスクが最も低いのは、いずれも「O型」だったが、どういう理由なのか。

「A型とB型はそれぞれ別の抗体を持っていますが、O型はその両方の抗体を持っています。つまり、他の血液型よりも多様な抗体を持っている可能性がある。そのため、他の血液型よりもがんに対する免疫力が高いと推測されます」(中川医師)

※週刊ポスト2018年9月21・28日号

関連記事(外部サイト)