女子キャンプの注意点 痴漢は出る? 野生動物撃退法

女子キャンプの注意点 痴漢は出る? 野生動物撃退法

キャンプ場に痴漢は出る?(イラスト/腹肉ツヤ子)

 昨今のアウトドアブームの影響もあり、女性ばかりでキャンプを楽しむ人も増えているという。しかし、キャンプは楽しいだけじゃない! けがや虫刺されなど、危険もつきもの。女子キャンプ初心者が知っておきたい注意点をQ&A方式で紹介する。

Q. 虫が苦手。対策を教えて!

A. 暖かい日のキャンプでは、蚊、ブヨ、蜂、アブなどの対策が必要だ。専用の虫よけスプレ―や殺虫剤、また、市販のかゆみ止めも持っていこう。インスタグラムのフォロワー数約5万人を誇る、女子キャンパー「marimari8208」こと松尾真里子さんはこう話す。

「蚊取り線香をたくだけでも、虫が近づきにくくなります。半袖で快適に過ごしたいなら、対策を忘れずに」

 秋はまだ蚊が多い。気温が下がったからといって虫対策を怠らないようにしよう。

Q:野生動物に遭遇したら、どうすればいい?

A:キャンプ場には、サルやシカ、時にはクマなどが姿を見せることも。キャンプコーディネーターのこいしゆうかさんが言う。

「ひとりでキャンプする時でも、なるべく人が密集している所にテントの設営を。以前、サルに遭遇した時、隣の人と協力して追い払いました。食べ物の放置は厳禁」

Q:キャンプでよくあるけがと応急処置は?

A:「キャンプで最も多いけがは、ナイフやナタによる切り傷です。切ってしまった場合は、腕や脚の付け根にきつく布を巻いて止血し、すぐに病院へ」(東京曳舟病院医師・山本保博さん)

 その次に多いのはやけどだという。

「慣れない調理器具を使うので、手や腕などを広範囲にやけどするケースがよくみられます。流水で5~6分以上充分に冷やして応急処置し、腫れや痛みがひかなければ、すぐ病院へ」(山本さん)

Q:ゴミの処分はどうしたらいい?

A:キャンプ場によってはゴミ捨て場を整備している所もあるが、基本的に、キャンプで出たゴミは持ち帰ろう。

「生ゴミはファスナー付き食料保存袋に入れて持ち帰ると、水気がもれにくいのでおすすめ」(こいしさん)

 テント泊をする場合、テントの近くにゴミを置いておくと、野生動物が来る可能性もある。テントから遠いところに一時的なゴミ置き場を作り、ビニール袋などにまとめて保管。帰りに持ち帰るとよい。

Q:痴漢は出る? 対策は?

 女性だけの場合、管理人が24時間常駐する、整備の行き届いたキャンプ場を選ぼう。

「人がたくさんいるなら、比較的心配ありませんが、オフシーズンのキャンプ場は注意が必要。女性の単独行動は避けましょう」(こいしさん)

 特に夜、トイレや風呂に移動する時は、ライトを持ち、2人以上で行動を。不審者に後をつけられていると感じたら、すぐに周囲に助けを求めよう。

※女性セブン2018年9月27日号

関連記事(外部サイト)