「このミス」大賞の新川帆立さん 現役弁護士だからこそ書けないこと

「このミス」大賞の新川帆立さん 現役弁護士だからこそ書けないこと

東大法学部卒の現役弁護士という肩書も話題

【著者インタビュー】新川帆立さん/『元彼の遺言状』/宝島社/1540円

【本の内容】
 宝島社主催の第19回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作(原題は『三つ前の彼』)。今回から最終選考委員に加わった瀧井朝世さんは単行本の巻末に収録された選評でこう評価している。《ぶっちぎりで面白かったです。奇妙な遺言状の内容はもちろん、とにかく主人公の人物造形に魅了されました》。数百億円ともいわれる財産を残して亡くなった森川栄治。その遺言状は奇妙で、自分を殺した犯人に財産を譲るというもの。その財産をめぐる争いに、代理人として参加するのが主人公の剣持麗子。遺言状の謎、新たなる事件、そして一癖も二癖もある森川家の面々とのやり取りなど、ページを繰る手が止まらない。

「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」──インフルエンザで死んだはずの製薬会社の御曹司が奇妙な遺言状を残していた。2021年の『このミステリーがすごい!』大賞受賞作は、敏腕女性弁護士が、依頼人の無実を明かすのではなく依頼人を犯人にするべく奔走する、ミステリーの定石の逆をいく怪作だ。すでに20万部を超すベストセラーになり、シリーズ化も決まっている。

 女性主人公・剣持麗子のキャラクターがぶっ飛んでいる。美人で気が強く、有能だが思ったことを何でも口にして周囲と摩擦を起こす。「よくもカルティエでこんなに小さなダイヤが買えたわね」と婚約指輪を恋人に突き返し、ボーナスの額が少なければ、「こんな事務所、辞めてやる」と上司にブチ切れる。

 作者の新川帆立さん自身も弁護士で、東大大学院を出て1回で司法試験に合格したそうだ。麗子みたいな人が来たらどうしようと少し緊張しながら取材の場に赴いたところ、

「私も弁護士ですけど、言いたいことがあまり言えない、麗子とは真逆のタイプです。こんな人になって一日過ごしてみたら、いいだろうな、という気持ちで楽しく書きました」

 とおっとりした口調で言われてホッとした。

「女性が憧れる主人公を書こうとして、それなら強い女性だろうと思ったんですけど、ドラマに出てくるような強いキャリアウーマンってあんまり現実味を感じられなかったんです。こんな人いないよね、って思っていたので、麗子はもう少し、いいところも悪いところもあり、悩みも抱えた、多面的な人物造形を心がけました。ミステリーとしての謎解きも大事だけど、ひとりの人間の成長を最後まできちんと書こう、というのを目標にしました」

同業者が読んで「これはない」と思われないように

 殺人犯に名乗りを上げた知人の代理人を引き受けた麗子だが、学生時代に短期間だが亡くなった御曹司と付き合っていたこともあり、完全な第三者としてではなく事件に巻き込まれていく。

 ミステリーの探偵役は、その事件にかかりきりにならざるをえないが、弁護士は複数の案件を同時にこなすのが当たり前で、麗子みたいに大きな法律事務所に所属する弁護士が個人の案件を扱うこともあまりないらしい。

「なので、上司にブチ切れて休職することにして、個人的な関係で巻き込まれて引き受けることにしてるんです。同業者が読んで、『これはない』と思われないように、細かいところに気をつけています」

 本職の弁護士だから書けることがたくさんある一方で、本職だからこそ、いい加減に書けないこともあるのだ。

「小説の中でも『犬神家の一族』の犬神佐兵衛の遺言状について書いていますけど、あの遺言は有効か、っていうのは法律の教科書のコラムにも出てきます。今回の『元彼の遺言状』についても、ギリギリの線を攻めているので議論はあるところだと思うんですけど、『犬神家の一族』がアリならこれもOKでしょう、とは思っているので、文句は言わせません(笑い)」

 小学生のころから本が大好きで、ファンタジーやミステリー、冒険小説などを読んでいた。高校時代に夏目漱石の『吾輩は猫である』を読んで「こういうものが書きたい」と思ったのが、作家をめざすきっかけだった。

「まっすぐ文学部に進めばよかったのかもしれませんが、作家になれるまで何年かかるかもわかりませんし、デビューした後も食べていけるかわからない。高校生なりに考えて、別に仕事を持って長期的にねらっていくしかないなと弁護士をめざしました。弁護士に憧れて、という気持ちではなく、国家資格を取れれば何かしら安定的な仕事があるだろう、と」

 はじめは法律事務所に勤めたが、忙しくて書く時間がまったく取れなかった。3回転職して、4社目で、会社の中の法務部に弁護士として所属することになり、ようやく、土・日の休みや有休を取って小説を書けるようになり、念願のデビューも果たした。

「非常に恵まれた職場環境で、楽しく働かせてもらっていました。無事にデビューもできて、作家業に軸足を移そうと1回、退職を申し出たんですけど、作家になっても売れないかもしれないから、売れなかったら戻っておいでって言っていただいて、3年間の休職という扱いにしていただいています」

イヤミスを書こうとしたらぜんぜん怖くならなかった

 弁護士という仕事に憧れてめざしたわけではなくても、仕事を通して尊敬できる先輩弁護士に出会えたという。

「弁護士の仕事っていうのは、弱い人を助けることじゃないんですよね。弱い人も強い人も等しく法の保護の下に権利を持っている。たとえば自分は弱くて相手は強いと思っていても、相手も同じことを思ってたりするのが現実です。現実にははっきり線が引けません。そういうところが面白いし、弁護士の仕事のしどころなんだと私は思っています」

 麗子のようにはっきりものを言えないという新川さんだが、「能天気なぐらいネアカで前向き」なところは共通しているそうだ。

「デビュー前にイヤミスを書こうとしたこともあるんですけど、ぜんぜん怖くならなくて。あれは特殊技能ですね。でもいつかは書けるようになりたいです」

 デビュー作の大ヒットで、他社からも執筆依頼が次々と来ているそうだ。『元彼の遺言状』の続篇はすでに書き終え、秋ごろの刊行をめざして手直しをしている段階だ。

「次回作には、新しいキャラクターも出てきますし、弁護士ってふだん何してるの?というところも描かれると思います。読者が好奇心を持って追いかけて読むものはミステリーだと私は広くとらえているので、これからは弁護士もの以外でも、いろんな作品を書いてみたいですね」

【プロフィール】
新川帆立(しんかわ・ほたて)/1991年生まれ。アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身、宮崎県宮崎市育ち。現在は東京都在住。東京大学法学部卒業後、弁護士に。第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、本作でデビュー。

取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2021年4月29日号

関連記事(外部サイト)

×