記者から転身、外科医、5回目の宇宙に… 日本人宇宙飛行士12人の経歴

記者から転身、外科医、5回目の宇宙に… 日本人宇宙飛行士12人の経歴

宇宙に旅立った12人の日本人を紹介(写真は毛利衛氏。時事通信フォト)

 2021年は旧ソ連のユーリ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行を成功させて60年の節目に当たる。その間、人類の宇宙開発は飛躍的な進歩を遂げた。国際的な宇宙開発の流れの中で、日本人宇宙飛行士も重要な役割を担っている。

 4月22日にはJAXAの星出彰彦氏が宇宙へ飛び立ち、昨年11月から宇宙に滞在する野口聡一氏と共に、日本人宇宙飛行士2名が同時に国際宇宙ステーション(ISS)で活動する。これまで宇宙に旅立った12人の日本人に加え、今秋には13人目の新・宇宙飛行士の募集も始まる。

『宇宙から帰ってきた日本人』の著書があるノンフィクションライター・稲泉連氏は、12人全員に取材を敢行した経験の持ち主。その稲泉氏が、12人の経歴をわかりやすく解説する。

TBS記者として日本人初の宇宙飛行

秋山豊寛(あきやま・とよひろ)
飛行期間:1990年12月2日→12月10日

 日本人として初めての宇宙飛行は、民間人のジャーナリストによってなされた。旧ソ連の宇宙ステーション「ミール」での滞在の様子はテレビ中継され、「これ、本番ですか?」という第一声も話題に。帰還後、秋山氏はTBSを退社し、有機農業にも取り組む。

スペースシャトルに搭乗した初の日本人

毛利衛(もうり・まもる)
飛行期間:1992年9月12日→9月29日、2000年2月11日→2月22日

 科学者の宇宙飛行士としてスペースシャトルに2度の滞在。無重力実験や三次元地図の作成ミッションなどに携わる。後に宇宙での体験をもとに、生命と地球のつながりを「ユニバソロジ」という概念を用いて表現した。今年3月まで日本科学未来館の館長も務めた。

日本初の女性宇宙飛行士

向井千秋(むかい・ちあき)
飛行期間:1994年7月8日→7月23日、1998年10月29日→11月7日

 日本人女性初の宇宙飛行士で、以前は慶應大学病院の医師だった。俳優・石原裕次郎が入院した際の担当医の一人でもあった。現在は東京理科大学の特任副学長。「スペース・コロニー研究センター」のセンター長を務め、産学連携による宇宙開発の様々な提案を行っている。

5度目の宇宙飛行を控えるJAXA特別参与

若田光一(わかた・こういち)
飛行期間:1996年1月11日→1月20日、2000年10月11日→10月24日、2009年3月15日→7月15日、2013年11月7日→2014年5月14日

 1996年の初飛行以来、計4度の宇宙飛行を経験。4度目の飛行の際は、日本人として初めてISSコマンダー(船長)を務める。JAXAの特別参与となった現在も現役飛行士を続けるリーダー的な存在で、2022年には5度目のミッションへの参加が予定されている。

日本人で初めて「船外活動」に従事

土井隆雄(どい・たかお)
飛行期間:1997年11月19日→12月5日、2008年3月11日→3月27日

 宇宙開発事業団初の日本人宇宙飛行士の一人。ミッションでは日本人初の船外活動を行った。2008年の2度目の宇宙飛行では、ISSに日本の実験モジュール「きぼう」を取り付ける大役を担う。京都大学の教授として「有人宇宙学」という学問を創設している。

4月29日にISSから帰還

野口聡一(のぐち・そういち)
飛行期間:2005年7月26日→8月9日、2009年12月20日→2010年6月2日、2020年11月16日→2021年4月29日帰還予定

 現在、3度目のミッションでISSに滞在中。スペースXの民間宇宙船「クルードラゴン」に搭乗した初めての日本人宇宙飛行士となった。船外活動の経験もある。宇宙体験の分析に積極的な姿勢を見せ、大学の研究者と共同で論文の発表もしている。

船長として22日に宇宙へ!

星出彰彦(ほしで・あきひこ)
飛行期間:2008年5月31日→6月14日、2012年7月15日→11月19日、2021年4月22日→約半年滞在予定

 4月22日にISSへ向かい、滞在中は船長の役割を担う予定。小学生の頃から宇宙飛行士を夢として思い描き、現在のJAXAであるNASDAへ。応募資格の年齢を満たさず願書が受け付けられなかった1度目を含めると、3度の選抜試験を受けた経験を持つ。

現在は宇宙政策、宇宙旅行事業に携わる

山崎直子(やまざき・なおこ)
飛行期間:2010年4月5日→4月20日

 日本人女性2人目の宇宙飛行士。2010年のミッションでは、野口聡一によってISSに迎えられた。訓練期間中の出産を経て、家庭との両立に悩みながら宇宙飛行に辿り着いた経験を持つ。現在も日本の宇宙開発についての提言、普及活動を積極的に行っている。

2023年、2度目の宇宙ミッションに

古川聡(ふるかわ・さとし)
飛行期間:2011年6月7日→11月22日

 1999年、山崎直子、星出彰彦とともに宇宙飛行士に選抜。それまでは東大病院の外科医だった。2011年に約5か月半、ISSに滞在している。若田光一飛行士とともに、2023年頃におけるISS長期滞在クルーとして次の宇宙ミッションが予定されている。

無人補給機「こうのとり」をISSとドッキング

油井亀美也(ゆい・きみや)
飛行期間:2015年7月23日→12月11日

「新世代」と呼ばれる第5期募集の宇宙飛行士の中での最年長。航空自衛隊の元パイロットだった。ISS滞在時は地球の美しさに魅了され、多くの写真をTwitterで紹介した。実家は長野県のレタス農家で、深夜の野菜の収穫時に空の星を眺めていた。

日本実験棟「きぼう」の利用環境を構築

大西卓哉(おおにし・たくや)
飛行期間:2016年7月7日→10月30日

 前職はボーイング767の副操縦士として全日本空輸に勤務。ISSに向かうソユーズ宇宙船では「レフトシーター」を務め、船長を補佐した。大学時代に打ち込んだのが飛行機作りで、「鳥人間コンテスト」に出場したが、その際の役割はパイロットではなかった。

医師として健康に関する宇宙実験を遂行

金井宣茂(かないのりしげ)
飛行期間:2017年12月17日→2018年6月3日

 防衛医科大学を卒業後、海上自衛隊の医官として働く。潜水医学を学ぶためのアメリカ留学中、「深海」と「宇宙」の類似性に気づき、宇宙飛行士という仕事を意識した。米国での訓練中、「極限環境ミッション運用」の通称「NEEMO」から「ニモ」とあだ名で呼ばれた。

取材・文/稲泉連

※週刊ポスト2021年4月30日号

関連記事(外部サイト)

×