自宅で食べたいお取り寄せ極旨餃子 全国厳選10品を食通が食べ比べ

自宅で食べたいお取り寄せ極旨餃子 全国厳選10品を食通が食べ比べ

餃子のプロたちが食べ比べ(写真はぎょうざの宝永(北海道)の宝永餃子スタンダード)

 冷凍や輸送技術の発達により広がっていた「お取り寄せ」グルメの数々。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要の拡大によって、それまで通販をしていなかった有名店が加わったことで、お取り寄せにトライする人も増えている。そこで、お取り寄せの中でも人気が高い「餃子」について、全国各地の10品をピックアップ。餃子専門サイト編集長・塚田亮一氏、焼き餃子協会代表理事・小野寺力氏、無類の餃子好きとして知られるシンガーソングライターの玉城ちはる氏、食に造詣が深いTVプロデューサーのテリー伊藤氏が試食した。

塚田:今回の品評会ではお取り寄せができる全国各地の人気餃子10品を試食しました。いずれも冷凍で届き、ご当地の店の味を楽しむことができます。どの餃子が最もお好きでしたか?

小野寺:美味しさで印象が強かったのが長野の「テンホウ」です。餡はあっさりしていますが、付属の豆板醤をタレに入れて味わった時の風味の膨らみ方が秀逸でした。三重の人気店「新味覚」も強烈な印象でしたね。比較的シンプルな餃子ですが、別売りの刻みにんにくを絡めて食べた時、さらに本場流に牛乳で流し飲み込んだ時の味の変化が大きく、驚きます。

伊藤:僕は大のにんにく好きなので、餡のにんにくの風味が絶妙で旨かった北海道の「ぎょうざの宝永」、刻みにんにくを付属タレに加えて味わう「新味覚」に高評価をつけました。シナモンの風味が効いた「テンホウ」の餃子もよかったね。

玉城:私が最も美味しく感じて好きだったのは栃木の「和の中」です。皮の厚み、キャベツの歯触りが残る感じが好みで、付属のタレのにんにく醤油の中に私も溺れたいと思いました(笑い)。秋田の「紅白餃子」も気に入りましたね。白はキャベツの甘味、赤はピリっと辛い風味と、味がしっかり分かれていて、どちらも私の好みの味でした。

塚田:私も「和の中」は皮も餡もタレも美味しく、秀でていたと感じます。最も印象に残ったのは兵庫の「大鳳餃子」のマカロン餃子ですね。見た目も種類もインパクトがありました。

伊藤:お取り寄せ餃子には「面白さ」というプラスアルファの要素もあると思うんです。その観点ではマカロン餃子は絶対にウケますよね! 9種類の味が揃っていて、家族でワイワイしながら楽しめる。餃子の概念を凌駕した商品だよね。

【食べ比べた餃子10品を食通たちのコメントとともに紹介】

和の中(栃木)

『宇都宮餃子(30個入)』1375円  ※タレ付き

塚田:餡は香辛料で奥深い味になっている。にんにく醤油タレが旨く、皮の美味しさを引き立てる。
小野寺:小麦粉の良い香りと程よく香るスパイスが五感を刺激。にんにく醤油タレが相性抜群!
玉城:甘味のあるキャベツがシャキシャキし、生姜も美味しい。にんにく醤油タレがめちゃ旨い!
伊藤:シンプルな餃子で一般受けする美味しさ。にんにく醤油タレが絶妙な味。大きさも程よい。

ぎょうざの宝永(北海道)

『宝永餃子(スタンダード)20個入』980円 ※餃子のみ
宝永餃子専用こだわりのタレ(200円)は別売り ※商品の出荷は5月以降

塚田:モチモチの皮はにんにく、にら、生姜の香りを閉じ込め、ジューシーな餡とバランスもいい。
小野寺:皮のもっちり感、にらのパンチ力が抜群。餡は肉々しくジューシーでタレなしで充分旨い!
玉城:小ぶりに見えるが餡はずっしりとボリュームがあり、にんにく、にらのパンチが効いている。
伊藤:にんにく、にらの風味が絶妙! 大きさもよく、誰もが好きになる味。取り寄せたくなるね!

餃子の餃天(秋田)

『紅白餃子24個セット』2376円 ※餃子のみ

塚田:白は玉ねぎの甘さ、旨味が強く感じられ、赤はピリ辛。大人向けでビールが飲みたくなる味。
小野寺:白のもちっとした皮は食感が良い。赤はピリ辛の皮が餡の旨味をしっかり閉じ込めている。
玉城:赤は皮の程よい辛さがクセになり、餡の甘さと相性もいい。白は玉ねぎの甘さがたまらない。
伊藤:白は玉ねぎの甘味がいいね! 赤は皮に練り込まれた唐辛子の風味が強すぎるかも。

テンホウ・フーズ(長野)

『テンホウのぎょうざ(56個入)』2180円(送料込み) ※タレ、自家製豆板醤付き

塚田:野菜多めで軽い食感。シナモンの香りが良いアクセント。豆板醤で味変できるのがいい。
小野寺:シナモンがふんわりと香り、野菜の優しい旨味とスパイスの組み合わせはクセになる。
玉城:薄皮なのにカリッと焼き上がり、野菜多めでいくつでも食べられそう! 豆板醤は旨味もある。
伊藤:びっくりの旨さ。香辛料がキマっていてクセになる! 以前、香港で食べた餃子と似ている。

中国小麦粉料理専門店 惠泉(千葉)

『棒餃子10個』1960円 ※餃子のみ

塚田:手作りならではのモチモチ皮の食感が楽しい。豚肉のジューシーさ、にらの香りが印象的。
小野寺:にらの味が強烈! にらの風味をサポートする豚肉の味と皮が美味しく、食べ応えがある。
玉城:皮が厚く、小麦の甘味が楽しめる。肉は粗みじん切りで食感がよく、にらの強い香りもいい。
伊藤:1個200円弱だが、材料が上質。皮も厚いが嫌ではない! 大きさの割に味はオーソドックス。

新味覚(三重)

『生餃子(18個入)』890円 ※タレ付き
新味覚特製刻みにんにく(70円)は別売り

塚田:別売りの刻みにんにくの味が強烈。飲み物として推奨される牛乳との組み合わせも面白い。
小野寺:皮と餡自体はスタンダードだが、にんにくダレにラー油を加えて絡めて食べると大変化!
玉城:初の三重県訪問で牛乳と一緒にお土産で渡された思い出が蘇る。肉と野菜のバランスも抜群。
伊藤:コスパよし。別売りの刻みにんにくのパワーが全開! にんにく好きの私にはたまらない!

大鳳餃子(兵庫)

『マカロン餃子ギフトセット(12個入)』1620円 ※梅、しそ、チーズ(2個)、キムチ(2個)、いかすみ、たけのこ、牛すじ、ゆず、ポテト(2個)の計9種類 ※餃子のみ

塚田:見た目が美しい。「梅」が爽やかでとても旨い。「牛すじ」は味が餃子の奥から染み出てくる。
小野寺:餡はそれぞれ個性があり、味付けが工夫されている。丁寧に作られており、食感も楽しい。
玉城:「たけのこ」「いかすみ」の具の存在感、「キムチ」の辛味、「ゆず」のさっぱり感と各味楽しい。
伊藤:人生観変わりました。素晴らしいのは全種類美味しいこと! 絶対お薦め。早速買います!

餃子工房 ぬくり(大阪)

『バームクーヘン豚と3種の貝の旨出汁餃子(60個入)』5000円 ※タレ付き

塚田:豚肉の旨味がしっかりしており、生姜の香りが爽やか。味が濃いので酒と一緒に食べたい。
小野寺:小粒ながら尖った味。にら、生姜の風味が特に強い。全体的に強い味で、酒が欲しくなる。
玉城:とても小粒で、上品に食べたくなる。大きめの生姜が入り、香味が強い。肉々しさはない。
伊藤:3種の貝の風味を期待したが、あまりわからなかった。餃子自体をもっと大きくして欲しい。

博多鉄なべ(福岡)

『餃子(40個)・鉄鍋・柚子胡椒セット』6480円 ※タレ、薬味(赤こしょう)付き

塚田:カリッと焼ける皮の食感がとてもいい。キャベツの甘味を感じる。赤こしょうが食欲を促進。
小野寺:小粒でキャベツがぎっしり。甘味のある皮と野菜がピリリとした柚子胡椒によく合う。
玉城:タレなしでも味がしっかりでビールが欲しくなる。柚子胡椒で味わうと焼酎が進みそう!
伊藤:鉄鍋付きで届いたら盛り上がるのは間違いない! 餃子を柚子胡椒で味わうのは新鮮な体験。

松龍軒(熊本)

『楽焼餃子40個セット』4070円 ※タレ、松龍軒秘伝一味唐辛子付き

塚田:パリパリッとした薄皮、キャベツのザクザク感がよい。にんにくがしっかり効いている。
小野寺:キャベツの香りがすごい。生っぽい、作りたての味。一味唐辛子を加えるタレは辛くて旨い。
玉城:皮が薄く、野菜の緑色が透けて見える。キャベツの量が多く、にんにくの味が強い。
伊藤:餃子なのに生っぽい感触が不思議! 肉汁が出てくる感じがなく、好き嫌いが分かれるかも。

※表示価格は購入時の税込み定価

【プロフィール】
塚田亮一(つかだ・りょういち)/餃子専門サイト『東京餃子通信』編集長、餃子評論家。全国の餃子を食べ歩き、テレビの情報番組でも活躍。

小野寺力(おのでら・ちから)/一般社団法人焼き餃子協会代表理事。通称・餃子ジョッキーとしてテレビにも登場。餃子文化の普及活動に努める。

玉城ちはる(たまき・ちはる)/シンガーソングライター。無類の餃子好きで著書『餃子女子』を出版。コラボで商品化した『藍入り餃子』が発売中。

テリー伊藤(てりー・いとう)/演出家、TVプロデューサー。コメンテーターやディレクターとして多くの人気番組に携わり、食にも造詣が深い。

撮影/中庭愉生 構成/上田千春 フードコーディネート/甲斐優美

※週刊ポスト2021年4 月30日号

関連記事(外部サイト)

×