「子どもいません」と言ったら謝られて…私たちは気の毒?

「子どもいません」と言ったら謝られて…私たちは気の毒?

『まんが 子どものいない私たちの生き方』より

「『うちは、子どもはいません』。子どもはいるか聞かれたので、そう答えると謝られてしまうことがあります」

 と話すのは、子どもがいない女性の会を主催する、くどうみやこさん。自身の問題として、これまで500人にわたる子どもがいない女性たちを取材してきたこの道のエキスパートだ。なぜ謝られるのか、なぜその言葉を放つと気まずい空気になるのか…その背景を聞いてみた。(以下カッコ内、くどうさん)

「子どもは幸せな人生の必須アイテム? 子どもがいないというだけなのに、相手が申し訳なさそうな顔を浮かべ、気まずい空気が流れていく。子どものいない人たちは、似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 今どき、そんな無神経なことを聞いてくる人はいないというのなら、それは周りに恵まれているのかもしれません。子どもがいない女性の会を主催する『マダネ プロジェクト』では、子どもの有無を聞かれ、いないことを告げたら謝られてしまうことに傷つくとの声が絶えません。

 その方の事情を知らないのに、挨拶代わりに悪気なく『子どもは?』と聞いてくる人々。質問したのに相手が謝る背景には、『悪いことを聞いてしまった』との哀れみが隠れているからだと思われます。子どものことを聞かれても、気にしない人や上手く受け流せる人もいますが、人によってはその言葉が刀のように鋭く突き刺さることも」

 国立社会保障・人口問題研究所「2015 年社会保障・人口問題基本調査」によると、5.5 組に1組の夫婦が不妊治療を経験している。成功例が取り上げられることも多いが、授からなかった方も多いのが現実。不妊の問題だけではない。病気が原因、パートナーの事情、 経済的なこと、機能不全家族の影響など、子どものいない理由には複雑な事情が絡んでいたりする。職場、地域、親族、友人関係。現代社会において、自分の周囲にも子どもがいない人は誰かしらいるのではないだろうか。

「今は結婚して子どもをもつ生き方があたり前ではなくなっているのに、『子どもはどうするの?』『まだ年齢的に産めるわよ』と、子どもが人生の必須アイテムのように勧められることも。もちろん、子どものいる人生は素晴らしいけれど、子どものいない人生だって素晴らしい。そう認めてもらえるだけで、救われる思いがあります」

「子どもを望んでいたのに叶わなかった場合は、自分の気持ちを消化するのに時間はかかるでしょう。人によっては、一生、子どもをもてなかった思いを抱えて生きていくかもしれません。ただ、それは内側にある自分自身の問題。外側にある世間や社会から、子どものいない人生はかわいそう、寂しいといわれるほうがしんどい、と感じることがあるのです」

 自分と異なる立場の人を尊重することは、多様性の時代に必要な心得。くどうさんが執筆にかかわった『まんが 子どものいない私たちの生き方 おひとりさまでも、結婚してても。』(小学館)には、そんな子どものいない女性、約 500 人の声が反映されている。

 不妊治療 を終えた専業主婦、年下と結婚した晩婚妻、独身で会社員の氷河期世代、子どもは苦手な派遣社員、夫が男性不妊の公務員といったさまざまな立場から、モヤるシチュエーションや、いわれてヒリヒ リした出来事など、リアルな日常が描かれている。

「子どものいないことで感じる“モヤモヤ”、誰にも打ち明けられない本音、内に抱えたな哀しみ、トホホな現実。子どものいない女性は自分の思いを沈めて日々を過ごしていますが、本当は私たちの生きづらさに気づいてほしいと思っています」

 これまでは結婚して子どもをもつ生き方がスタンダードとされてきたが、近い将来、女性の3人に1人が子どもをもたないと推測されている(日本の将来推計人口 国立社会保障・人口問 題研究所より)。

「子どものいない私たちも、わかってもらえないと嘆くばかりではなく、自分たちの思いを伝えて理解を深めてもらうことも大切です。子どものいない女性に寄り添い、活動を続けること8年。当初はタブー感が強く、堂々と語れる雰囲気ではありませんでしたが、少しずつ時代が緩み、子どものいない人生も多様なライフコース のひとつとして、メディアでも取り上げられる機会が増えてきました。

 当事者だけでなく、さまざまな立場の方々にも子どものいない女性の思いを知ってほしい。これまでは文章で伝えてきましたが、場面や心情が伝わりやすいよう、前出の最新自著では、まんがにしました。登場する6人のキャラクターは自分に似ているかもしれないし、周りにいる誰かかもしれない。そういう目線で読めば、きっと相手に対して優しい心遣いができるはずです」

 自分と異なる立場の人を尊重することは、多様性の時代に必要な心得。子どもがいても、いなくても、おひとりさまでも、結婚してても、生き方に優劣はないのだから。

【プロフィール】くどうみやこ/(大人ライフプロデューサー/トレンドウォッチャー) 東京都生まれ。大人世代のライフスタイルからマーケティングまで、時流やトレンドをとらえた独自の視点で情報を発信。近年は、自身の体験から子どもをもたない大人のマーケットに着目。子ど ものいない女性を応援する「マダネ プロジェクト」を主宰。著書に『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』『誰も教えてくれなかった 子どものいない女性の生き方』(ともに主婦の友社)など。?

関連記事(外部サイト)

×