インフルエンザが早くも大流行の兆し 新薬「ゾフルーザ」は予防薬となる可能性も

記事まとめ

  • 10月29日、厚生労働省は、沖縄と三重がインフルエンザの流行期に入ったと発表した
  • そうしたなかで、今年3月に発売された新薬「ゾフルーザ」が注目を集めている
  • 昨シーズン最も処方されたイナビルは、吸引力の弱い高齢者には適していないとの指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております