降圧剤の服用で肺がん発症率が上がる 英医学誌の衝撃論文

降圧剤の一種・ACE阻害薬の服用で肺がんリスクが上昇すると英医学誌に論文掲載

記事まとめ

  • 降圧剤の一種・ACE阻害薬の服用で肺がんリスクが上昇すると英医学誌に論文掲載された
  • 国立がん研究センターは、肺がんを発症する患者数が年間12.5万人になると推計している
  • その肺がんと降圧剤に何らかの関係があると結論づけた論文は、医学界に衝撃を与えた

降圧剤の服用で肺がん発症率が上がる 英医学誌の衝撃論文

降圧剤の服用で肺がん発症率が上がる 英医学誌の衝撃論文

最近、咳きこむことが増えていませんか?

 衝撃的な論文が10月24日付の英医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』(BMJ)に掲載された。そこに書かれていたのは、〈降圧剤の一種である「アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬」の服用により、肺がんのリスクが増す〉という内容だ。

 ジューイッシュ総合病院(カナダ)の研究グループは、1995年から2015年に降圧薬の服用を開始したイギリス人の高血圧患者99万2061人を追跡調査した結果をまとめた。

 それによると、ACE阻害薬を服用した患者は、同じく降圧剤の一種であるARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)を服用した患者より、肺がん発症率(ハザード比)が14%高かった。さらに、服用期間が10年を超える患者に限定した調査では、発症率(ハザード比)は31%増になった──と報告している。

 この結果を踏まえて、論文執筆者の一人であるマギル大学のローラン・アズレ准教授は、「ACE阻害薬は優れた降圧効果をもたらすが、肺がんに関係する物質を増加させる可能性がある」という見解を発表した。

 国立がん研究センターは、肺がんを発症する患者数が年間12万5100人にのぼると推計している(2018年予測)。年間の死亡者数は約7万7500人(同前)で、全がん中1位だ。

 その肺がんと降圧剤に何らかの関係があると結論づけた論文は、医学界にインパクトを与えている。日本高血圧学会理事で、獨協医科大学循環器・腎臓内科主任教授の石光俊彦・医師が話す。

「大規模で、追跡期間も長い。今後、イギリス以外の国でも同じような傾向が明らかになれば、日本の高血圧治療ガイドラインが推奨する治療薬が変更される可能性も出てくるでしょう」

 高血圧治療が専門の岡田正彦・医師(新潟大学名誉教授)が続ける。

「国民病と呼ばれる高血圧の患者は約4300万人。そのうち、ACE阻害薬を服用しているのは9%、約200万人と推計されている。肺がんリスクが認められれば、高血圧治療の現場は混乱に陥る恐れがある」

◆咳は“良い副作用”か“悪い副作用”か

 日本高血圧学会が定める「高血圧治療ガイドライン」(最新は2014年版)では、降圧作用を持つ第1選択薬として、「ACE阻害薬」「ARB」「カルシウム拮抗薬」「利尿薬」の4種類を示している。

 降圧剤は「血管を広げて血圧を下げるタイプ」と、「血液量の増加を抑えて血圧を下げるタイプ」に大別される。ACE阻害薬は、血管を収縮させるホルモン「アンジオテンシンII」を作らせないことで、「血管を広げて血圧を下げるタイプ」にあたる。先述した「ARB」は同ホルモンを働かせない作用があり、効き方がよく似ている。

「ACE阻害薬には、蛋白尿を減らして腎臓を保護する作用があるので、腎臓病や糖尿病を併発している高血圧患者に処方されることが多い。また、心不全などの予後を改善する効果もあるので、心臓機能が低下した高血圧患者も服用する傾向があります」(石光医師)

 降圧剤は「高血圧を根治する薬」ではなく、「高血圧を抑える薬」である。従って、一生飲み続けることになるケースが多い。

 それに際して、ACE阻害薬にはコスト面の強みがある。同じ「血管拡張」のはたらきを持つARBが1錠100~140円程度に対して、ACE阻害薬は30~60円(いずれも自己負担額)。3~5倍の開きがある。

「現在、降圧剤として処方が最も多いのはARBですが、医師がARBを勧めても、経済的負担を考えると“ACE阻害薬の服用を続けたい”と希望する患者さんもいる」(北品川藤クリニック院長の石原藤樹・医師)

 ACE阻害薬には副作用として“コホコホ”という「空咳が出る」ことが指摘されているが、これが“利点”として認められている側面がある。

「ACE阻害薬を服用する患者の2~3割に空咳が起こります。副作用というと“体に悪いこと”と思われがちですが、この空咳が起きることで気道の誤嚥を防げるという考え方もあるのです。そのため高齢の高血圧患者には、血圧を下げると同時に誤嚥性肺炎予防という“副産物”を期待してACE阻害薬を処方するケースがある」(同前)

 他の副作用として「喉の粘膜が腫れる」ことも報告されているが、「基本的に“副作用の懸念が少ない降圧剤”とされている」(同前)という。

 ではそんな“優秀な”ACE阻害薬に、なぜ肺がんリスクが指摘されたのか。論文を読んだ石原医師は、「空咳」との関連に注目した。

「ACE阻害薬を服用すると、体内に『ブラジキニン』という気道を狭くして咳を発生させるたんぱく質が増加します。それが空咳を引き起こす原因ですが、ブラジキニンには肺がん細胞の増殖を促進する働きがあるという見方もされてきた。今回の論文では、それが肺がんリスクの増加につながることを示したといえます」

◆製薬会社の見解を聞いてみた

 では、別の医師は論文をどう読み解いたのか。前出・岡田医師が見解を語る。

「英国の準公的機関のデータを使った大規模調査であることは評価し、注目すべきです。ただしあくまで“ACE阻害薬の服用者に肺がん発症者が多かった”という疫学調査であって、“薬とがん発症の因果関係”には言及していない。

 また、“肺がんの発症”がどの程度の進行具合だったかにも触れていないため、細胞の悪性度が低く“放置しても問題ないがん”が含まれている可能性もある。事実、論文執筆者もこの可能性を指摘しています。また、ACE阻害薬と肺がんの関連を否定する見解もあり、少なくとも現状では医学的に肺がんリスクが認められるレベルにはないと私は考えます」

 製薬会社はどう受け止めているのか。ACE阻害薬で売上額首位の「タナトリル」を製造・販売する田辺三菱製薬からは回答を得られなかったが、第2位「レニベース」を製造・販売するMSDはこう答えた。

「ご指摘いただいた研究結果も含めて医薬品の安全性に関する情報を収集し、調査、検討等を踏まえて対応を行なっています」(広報部門)

※週刊ポスト2018年11月30日号

関連記事(外部サイト)