野村克也氏と田原総一朗氏が語る「妻への愛」のかたち

野村克也氏と田原総一朗氏が語る「妻への愛」のかたち

2人は固く手を握りあった

“生涯の伴侶”を失った時に、男は残りの人生をどう生きればいいのか。2004年に、6年近いがん闘病の末に節子夫人を亡くした田原総一朗氏(84)と、45年連れ添った“サッチー”こと沙知代夫人を突如失って1年が過ぎたばかりの野村克也氏(83)が、「男おひとりさまの老後」を語り合った。

田原:沙知代さんは突然だったんですか。

野村:突然も突然でしたね。俺がリビングでテレビを見ていたら、ダイニングにいたお手伝いさんが「奥様の様子がおかしい」と呼びに来たんです。慌てて行くと、テーブルにつっ伏してうずくまっていた。背中をさすって「大丈夫か」というと、いつもの調子で「大丈夫よ!」と返ってきたんです。

田原:話せたんだ。

野村:でも大丈夫じゃなかった。すぐに救急車を呼んだけど、タンカを持った隊員が入ってきた時にはもう息がなかった。

田原:持病はあったの?

野村:いや、病気で寝込んだのも見たことがなかった。

田原:うちは乳がんを患って、5年10か月の闘病の末、亡くなりました。がんがわかったときには、医者から「余命半年」と言われましたが、頑張った。ずっと私が看病してました。

──野村さんは突然の、田原さんは5年10か月の看病の末の別れ。男としてはどっちが幸せでしょうか。

田原:僕でしょう。
野村:俺でしょう。(二人同時に)

野村:苦しまずに逝きたいっていうのは、みんな思うことだよね。もちろん、残される側は心の準備ができないままだったけど、サッチーは苦しまず、眠るように逝けて良かったなって。

田原:それが野村的ね。僕は女房を看病している間に、一緒にいろんなことをしたから。四国や沖縄に旅行もしたし、韓国にも行った。車椅子を押すだけじゃなくって、着替えを手伝ったり風呂に入れたり。入浴の時は、ボクも素っ裸になって奥さんを抱っこして、洗ってあげるんです。何か、若い頃に戻ったような気がして楽しいんですよ。「こんなに楽しいことが、老後にあるとはねえ」って、奥さんと笑い合っていました。介護という老後の新しい愛の形があると思いました。

 僕が仕事で北朝鮮に行っている間に亡くなったから死に目に会えなかったんだけど、「やるべきことは全部やれた」と満足している。

【PROFILE】
のむら・かつや/1935年、京都府生まれ。1954年に南海に入団し、強打の捕手として活躍した。1965年に三冠王。南海ではプレーイングマネジャーを務め、現役引退後はヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任した

たはら・そういちろう/1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学を卒業後、映画制作会社勤務を経て、1964年に東京12チャンネル(テレビ東京)入社。ドキュメンタリー番組を手がけ、1977年の退社後はフリージャーナリストとして活動している

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

関連記事(外部サイト)