新聞の同じ行を読み返す、トイレで狙い撃ちできなくなる病気は

新聞の同じ行を読み返す、トイレで狙い撃ちできなくなる病気は

ちゃんと”的”に向けてできる?

「目の異変」のサインは気づきやすいものばかりとは限らない。

「加齢によってまぶたの端が垂れ下がる眼瞼下垂では、行の頭が認識できず、同じ行を何度も読み違えることがあります」(吉祥寺森岡眼科院長の森岡清史医師)

 眼瞼下垂は視野の上部が欠けてしまう症状が特徴である。

「この患者の悩みで多いのは、横断歩道を渡る際に信号が見づらくなって赤信号に変わっているのを見落とすというもの。こうした徴候が出たら要注意です」(二本松眼科病院の平松類医師)

 トイレで“狙い撃ち”できなくなったら、目が関係している可能性がある。

「左右どちらかの目の視力が低下して、距離感がつかめなくなっている怖れがあります。その場合、眼底で出血が起きる網膜静脈閉塞症などの片目が見えにくくなる病気の可能性があります」(平松医師)

 誰もが眩しく感じるフラッシュだが、その見え方によっては重大疾患が疑われるケースがある。

「通常、フラッシュの光は白く見えるものですが、虹のように紫、赤、黄など複数の色に見えてしまう場合がある。これは『虹視症』といって、緑内障の代表的な症状です」(平松医師)

 また、「『痛くなるほど眩しく感じ、数分間目が開けられない』という場合は白内障や目の炎症が疑われる」(同前)

 緑内障は進行が始まったら元の状態に戻らない。白内障も手術しないと症状は改善しないため、違和感があるようならすぐに眼科を受診するようにしたい。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

関連記事(外部サイト)