簡単なコイン投げゲームにも有利・不利があるカラクリ

簡単なコイン投げゲームにも有利・不利があるカラクリ

表裏しかないコイン投げもゲームの組み立て方次第で有利に

 正月休みに親子でトランプや双六(すごろく)などのゲームで盛り上がる家族も多いだろう。ゲームやギャンブルに勝ち負けはつきもの。勝敗確率は「運次第」と思いがちだが、じつは簡単なコイン投げでも有利・不利が分かれるゲームがある。ニッセイ基礎研究所・上席研究員の篠原拓也氏が紹介する「ペニーのゲーム」もそうだ。

 * * *
 確率や統計の話題には、ギャンブルと関係するものが多い。サイコロ、トランプ、ルーレットなどで、さまざまな研究や分析が行われている。

 その中でも、単純なコイン投げにまつわるものは、数多くある。今回は、研究者の間で知られている「ペニーのゲーム」を紹介しよう。このゲームは、いまからちょうど半世紀前の1969 年に、ウォルター・ペニー氏が数学関連の雑誌上で発表したことにちなんで、このような名前で呼ばれている。

 まず、偏りのないコインを1枚用意する。このコインを繰り返し投げて、出た面が表か裏かを書き記すことにする。表は英語のHeadを表す「H」、裏はTailを表す「T」の文字で記す。たとえば、

H T H H T H T T T H T H H T T T H T H T……

 といった感じで、コインの出た面に応じて、文字列ができあがっていく。

 ペニーのゲームは、AさんとBさんの2人が対戦する形式で行われる。2人は、HとTを使ってできる3文字のパターンの中から1つを選ぶ。そして、コイン投げを繰り返すことでできあがっていく文字列の中に、選んだ3文字のパターンが、先に現れたほうの人が勝ちとなる。

 3文字のパターンとして考えられるのは、つぎの8通りだ。

(H H H)、(H H T)、(H T H)、(H T T)、(T H H)、(T H T)、(T T H)、(T T T)

 まず、Aさんが、この8つの中から1つパターンを選ぶ。次に、Bさんが、Aさんが選んだ以外の、残りの7つの中から1つパターンを選ぶ。AさんとBさんの選んだパターンのうち、どちらが先に現れるかで勝負が決まる。

 ここで、このゲームの勝負の行方について、すこし考えてみよう。

 もともとコインには偏りがないから、表も、裏も、出る確率は1/2(2分の1)ずつだ。そのため、AさんもBさんも、8つのパターンのうちどれを選んでも、有利になったり不利になったりすることはないような気がする。「どのパターンも出る可能性は同じだろうから、難しく考えずに、適当に選ぼう」という感じで、パターンのうちの1つを選んでしまいそうだ。

 ところが、具体的な事例を考えてみると、このゲームには、パターンの選択しだいで、大きな有利・不利が潜んでいることがわかる。

 たとえば、Aさんが(H H H)のパターンを選んだときに、Bさんが(T H H)を選んだとしよう。

 この場合、ゲームを開始して、最初の3回のコイン投げで、立て続けにHが出たときには、もちろんAさんの勝ちだ。だが、それ以外のときは、すべてBさんが勝つことになる。

 なぜか? ゲームを開始して、最初の3回のコイン投げのなかで1度でもTが出ると、その後、どこかで(H H H)のパターンが現れるためには、まずHが2つ続けて出なくてはならない。ところが、その2つのHの前にはTが出ているため、2つめのHが出た時点で、(T H H)のパターンが先に現れることになるからだ。

 つまり、Aさんが(H H H)を選んだときには、Bさんは(T H H)を選ぶことにより、勝つ確率を格段に高めることができる。この場合、Aさんの勝つ確率が1/2の3乗で1/8なのに対して、Bさんの勝つ確率は1から1/8を引いて7/8となる。Bさんが勝つ確率は、Aさんが勝つ確率よりも、7倍も高くなるのだ。

 実は、このゲームは、パターンを先に選ぶAさんよりも、Aさんの選択を見た上でパターンを選ぶBさんの方が、必ず有利になる。後手のBさんが選択を間違えなければ、「後手必勝」とまでは言えないが、後手がかなり有利になるゲームなのである。

 Aさんの選んだパターンに対して、Bさんが勝つために選ぶべきパターンは、つぎのようになる。

※左から「Aさんが選んだパターン」「Bさんが選ぶべきパターン」「Aさんが勝つ確率(a)」「Bさんが勝つ確率(b)」「(b)/(a)」だ。

(H H H)(T H H)1/8 7/8 7倍
(H H T)(T H H)1/4 3/4 3倍
(H T H)(H H T)1/3 2/3 2倍
(H T T)(H H T)1/3 2/3 2倍
(T H H)(T T H)1/3 2/3 2倍
(T H T)(T T H)1/3 2/3 2倍
(T T H)(H T T)1/4 3/4 3倍
(T T T)(H T T)1/8 7/8 7倍

 Aさんの選択に対して、Bさんは、うまくパターンを選べば、勝つ確率を少なくとも2倍、最大で7倍にまで引き上げることができる。有利・不利がないどころか、後手のBさんがかなり有利になる偏ったゲームといえる。

 ただ、あなたがBさんの立場だったとしても、この確率を頭に入れておくことは、けっこう大変かもしれない。そんなときのために、後手のBさんが選ぶべきパターンの覚え方がある。

 Bさんは、Aさんが選んだパターンをもとに、つぎのようにパターンを選べばよい。

・1文字目は、Aさんの2文字目と反対にする。
・2文字目は、Aさんの1文字目と同じにする
・3文字目は、Aさんの2文字目と同じにする。

例: Aさんが(T H T)を選んだとき、Bさんは、1文字目は、Aさんの2文字目の反対でT。2文字目は、Aさんの1文字目と同じで T。3文字目は、Aさんの2文字目と同じで H。つまり、(T T H)を選べばよい。

 もちろん、このとおりにパターンを選んだからといって、Bさんが必ず勝つわけではない。あくまで、Bさんの勝つ確率が高まるだけである。しかし、もしこのゲームを、1回だけでなく何回も繰り返して行うとすると、Bさんが勝つ回数は、Aさんが勝つ回数よりも多くなっていくだろう。

 このように、コイン投げのような偶然性に支配される事象がベースにあったとしても、ゲームの組み立て方によっては、プレーヤー間の有利・不利が、はっきりとつけられてしまう場合がある。

 ギャンブルはもちろん、どんなゲームをやるにしても、勝つためには、事前にゲームの仕組みや内容をよく理解しておく必要がある。正月の定番ゲームに飽きたら、一度「ペニーのゲーム」で勝率を確かめてみるのはいかがだろう。

関連記事(外部サイト)