「おもしろい」は年齢問わず自信を取り戻す最高の褒め言葉

「おもしろい」は年齢問わず自信を取り戻す最高の褒め言葉

日常の中にささやかな笑いをちりばめる(イラスト/やまなかゆうこ)

 年齢を問わず、もともと“おもしろい”人はいるものだ。逆に何かと悲観的で、笑いとは縁遠い人もいる。「シニアの生活にこそユーモアの力が発揮される」と言う『すごい葬式 笑いで死を乗り越える』(朝日新書)の近著がある高千穂大学人間科学部教授の小向敦子さんはこう語る。

「確かに性格の影響は大きいです。そんな意味で、ユーモアの感性が乏しい人は、特に高齢になってから“損しがちな人”ともいえます。ユーモアや笑いは人間に本来備わっているもの。トレーニングで鍛えて磨くこともできます。ユーモアを身につけることは、高齢者にとっては防災訓練でもあるのです」

 まずは、人がおもしろいと思うこと、笑いを呼び起こす技術を聞いた。

「人は、予想した通りの流れから外れる、うれしい裏切りのような状況におかしみを感じます。本来の姿や普通が“ちょっとズレる”とおもしろい。たとえば猿などの動物が人間っぽいしぐさをすると、理屈抜きで笑えます。ものまねなどは好例ですね。

 またパロディーも初心者が練習しやすいわかりやすさ。オリジナルがあり、そこから“ちょっと違う”“ちょっと似ている”のがおもしろい。替え歌や四文字熟語・ことわざのパロディーなどは人気があり、それらを集めた書籍などもたくさん出ています」

 ちなみに『天下分け目の戦い→ヘンな分け目の戦い』というパロディーは、以前購入した日めくりカレンダーに書かれていたもの。受験で丸暗記した歴史用語と、薄毛のおじさんの切ない表情というギャップがおかしくて、時間を経ても笑ってしまう。

 他にも、イラストにあるように目玉焼きがブタの顔になっていたり、オムライスにケチャップでハートが描かれていたりするのを見るだけでも、口角が上がる。日常の中にささやかな笑いをちりばめておくのも、ユーモアのスキルアップに役立つ。

 重要なのはこういった世の中にある“笑いの種”を見つけること。ユーモアの感性を磨くことも重要だ。

「元来、まじめで優等生志向、ふざけるのが苦手な日本の高齢者には、コメディー映画や落語、漫才、手品、パントマイムを見たり、パロディー集やジョーク集を読んだり、受け身の笑いに親しむことから始めるのがよいでしょう。慣れてきて、おもしろいことを思いつき、発信したくなれば大成功です」

 高齢者の日常にこそ“笑いの種”はたくさんある。まず家族が気づいて笑い、互いに笑い合える空気をつくってほしいと小向さんは言う。

「言い間違い、聞き間違い、覚え違い、時代錯誤の勘違いなど、生活の中の小さな失敗も大いに笑えるものです。しかし老い衰えたことが原因となると、とたんに笑えなくなります。弱者は優しく気遣うもの、笑うべきではないと思われているからでしょう。

 でも高齢者を弱者と見るのは介護する側の都合。老いて衰えるのは人間の自然な姿です。介護される親からすれば、窮屈でストレスフルな関係かもしれません。たとえ認知症や体の不自由があっても、日常の失敗を人生のおもしろみとして笑い合えれば同等です。もちろん個々に配慮や工夫は必要ですが、親のよくやる失敗やいつもイラッとさせられる場面の中に、笑いの種を探してみてください」

 ポイントは、失敗を正したりせず“笑える失敗”として大いに笑い、ウケること。

「“ウケる”とは受け入れられることにも通じます。失敗で笑わせてくれた。“お母さん、おもしろい!”とウケれば、親はとてもうれしく自信を取り戻します。“おもしろい”は最高の褒め言葉なのです。

 失敗が日常茶飯事の高齢者は笑いの種の宝庫。そんな見方を受け入れて、ユーモアのスキルアップを図り、高齢者自身が笑いの発信者“シニア・ユーモリスト”になれば、世の中はもっと明るくなると思っています」

【Profile】
高千穂大学人間科学部教授・小向敦子さん。米国イリノイ大学心理学部(専攻)卒業、同大学院教育学部博士課程修了。シニアの生き方とユーモアの研究を中心に、授業では老年学、ゼミでは笑い学に取り組んでいる。近著に『すごい葬式 笑いで死を乗り越える』(朝日新書刊)がある。

※女性セブン2019年2月28日号

関連記事(外部サイト)