織田信長、徳川家康、足利義満は天皇になる気があったのか?

織田信長、徳川家康、足利義満は天皇になる気があったのか?

剣璽等承継の儀(1989年1月7日、正殿・松の間) 共同通信社

 平成の世を通じ、天皇は象徴天皇としてあるべき姿を模索してきた。だが、歴史を俯瞰すれば、天皇の意思に反して時の権力者が都合のよい天皇像を作り上げた時代も少なくない。“ポスト平成”に天皇像はどう変化するのか。現代史の専門家・秦郁彦氏と中世史の専門家・本郷和人氏が歴史を踏まえて考察する。過去に「三種の神器」は3セットあり、過去の歴史学者は「それを持っていれば正式な天皇」といった理屈もひねくりだしたという。本郷氏は「正統な天皇が持っているのが本物の三種の神器だと考えたほうがいい」と語る。

秦:三種の神器さえあれば正統な天皇だとなると、理屈の上では血筋は関係ないですよね。たとえば足利義満が天皇になろうとしたという話もありますが、あれは本当なんでしょうか。

本郷:足利義満の死後に朝廷が「上皇」位を贈ろうとしたのはたしかです。それが実現すれば、後年、天皇の地位自体が足利氏とゴッチャになる可能性もあったでしょう。しかし4代将軍の補佐役だった斯波義将が「結構です」とそれを断ったんですよ。

秦:生前の義満自身には、天皇になる気はなかったんでしょうか。むしろ、必要な権力はすべて自分の下にあるから、あえて天皇を名乗る必要はない?

本郷:たぶん、そうだと思います。天皇をはるかに上回る権力を握ったし、金閣寺も建てた。だから義満としては「もうええわ」という感じだったのではないでしょうか。とはいえ、天皇という地位そのものを潰すこともしない。そのあたりが、ヨーロッパの合理主義と違うところです。ヨーロッパなら、不要になったものは捨てちゃうじゃないですか。ところが日本人は、要らなくなっても取っておきますよね。「もったいない精神」があるから。

秦:織田信長はどうでしょう。最近、信長が天皇あるいは天皇より上の地位を占めるつもりでいたらしいという話が出ていますね。

本郷:それを最初に言い出したのは、京大の朝尾直弘先生ですね。宣教師が残した文書に、信長が「この石はご神体だから、これを俺だと思って拝め」などと言ったと書いてある。だから信長は天皇より上の神になろうとしていたのだ、と朝尾先生はいうわけです。

秦:それをいうなら、徳川家康だって神君でしょ。

本郷:はい。死後に「東照大権現」という神号を後水尾天皇から贈られました。

秦:日本では、たいていのものは神様になれるわけですよ。だから問題はその中身や形式。石を拝めと言っただけで天皇より上ということにはならないのでは。

本郷:そもそも信長は、明治時代には勤皇家として評価されましたが、戦後は「天皇制を否定しようとした革命児」と見られるようになりました。しかし最近の研究者は、信長は天皇を含む既存の秩序や権威をそれなりに大事にしていたと考えています。どれが正しいのかは、何とも証明のしようがないんですけど。

【PROFILE】はた・いくひこ/1932年山口県生まれ。現代史家。東京大学法学部卒。大蔵省入省後、防衛大学教官、大蔵省財政史室長、プリンストン大学客員教授、拓殖大学教授、千葉大学教授、日本大学教授などを歴任。著書に『靖国神社の祭神たち』『慰安婦問題の決算』『実証史学への道』などがある。

【PROFILE】ほんごう・かずと/1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。中世政治史が専門。東京大学文学部卒。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。近著に『軍事の日本史』『考える日本史』『やばい日本史』などがある。

※構成/岡田仁志(フリーライター)

※SAPIO2019年4月号

関連記事(外部サイト)