人間の臓器は細胞内に時計遺伝子を持ち「体内時計」を生む

 今の時期、朝起きると花粉症で、くしゃみや鼻水が止まらない…という人が多いのではないだろか。「モーニングアタック」という言葉がある。アレルギー性鼻炎の症状が、朝にいちばんひどくなることを指す。その理由は、私たちの体の中にある「体内時計」によるものだ。「体内時計」はどういうものなのか。

 昔から「腹時計」という言葉が使われているように、体が時間を知る機能を備えていることは経験的に知られている。日本の研究グループによって哺乳類が持つ時計遺伝子が発見されたのは1997年。以降、急速に研究が進み、2017年に授与されたノーベル生理学・医学賞は、生物に備わる「体内時計」を生み出す遺伝子と、そのメカニズムを発見した研究者が受賞した。

 現在注目されている「体内時計」とは、いったいどういうものなのか。明治大学農学部准教授の中村孝博さんが話す。

「生物の生体内でリズムを刻むものとしては地球の自転による約一日の『概日リズム』のほか、月の満ち欠けによる約一か月の『概月リズム』、地球が太陽の周りを公転することによる約一年の『概年リズム』 などが知られています。中でも研究が進んでいるのが約一日を刻む『概日リズム』です」

 それは睡眠などの、目に見える変化だけを指すのでない。

「朝が来ると血圧や心拍数が上がり、昼には血中の赤血球に含まれるヘモグロビン濃度が頂点を迎え、腸が活発化。夕方になれば体温が上がり始め、夜には腎機能が高まり、尿量が増える。そして深夜には成長ホルモンが大量に分泌されるのです」(中村さん)

 こうした一日のうちに体内で起きる一連の流れを「概日リズム」と呼ぶのだ。

「人間はほとんどの臓器で細胞の中に時計遺伝子を持っています。24時間ずっと活発では体がもたない。そのため地球の自転に伴う明暗サイクルに合わせて、朝は起きて活力を上げ、夜はだんだん眠くなるのです」(中村さん)

※女性セブン2019年3月21日号

関連記事(外部サイト)