カラテカ矢部と『ダルちゃん』作者が語り合った「普通とは」

カラテカ矢部と『ダルちゃん』作者が語り合った「普通とは」

カラテカの矢部太郎と『ダルちゃん』著者のはるな檸檬さん

 4月上旬に発表される第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞。ノミネートされている作品のひとつ『ダルちゃん』(はるな檸檬・作、全2巻)は、周囲から浮かないような「普通の人」になりたいと努力する主人公の姿を「擬態」と表現して話題になっている作品だ。昨年12月の発売以来、30代女性を中心に共感の輪が広がっている同作。その作者・はるな氏と、昨年同賞短編賞を受賞した『大家さんと僕』(新潮社)の作者であり、お笑い芸人のカラテカ・矢部太郎氏との対談が実現した。「普通」とは何か、また自分の内面に向き合う難しさについて、語り合った。

 * * *
はるな:私は初めて矢部さんをテレビ番組『電波少年』(日本テレビ系)で拝見したとき、この人すごくモテるだろうなと思ってたんです。あの頃の見た目もあり、きっとモテる人だって。

矢部:あの頃の、なんですね(笑い)。

はるな:文学青年の香りというか、知的で文系女子にモテそうな見た目だと思っていたから、お笑いのボケとしてワーッといじられている姿を見てギャップに戸惑ってしまって……。だから『大家さんと僕』に純文学の風を感じて、ああやっぱり思った通りの人だったと勝手に嬉しくなりました(笑い)。

矢部:あはは、そうだったんですか。お笑いは『ダルちゃん』でいうところの「擬態」かもしれないですね。

はるな:ダルちゃんが毎朝メイクをしてストッキングを履き、スマホで占いをチェックして、社内では噂話でみんなと盛り上がる「ハケンOL・マルヤマナルミ」に擬態するように、こっちの人はツッコミ、こっちの人はボケという感じで、多くの視聴者や観客へ向けてわかりやすく記号化できるキャラが芸人さんには大事ですよね。

矢部:僕自身それがラクというのもあるんです。テレビでも企画段階から自分で考えるのではなく、スタッフの方々が練ってくれたプランに沿って当日現場で言われた役割を全力でやるような形が心地よくて、つい流されてしまいます。

はるな:それもよくわかります。『ダルちゃん』の最初のほうで描いた“役割があるから居場所がある”というのはまさにそういうことで、私も派遣社員時代は、言われたことをやっているだけで時給が発生するなんてありがたいなと思っていました。でも私はだんだんその生活が窮屈になり、毎朝顔に何かを塗るのも、なんなら靴下を履くのも面倒くさくて(笑い)。会社員への擬態がしんどくて、ダルダルのままパジャマ姿で家に籠もって描けるマンガの世界へ飛び込んだというのもあります。

矢部:ダルちゃんはその「擬態」こそが「普通」だと考えて、頑張り続けますよね。

はるな:「普通の人」はいないというのが根底にありますが、一方で、社会で生きていくにあたって社会性はないと困るだろうという気持ちもあるんです。本能に従って自然に生きる側面と、社会に適応する側面を両方持ち、それぞれ心地良いバランスにチューニングするのがいいんじゃないかなと。

矢部:ひとりひとりの「普通」は違うから、本当は普通なんてない。法律はもしかしたら「普通」を考える一つの尺度かもしれないけれど、その程度以上の普通はないと僕は思うんです。自分の普通とみなさんの普通は違う、と尊重することがいちばん重要なことじゃないかと思います。

はるな:そうですよね! チューニングするのも他者の目線に応えようとしてではなく、あなた自身がそこに満足していますかと問いたい。頭で考えたことではなく、腹からわきあがってくるものから目をそらさないで正面からちゃんと向き合ってほしい、あなたがあなたを裏切らないでほしい──というメッセージを込めています。

矢部:そんなダルちゃんは最後、ダルダルしても許される職場に転職しても擬態を続けますが、のびのびと働き始めますよね。

はるな:それは彼女なりに心地良い状態を探り当てた結果の姿であって、それが普通だからという理由では擬態しなくなったんですよね。だからもう苦痛じゃない。ダルちゃんが素の自分を受け入れて、その上で擬態することを認めて許しているのであれば、それは幸せなことじゃないかと。

「人から良く思われたい自分」に気付く

矢部:はるなさんの作品はマンガの勉強も兼ねて読んでいて、自分が描きたいものに近いなと感じていました。『ダルちゃん』は絵柄がすごくかわいいのに、内容は切実。主人公のダルちゃんが心をさらけ出して綴った詩を読んで、先輩OLのサトウさんが、「嘘がなくてほんとうのことって感じするよ」と真剣に語りかけるシーンは特にグッときました! いい詩には本当のことが書いてあるんだ、『ダルちゃん』にも本当のことが書いてあるな、って。

はるな:連載をしていた資生堂の「ウェブ花椿」さんが詩の公募をしていたことから、ストーリーに詩を絡めることはコンセプトにあったんです。公募を通じて主婦や会社員など世間一般の方々がこれほどまでに創作意欲に溢れていることに驚いた、という編集長のお話をうかがって、どんな経緯でみなさんが詩へ辿り着いたのかという視点から描いてみたいと思いました。マンガよりも小説よりも、作者がさらに内面へ向かうことで表現されるのが詩だと思うし、いい詩を作るということは深く自分に向き合うということなんじゃないか、って。

矢部:僕自身、カラテカの矢部太郎としてお笑いをやっている自分や、マンガを描いて漫画家っぽくやっている自分――それぞれにちゃんと向き合っているかと問われると、それはちょっと違う気がして……。『ダルちゃん』と自著の『大家さんと僕』を読み比べると、“あぁ、僕は本当に人から良く思われたい人間なんだな”と感じます。

はるな:矢部さんはそうやってご自身の内面と向き合って作品にしているのが、すごく正直だなと思います。大家さんがご高齢と知った先輩から、もしも大家さんが亡くなったら……という話をされたことで、思わず“遺産かぁ”と頭をよぎってしまったエピソードを、そのままマンガに描いてしまうところなんて、純文学的ですよ!

矢部:あはは。でもそこもマンガ内のセリフとしては、先輩に言わせていますからね(苦笑)。自分も被害者っぽく描いちゃう僕は、ずるいんじゃないかなぁ。

はるな:それをずるいと考えるのが素直だし、人としてまっすぐなんだと思います。矢部さんが“良く思われたい自分”を発見して、その姿を社会へ開きながら創作をやらなきゃいけないというのはしんどいだろうな、と。

矢部:それはそうですねぇ……。

はるな:すごく大変なことじゃないですか。私は、詩を通じてそれをしている人たちへの“頑張っていますね”という純粋な想いを作品に込めたかったんです。

読者の反応が怖くて泣いた

矢部:実際、はるなさんの『ダルちゃん』を読んで励まされる部分はたくさんありますよ。旅公演先でも持ち歩いていたんですが、途中でズドーンと考えさせられても2巻の最後まで読んでみると「頑張ろう!」と元気が出ます。

はるな:ありがとうございます。だけど、心配してくれる先輩のサトウさんを嫌いになるなど、ダルちゃんのキャラクターは最初の頃あまりにもかわいげがなかったので、読者のみなさんの反応が実はすごく怖かったんです。どんな批判がくるかと想像しては、家で泣いたりもして。

矢部:まだ批判がきてないのに! 実際に批判がこなかったのは、ある部分でみんなが共感できたからなのかもしれないですよね。人が本気で内面に向き合って、誠実に自分の気持ちを書いているものに対して、批判の気持ちは起きないんじゃないかと思います。

はるな:うぅ、泣きそう〜。

矢部:ダルちゃんを見下して上から目線で侮辱するスギタさんなどは、僕も読んで思うところがありました。

はるな:嫌なやつだと思いましたか?

矢部:後輩に偉そうにしゃべってしまうなど、自分の中にもスギタさんみたいな傾向はあるなって。先輩がスギタさん、僕がダルちゃんみたいな状態になっていた何分後かには、僕がスギタさんで後輩がダルちゃんになるとか。

はるな:私もスギタさんは「属性」ではなく、「状態」として描いたんです。あらゆる人にこうなる可能性はあって、自分も含めて、無意識にやっているというのはわりとよくあると思います。

矢部:みなさんそうやって、自分に反映させて読むんじゃないでしょうか。

はるな:絶対に反映させたくないという人もいると思いますよ。矢部さんのように自分にもこういうところがあったかもしれない、と考える人は誠実で心が強いということだと思う。自分と向き合って、負の面も受け入れられる矢部さんはやっぱりすてきです。

【プロフィール】
◆やべ・たろう/1977年生まれ。お笑いコンビ・カラテカのボケ担当。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。コミックエッセイ『大家さんと僕』を2017年に刊行、その温かい作風が老若男女を問わず人気となり累計76万部を越える大ヒットに。同作で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

◆はるな・れもん/1983年生まれ。漫画家。2010年に宝塚ファンの日常を描いた『ZUCCA×ZUCA』(講談社、全10巻)でデビュー。他に『れもん、よむもん!』『れもん、うむもん!―そしてママになる―』(新潮社)等。資生堂「ウェブ花椿」での連載マンガを単行本化した『ダルちゃん』(全2巻、小学館)が累計10万部のヒット、この度、第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞にノミネートされた。

●取材・構成/渡部美也

関連記事(外部サイト)