「漫泊」提供の「マンガホテル」海外から予約殺到、何がウケたか

「漫泊」提供の「マンガホテル」海外から予約殺到、何がウケたか

◇日本の漫画は言葉の壁を越えられる世界に誇るアート

 一歩足を踏み入れると、天井まで、壁一面に棚がズラリと並び、まるで漫画の森に迷い込んだよう──。

 今年2月、東京・神保町にオープンした『MANGA ART HOTEL,TOKYO』は、“漫画をテーマにした”ホステルだ。まだ開店まもないが、国内だけでなく、“日本の漫画”を目当てに訪れる外国人観光客も多いという。なぜ漫画のホテルなのか? 小さな頃は少年誌で、近年は電子書籍で多くの漫画を愛読してきた、代表取締役の御子柴雅慶さん(33才)に話を聞いた。

「ぼくは民泊が話題になる前から、海外50都市に、エアビーアンドビー(現地の人の家を借りて泊まるシステム)で滞在していました。その際、海外の人たちとより深くつながるために共通言語となるコンテンツが必要だと感じたんです。

 日本のことで、世界中が興味を持ってくれるものって何だろう? と考えた時、ドラえもんやポケモンはグローバルな人気がある。日本の漫画やアニメは、まさに世界に誇れるアートです。ぼくも子供の頃から漫画っ子でした。そこで、漫画を主軸にして世界に発信できるホステルを経営してみたいと思ったんです」

 現在は約20か国から予約が飛び込み、特にアメリカとドイツからの観光客が多いという。すべての漫画に、おすすめのコメントが日本語と英語で書いてあり、書評を発信するプラットホーム的な役割も担っている。

「漫画を“アート”として捉え、キュレーション選定にこだわっています。選ぶポイントは装丁のデザインと、内容がアートであるかどうか。“アート”の定義は、“心が揺さぶられるかどうか”。それを基準に5000タイトルの漫画を片っ端から読んで、600タイトルを厳選しました」

 本棚には、まさに絵だけで芸術的な世界を堪能できる『Sunny』(松本大洋・小学館)や『AKIRA』(大友克洋・講談社)など名作の保存版から、4月からドラマ化が話題の『きのう何食べた?』(よしながふみ・講談社)など、粒揃いの作品が並んでいる。映像化された話題作から、知る人ぞ知る玄人好みのタイトルまで、「あれも、これも」と手に取りたくなってしまうものばかりだ。

「欲しい漫画があったら、その場で購入することもできます。今後は漫画ソムリエを置いて、日本と世界をつなげていきたいですね」。『漫泊』は、新しい文化の発信地になりそうだ。

■MANGA ART HOTEL,TOKYO
住所:東京都千代田区神田錦町1-14-13 LANDPOOL KANDA TERRACE 4F・5F
https://mangaarthotel.com(予約はHPから)
料金:平日4800円、休前日・休祝日5800円(季節で変動)

 男女で宿泊フロアが分かれている(5F:MAN/19室、4F:WOMAN/16室)。各フロアで漫画のセレクトも異なるため、19時までは往来可能。室内のデザインは新進気鋭の建築家・山之内淡氏が手掛けた。

 各フロアにシャワーを2台ずつ完備し、快適に過ごせる。洗面台は4台あり広々。ドライヤーも使用可能。

 ベッドは100×200cmで想像以上にゆったり。漫画に集中できるよう真っ白な空間に。4Fにはテラスがあり、晴れた日は外で漫画を読むのも気持ちいい。

【プロフィール】
株式会社dot 共同代表取締役●御子柴雅慶さん
 新卒で「楽天」に入社。営業部社員全体の500人中、広告営業成績全国1位に。「楽天シンガポール」立ち上げに参画後、退職し、株式会社dotを設立。日本全国で、新スタイルの宿泊施設を累積400部屋運営する。

■御子柴さんのイチオシCOMIC

『Change!』曽田正人、冨山玖呂(講談社)
『シャカリキ!』や『め組の大吾』など数々の人気作をもつ曽田氏が新たに描くのは女子高生ラッパー。名門女子高に通うお嬢様がひょんなことからラップバトルに参加。言葉を武器に闘う少女の才能が開花する様を描くのが秀逸です。

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』松本ひで吉(講談社)
 天真爛漫でお茶目な犬とクールで極悪非道な猫、それぞれの特徴が対照的に描かれていて、共感しまくる作品です。ぼくは大の猫好きなので、凶悪だけど愛らしい魔王のような猫のキャラがたまりません。作者の愛情を感じますね。

『僕は問題ありません』宮崎夏次系(講談社)
「大丈夫な人」と「大丈夫じゃない人」の境目は一体どこなのか? 奇想天外のシュールな短編集で、発想が飛びすぎていて予測不能な一冊。“あなたもこれくらい飛んでいても問題ありません”というメッセージを強く感じます。

『恋する母たち』柴門ふみ(小学館)
 40代の女性3人が、母であることに葛藤しながら、女としての恋心に揺れる様子をラブストーリーの名手がリアルに描く作品。シングルマザー、専業主婦、キャリアウーマン、三者三様の物語に心を揺さぶられます。ただのドロドロとした不倫話ではなく、3人とも自分の信念を貫くストーリーがあるからカッコイイ。

撮影/市瀬真以

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

関連記事(外部サイト)