京都のワイン専門店代表がオススメする小料理店と蕎麦店

京都のワイン専門店代表がオススメする小料理店と蕎麦店

女性がハマるヘルシーなおばんざい(撮影/辻村耕司)

 桜咲く美しい京都を訪れるなら、ぜひ立ち寄ってほしい…。京都に本店をおくワイン専門店の代表で、京都の文化をはじめ、おいしいもの、ワインに合う味に精通するワイングロッサリー代表・吉田まさきこさんが、京都のオススメグルメスポットを紹介する。

■おばん菜 ふじ井
住所:京都市下京区船頭町232-2
定休日:日曜日

 四条河原町にあるおばんざいの小料理店。定番料理は『筑前煮』(600円)、『鶏キモの時雨煮』(500円)、『シロナと油揚げのおひたし』(500円)など。どれも野菜中心でヘルシーなため、7割が女性客というほど、女性に人気。

「店内は風情があり、ほっとする雰囲気です」(吉田さん・以下同)

 7席ほどあるカウンターの目の前には大皿料理がずらりと並ぶ。昔ながらの温かみある土壁で、つい長居してしまいそう。

■蕎麦屋 樹庵
住所:京都市中京区壬生賀陽御所町22-1
定休日:月曜、第2火曜

 自慢のそばはつなぎを使わない十割そば。『ざるそば』(950円)はコシが強く、スッキリとした味わい。一品料理はさまざまあり、中でも『わさび芋』(500円)が好評。

「とても粘りが強く、日本酒のあてにぴったりです」

『わさび芋』は、大和芋をすり下ろし、さらにすり鉢ですったもの。これに天然わさびとしょうゆをつけて食べる。

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

関連記事(外部サイト)