歯科治療費 6万円と28万円と300万円の境界は?

歯科治療費 6万円と28万円と300万円の境界は?

1人平均の喪失歯数

「歯医者に行くのはお金がかかる」──そんなイメージを抱く人は多いだろう。ただ、それは「どのタイミング」で、「どの治療」を選ぶかで大きく変わる。

「痛くなったら行く」という考えだと、歯をどんどん失う悪循環に陥る。また、初診時の問診票の「保険診療か、自費診療か」の設問で、「自費」を選ぶと治療費が膨れあがるケースがある。もちろん、高額な治療が必要な状況はある。しかし、患者が「タイミング」「治療内容」の知識を身につけ、歯を守りながら費用を圧縮できる可能性があるのだ。

“歯を削って銀歯を詰める、被せる”という日本の歯科治療が、「抜歯ドミノ」を招いてきたことを本誌・週刊ポストでは追及してきた。

 グラフをご覧いただきたい。40代で歯を失う本数は平均で1本以下であるのに対して、50代から加速度的に「抜歯ドミノ」が起きていることが分かる。歯が抜けるのは、決して老化現象ではない。予防歯科に取り組む歯科医・小池匠氏(58)はこう指摘する。

「私の世代は歯科大で虫歯にならない対策法を教えてもらった記憶がありません。日本の保険制度は、誰もが平等に歯科治療を受けられる素晴らしい制度ですが、“予防する”より“治す”に偏っているというところがある。治療するほど報酬が出る“出来高払い”なので、オーバー・トリートメント(過剰診療)になる可能性が極めて高いのです」

 大半の人は歯の痛みや、歯肉からの出血など、自覚症状が起きてから歯科医院を受診する。したがって行なわれるのは、応急処置というべき治療だ。

 一時的に症状は治まるが、虫歯や歯周病の根本的な原因を解決していないから、再発と治療を繰り返す。結果として、生涯の歯科治療費は驚くほど高くつくのだ。

 保険診療に詳しい歯科医・坂詰和彦氏の協力を得て、平均的な歯科治療を受けてきた60代男性Aさんと、予防歯科を実践している60代男性Bさんをモデルに、歯科治療費の総額を試算した(現在の診療報酬を基準に3割負担)。

 Aさんは部分的に詰めるタイプの銀歯(インレー)が6つ、被せるタイプの銀歯(クラウン)が5つ。すでに抜いた歯が6本あり、ブリッジを2つ、部分入れ歯を2つ使用している。このAさんの例は、厚労省の歯科疾患実態調査が示す平均的な60代の口腔内である(平成28年度公表)。

 Aさんの総治療費を試算すると、約28万円にのぼる(自己負担分、以下同)。これはすべて保険で安く治療した場合の額である。抜歯した6本に自費診療のインプラント(1歯あたり約50万円)を選べば、負担額は一気に300万円超になる。

 一方のBさんは、予防歯科を実践する歯科医院を20年前から定期的に受診、正しい口腔ケアの指導を受けてきた想定だ。6か所の虫歯は初期で発見され、最小限の治療で済んでいる。総治療費は総計で約6万6000円の試算となった。予防歯科を実践することによる大きな違いがある。

 中高年世代の歯には様々なトラブルが起きる。虫歯や歯周病の確かな治療スキルを持った歯科医でなければ、患者の歯を守ることはできない。予防歯科を“歯磨き指導”と考えている安易な歯科医も多いから注意してほしい。歯医者任せにしているだけでは、多額の治療費を払った末に歯を何本も失うだけだ。

●レポート/ジャーナリスト・岩澤倫彦(『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2019年4月5日号

関連記事(外部サイト)