杜撰な応急措置で歯周病が進行し、下顎の骨が溶けて治療費300万円の例も

記事まとめ

  • 杜撰な応急措置で歯周病が進行し、下顎の骨が溶けて治療費300万円かかった事例がある
  • 軽度の歯周病で治療を開始していれば、保険診療の範囲内で完治した可能性があるという
  • また、歯周病は見積もりが難しく、患者が治療費を払えず途中で治療を断念する例もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております