ブラック職場 人事異動・入社・転勤でどう見極めるか

ブラック職場 人事異動・入社・転勤でどう見極めるか

ブラック職場の見極め方とは

 今年も、入社や人事異動、転勤の季節がやってきた。新しい配属先では、期待や楽しみ以上に、不安や心配ごとがたくさんある。中でも不安なのは、長時間労働や過重労働、あるいは理不尽な上司のパワハラや「モンスタークレーマー」などに悩まされることではないだろうか。だが、いわゆる「ブラック職場」かどうかの見極めは、それほど簡単ではない。

 パワハラやいじめ、サービス残業が常態化しているような職場は、議論の余地なくブラックと言えるが、たとえば同じ会社の中でも、所属する部署や人間関係によって、そこが「ブラック職場」にも「働き甲斐のある職場」になりうるケースもある。極論すれば、社員一人一人の受け止め方──どれほどストレスや負荷がかかっているか──によって、その基準も変わってくるだろう。

 ストレス・マネジメント研究者の舟木彩乃氏は、その仕事が自分にとって「ブラック職場」かどうかを見分けるポイントがあると言う。これまでに、のべ8000人以上のクライアントをカウンセリングしてきた舟木氏によれば、そのカギとなるのは「首尾一貫感覚(SOC)」と呼ばれるストレス心理学の考え方だという。

◆カギは「首尾一貫感覚」

「首尾一貫感覚は、心理学や医療社会学の分野ではストレスに対処し健康に生きるための力になる考え方としてよく知られています。もともと戦争中の過酷な強制収容体験を生き抜いた人々を調査・研究する過程で見出された首尾一貫感覚は、『把握可能感』などの3つの感覚からなり、これらの感覚を高めていくことでストレスに克つ強いメンタルを手にすることができると考えられています。

 逆に、これらの感覚が脅かされている状態は、過剰なストレスがかかっていると考えられます。それこそが『ブラック職場』を見極めるポイントだと思います」(舟木氏、以下同)

 舟木氏の近著『「首尾一貫感覚」で心を強くする』によれば、首尾一貫感覚は大きく3つの感覚からなっている。
 
■把握可能感(=「だいたいわかった」という感覚)――自分の置かれている状況や今後の展開を把握できると感じること。

■処理可能感(=「なんとかなる」という感覚)――自分に降りかかるストレスや障害にも対処できると感じること。

■有意味感(=「どんなことにも意味がある」という感覚)――自分の人生や自身に起こることには意味があると感じること。

 これらの感覚が高いと、ストレスに押しつぶされることなく、前向きの力に変えていくことができるという。
 
「裏を返せば、これら3つの感覚が十分得られない状態とはどのようなものかと考えていけば、ブラック職場の“正体”が見えてきます」

◆こんな職場も「ブラック」

 たとえば、上司の言うことがコロコロ変わってしまうと、部下は何を優先すればいいのかわからなくなってしまう。営業を担当する社員に向かって「とにかく売り上げを上げろ」と言ったかと思えば、「安売りするな」と怒鳴ったり、「拙速でいいから早く結果を出せ」と言う一方で、「ミスするな。慎重にやれ」と注意してきたり……。上司の意図が把握できないと、部下の「把握可能感」は低くなり、「だいたいわかった」と思えなくなる。

「どこに“地雷”があるかわからない、いつキレるか予測できない上司は、部下にとっては本当にやっかいな存在です。機嫌の良い時と悪い時で対応が変わったり、言っていることとやっていることに差がありすぎたりといった状態が続くと、その下で働いている社員たちは今後の展開が予測できずに、ストレスが溜まっていきます。

 また、書き入れ時や決算期などに多忙を極める職種もありますが、期限が決まっていると、把握可能感が高まるのでストレスを抑えることもできます。ところが、忙しい時期がいつまで続くかわからないとなると、社員はますます疲弊してしまいます」

 2つめの「処理可能感」は、目の前の問題も「なんとかなる」「なるようになる」と感じられる感覚。これは、職場の人間関係によっても左右されるという。

「厳しいノルマが課せられたり、とても処理しきれない量の仕事を押しつけられたりした場合、『なんとかなる』とは思えなくなり、『処理可能感』を持てなくなります。人手不足なのにその手当てもせず、さらに業績を上げようとする上司の下では、そのしわ寄せは社員一人一人にまわってきます。

 そんな時でも、同じ職場の先輩や同僚がサポートしてくれたり、アドバイスしてくれたりすれば処理可能感は高まります。しかし、他の社員を助ける精神的な余裕がない職場では、一人で仕事を抱えてしまうことになります。そうした職場は、たとえ上司が直接、パワハラをしたわけでなくても、ブラックだと判断すべきでしょう」

「モンスタークレーマー」と呼ばれるような無理難題をふっかけてくる顧客も、何を言いだすかわからず、まっとうな対応をしても聞く耳を持っていないといった点で、「把握可能感」や「処理可能感」を脅かす存在だと言えるだろう。
 
◆「追い出し部屋」との共通点

 さらに、どんなに大変な仕事でも、そこに「意味」を見いだすことができれば、過剰なストレスにも耐えることができる。それが、首尾一貫感覚の3つめの「有意味感」であり、「この壁は乗り越えるべき価値がある」とか、「この仕事を成し遂げれば、多くのお客様の役に立てる」と意味づけできれば、より大きな成果を上げる原動力にもなる。

「ブラック企業やブラック職場と見なされるような現場では、往々にして『こんな仕事に意味があるのか』『単なる時間のムダじゃないか』『まったく成果がない』と感じる仕事を強制されていることが多い。つまりは、自分にとって『有意味感』を持てる仕事かどうかが、就職や転職の際のカギになります。

 数年前には、リストラ対象の社員を自主退職に追い込むために、ほとんど意味がない単調な作業を繰り返させたり、逆に過重なノルマを課したりした『追い出し部屋』の存在がクローズアップされました。これも、社員の『有意味感』を下げることで、ストレスをかけようとするもので、ブラック職場の一例と言えるでしょう」

 その仕事は、心身ともにつらいだけの「ブラック職場」なのか、それとも自分を成長させてくれる場なのか。それを見極めるためのカギとして、「首尾一貫感覚」という視点を活用してみてはどうだろう。

【プロフィール】舟木彩乃(ふなき・あやの)/ストレス・マネジメント研究者。10年以上にわたってカウンセラーとしてのべ8000人以上の相談に対応。現在、筑波大学大学院ヒューマン・ケア科学専攻(3年制博士課程/ストレス・マネジメント領域)に在籍。著書に『「首尾一貫感覚」で心を強くする』。

関連記事(外部サイト)