萩原健一さん死因「間質性がん」 なぜ異変に気づけないのか

萩原健一さんの死因は「消化管間質腫瘍」(GIST) 患者が異変に気づきにくい病気とも

記事まとめ

  • ショーケンこと萩原健一さんの死因は、「消化管間質腫瘍」(GIST)という病名だった
  • GISTは「稀少がん」と呼ばれ、自覚症状に乏しく、患者が異変に気づきにくいという
  • GISTは腫瘍がかなり大きくなってからでないと見逃されるケースがあると医師は話す

萩原健一さん死因「間質性がん」 なぜ異変に気づけないのか

萩原健一さん死因「間質性がん」 なぜ異変に気づけないのか

3月26日に亡くなった萩原健一さん

 3月26日に亡くなったショーケンこと萩原健一さん(享年68)の死因は、「消化管間質腫瘍」(GIST)という聞き慣れない病名だった。2011年に発症後、病名を公表することなく、8年近くに及ぶ極秘闘病を続けていた。

 GISTとは、胃や小腸、大腸などの消化管(肝臓・膵臓は含まない)の「間質」という組織にできるがんの一種だ。

 発症率は10万人に1〜2人と少ないため、「稀少がん」と呼ばれる。発症部位は胃が約70%、小腸が約20%、大腸が5%程度で、日本では年間1000〜2000人の罹患者がいるという。高齢者ほど罹患しやすく、60〜70代の発症者が多い病気だ。

 病名に冠される「間質」とは何か。NPO法人・稀少腫瘍研究会理事で、兵庫医科大学主任教授の廣田誠一医師(病理学)が解説する。

「間質とは、体内のあらゆる器官や臓器の“隙間”を埋めている組織のことで、それぞれの器官や臓器を支える役割を担っています。

 間質のがんは、消化管で起こるGISTが最も多い。一般的に、胃がんや大腸がんなどの消化器系がんは、臓器の表面を覆う上皮(粘膜)細胞ががん化することで発症しますが、GISTは上皮ではなく、その下層にあり、消化管を動かす働きを持つ『カハール介在細胞』という特殊な間質細胞が悪性腫瘍(肉腫)に変化して起こります」

 GISTは自覚症状に乏しく、患者が異変に気づきにくい。

「胃にできたGISTの場合、腫瘍がかなり大きくなって胃の上皮にまで潰瘍ができ、出血が起きるまで患者が異変に気づかないことが多い。小腸にできた場合にも出血や貧血などの異常が生じますが、それが小腸に由来する症状だとはわかりにくい。中には、腸閉塞が起こって重篤化するまで医師にかからないケースもある」(同前)

◆胃カメラに映らない

 医師にとっても、上皮にできるがんに比べ、間質の壁の中にできる間質性がんでは、同じ検査を行なっても診断が難しい。

「どちらも胃カメラ(内視鏡)や造影検査が発見の手段となります。ただし、通常の胃がんではがん細胞ができた上皮(粘膜)の表面が爛れるという異常が見られるのに対し、GISTは粘膜の表面が綺麗なまま進行する。そのため腫瘍がかなり大きくなってからでないと見逃されるケースがあります。

 腫瘍が2cm以内のうちに見つかれば早期発見といえますが、10cm以上になってしまうと、再発・転移のリスクが非常に高くなり、寛解が難しくなってしまうのです」(同前)

 病変が発見された場合、外科手術が第一選択肢となるが、転移が認められる場合には、分子標的薬などの抗がん剤投与も必要になる。

 GISTの原因を、「カハール介在細胞」の遺伝子の突然異変であると突き止めたのは、前出・廣田医師だった。近年になってこの遺伝子を対象にした分子標的薬が開発され、再発・転移があった場合でも、「患者の5年生存率は飛躍的に向上している」(廣田医師)という。

「間質ががんの原因になるだけでなく、通常のがん細胞の発生に間質が関連しているのではないか、という研究も進められています」(同前)

※週刊ポスト2019年4月19日号

関連記事(外部サイト)