キリンビール、ガリガリ君など、行ってみたい工場見学

キリンビール、ガリガリ君など、行ってみたい工場見学

JAL工場見学 SKY MUSEUM(東京都)撮影/浅野剛

 いよいよ間近に迫った10連休! 予定はもうお決まりですか? 交通費もホテル代も高いからと、引きこもる決意をしているアナタ、あきらめないで! 無料でゆっくり満喫できる“工場見学ツアー”がたくさんあるんです。「これで無料?」と驚くほど楽しめる、今どき工場見学に出発進行!

 工場見学といえば、製造ラインを眺めるだけの退屈な“社会科見学”を思い起こすかもしれない。しかし最近の工場見学は、ただ見るだけにとどまらないものが多いと、工場見学ブロガーの丹羽桃子さんは言う。

「各メーカーが今、工場見学に力を入れています。普段は入れない場所に入れたり、できたての食べ物が味わえる、モノ作り体験ができるなど、内容は充実。なかには、テーマパークのように趣向を凝らした演出やイベントを行う工場もあります」(丹羽さん)

 インターネットの普及により、誰でも情報を得やすくなった。その結果、企業の不祥事も明るみに出るように。その反省として、作り手の情報を自らオープンにすることで、消費者に安心感を与えようと、工場見学を開催する企業が増えたのだという。

「見学の際は、“なんで?”という疑問を1つ持ってください。答えが見つかると楽しさが倍増しますよ」

 今回は特に、東日本の無料の工場見学を紹介する。ぜひ気軽に参加してほしい。

■キリンビール横浜工場(神奈川県)
住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
定休日:月曜日、年末年始(臨時休業日あり)
※1日7回開催。予約はインターネットまたは電話にて先着順(年齢制限なし)

「見て触って、味わって楽しむといった五感に訴える見学スタイルが特長なので、お子さんも楽しめますよ」(丹羽さん・以下同)。

 例えば、ビールの原料となる麦芽やホップ、麦汁の香りや味を確かめられたり、製造工程をプロジェクションマッピングで解説してもらえる。「新・一番搾り」をはじめ、ビールの試飲も無料だ(未成年者はソフトドリンク)。

 リニューアルした「新・一番搾り」のほか、3つの「一番搾り」シリーズが試飲可能。普段お目にかかれない原料、麦芽やホップに触れられる。

■赤城乳業本庄千本さくら『5S』工場(埼玉県)
住所:埼玉県本庄市児玉町児玉850-10
定休日:公式サイト参照
※予約はインターネットまたは往復はがきにて抽選(年齢制限なし)。

 1981年誕生の大ヒットアイス『ガリガリ君』の製造ラインを取り囲むように見学コースが設けられている。コースの終点にある「ガリガリ君広場」では、赤城乳業のアイスが無料で食べ放題。「無料のクレーンゲーム機の景品がアイスだったり、コースのあちこちに遊び心が満載です」。人気のツアーのため抽選制だが、予約してでも行く価値あり。

■JAL工場見学 SKY MUSEUM(東京都)
住所:東京都大田区羽田空港3-5-1
定休日:年末年始
※1日5回開催。予約はインターネットにて先着順(小学生以上)

 元客室乗務員や整備士の「航空教室」を受講後、実際の整備・点検を行う格納庫を見学する。取材日の格納庫には大型機ボーイング777型をはじめ、4機が駐機。スケールの大きさに感動した見学者から「おおっ〜」という歓声が。滑走路に面した格納庫の扉は荒天時以外は開いていて、離発着する飛行機も目の当たりにできる。

 格納庫の面積は1万平方メートル超、高さは40m。整備・点検の様子が間近で見られるのはここだけ。コックピットにも座れ、機長の気分が味わえる。

■こんにゃくパーク(群馬県)
住所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡204-1
定休日:1月1日
※予約不要。有料の体験キッチンは電話またはメールにて予約が必要、先着順(小学1年生以上)

 こんにゃく製造ラインの見学をはじめ、無料のバイキングコーナーでは、こんにゃくをアレンジしたラーメンやからあげなどが日替わりで楽しめる。「バイキングではこんにゃくスイーツも魅力。事前予約が必要ですが、500〜1000円でできる、こんにゃく作りや色変わり実験などの体験キッチンも充実しています」。パーク内には工場の蒸気を活用した足湯が4種類5か所あり、見学の疲れを癒せる。

※女性セブン2019年5月2日号

関連記事(外部サイト)