ミシュラン掲載ラーメン店主が厳選する「推しカップ麺」

ミシュラン掲載ラーメン店主が厳選する「推しカップ麺」

『セブンプレミアム RAMEN NEXT 鳴龍 担担麺』278円

 あの人気ラーメン店の店主も、実はカップ麺が大好き──。『ミシュランガイド2019』に掲載されたラーメン店主におすすめのカップ麺を聞いてみた。ラーメンの達人が選ぶカップ麺とは?

◆創作麺工房 鳴龍 〜NAKIRYU〜/ミシュラン★
住所:東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚1F

 開店10分で完売する日もあるほど、行列必至の超人気店。香港の1つ星中華料理店で店長を務めた経験を持つ店主の齋藤一将さんが作る担担麺は、丸鶏、牛骨、牡蠣で仕込むスープに自家製調味料が複雑に何層にも絡み合う。

 もはや再現不可能と思えるが、自店のカップ麺を世に送り出すのが子供の頃からの夢だったと話す。

「日清さんに声をかけてもらった時は、“やったぞ!!”って。ぼくは給食のソフト麺が大好きで、いつか自分のカップ麺を作りたかった。日清の開発のかたに自家製調味料や麺をすべて渡し、ものすごい数の試作を経て、やっと辿り着いた味」

 その再現率を伺うと、「90%」と、笑顔を見せた。

『セブンプレミアム RAMEN NEXT 鳴龍 担担麺』278円/セブン&アイグループ各店

「日清食品とセブン-イレブンの技術力の結晶で、再現率のあまりの高さに正直感嘆。細麺がおいしく仕上がっていて、スープのバランスも絶妙ですね」(齋藤さん)

『カップヌードル カレー』 194円/日清食品

「これは中高時代のおやつ。両親が共働きで夕食は毎日20時頃だったので、これで空腹をしのいでました。シャリシャリした玉ねぎがお気に入り。最後は残ったスープにご飯を入れて〆る」(齋藤さん)

◆麺処 びぎ屋/ビブグルマン
住所:東京都目黒区鷹番2-4-9

 同店の『ゆず白醤油らーめん』は、甘みと塩味が上品な有機白しょうゆに、高知県馬路村産のゆずが風味を添えた爽やかな味わいで大人気。店主の長良貴俊さんは「大事にしているのは、素材や技術へのこだわりより、おいしいかどうか。カップ麺も、勉強のためというよりおいしいから食べる(笑い)。数種類買って、お昼にスタッフと食べ比べすることもあります」。

『明星 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺』226円/明星食品

「麺も味の一体感もクオリティーが高い『中華三昧』シリーズは、袋麺タイプも大好き。スープと麺をしっかり混ぜてとろみを出すのがポイントです」(長良さん)

『金ちゃんヌードル』194円/徳島製粉

「徳島生まれのラーメンですが、故郷の静岡でも定番の味。小学生の頃、土曜のお昼に、忙しい両親から“これ食べといて”と言われると大喜びでした」(長良さん)

◆RAMEN GOTTSU/ビブグルマン
住所:東京都練馬区練馬1-29-16

 5年連続ビブグルマンに選出された練馬の名店。店主の齋藤雅文さんは、ラーメン店の前は配送会社に勤務していた。バイクで配送中、寒空の下で食べたカップ麺の味が今でも忘れられないと当時を懐かしむ。

「あまりの寒さに手が震えて…1〜2分でもう待ちきれず硬麺のまま食べていました(笑い)。カップ麺は安くて、早くて、温まる、最高のごちそう。カップ麺に救われ、ラーメン屋になる念願の夢を叶えられたんです」(齋藤さん)

『カップヌードル チリトマトヌードル』194円/日清食品

自店の“辛みそ玉”で「味変」を。「みそのコクと旨味がトマト味に合う!」(齋藤さん)

『マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺』238円/東洋水産

「マルちゃん正麺はとにかく麺が全然違う。生麺のような弾力あるもっちり麺が見事! ビリビリするほど花椒が効いて本格的。ラーメン屋として“これはうかうかしてられない”と危機感を感じた一杯」(齋藤さん)

撮影/玉井幹郎、菅井淳子

※女性セブン2019年5月9・16日号

関連記事(外部サイト)