50代美女「私が30年間、美容整形を続ける理由」

50代美女「私が30年間、美容整形を続ける理由」

記事画像

 有村架純の姉、有村藍里が美容整形を受ける様子をドキュメンタリー番組で公開し、『しくじり先生』に出演した水沢アリーは「数え切れないくらいプチ整形を繰り返した」と告白。ジャガー横田も幹細胞治療で若返りを宣言するなど、有名人が整形をオープンにする動きが相次いでいる。有名人でなくとも整形をする人は増えていると言われる。二度の結婚と離婚を乗り越えたアラフィフ美女が語る三十年超にわたる美容整形と人生について、ライターの服部直美氏がレポートする。

 * * *
 SNSで「うにこ」と名乗る目の前に座る美女は、ほぼすっぴんで待ち合わせ場所にやってきた。しみひとつ無い白い肌の彼女が、実はアラフィフだと言っても驚く人がほとんどだろう。四十歳だと言われても「お若いですね」という返事を返したくなるような雰囲気だ。そんな彼女の美容整形歴は長い。その始まりとして、今から約三十年前、18歳の若さで一回り年上の男性と結婚したことから語り始めた。

「きっかけは最初の離婚。夫がすごい男尊女卑で。結婚後、拒食症になって29キロまで体重が落ちました。頬がこけて酷い顔になって。男にやられて凹んでいる自分が嫌、何もかも嫌になって。強い自分になりたい、別人になりたかった」

 新婚当初は優しかった夫だが、次第に「女の立場は低い」と当たり前のように妻を侮辱する言葉を投げつけるようになった。まだ十代だった彼女は、初めて体験する自分を否定するばかりの言動に憤りを感じても、何も言い返せないでいた。

「父も母も仕事を持ち、対等に意見を言って話し合う夫婦でした。世の中の家族はどこもそうだと思っていたから、夫に押さえつけられ、罵られるのが普通だという生活は耐えられなかった。なぜ、そんなことを言われるのか理解できなかったし、どうしたらよいのかわかりませんでした」

 今でいえばモラハラと呼ばれる類いの虐待を繰り返す夫により、精神的に追い詰められる生活が続いた。そして、だんだんとDVっぽくなった夫との生活で痩せていき、「別人になりたい」と考えるようになった。自分の見た目を、「弱そうに見える」顔を変えたい気持ちがつのっていった。

「結婚前からもともと自分の顔が好きじゃなかった。本当の私は気が強いのに、おとなしそうに見えるのか、見知らぬ男性に後をつけられたり、ストーカーされることがたびたびありました。電車通学をしていた高校時代には、痴漢がイヤで3回も路線を変えたのに、3回とも痴漢にあったんです」

 思春期から繰り返し理不尽な被害に何度も遭ううちに、自分の何が悪いのだろうという悩みを常に抱えるようになった。DVやストーカーの被害者は、本来は加害者に責任があるから加害者を責めればよいのに、自分が変わればよいのだと考えがちだ。彼女も似たような思考をたどった末、約3年で破綻した最初の結婚生活を経て、自分の顔を変えて別人になることを真剣に考えるようになった。

「このままの顔は嫌。失礼なことをしたら殴られるかもしれないと相手に思わせるくらいの、強い顔がいい。男につけこまれて、セクハラやモラハラにあっても言い返せる自分になりたい。でも、鏡の中に映る自分のしょぼい顔を見ると自信がなくて……。誰が相手でも強い発言をしている女性のようになりたいって思ったの」

 最初の整形を受けた後、当時の女性誌の美容整形外科広告に整形前と整形後を比較する形で写真が掲載された。その広告に使用された整形前の写真には、どこか幼さが残る可愛らしい、十分に整った顔立ちの女の子が写っていた。今でいうと乃木坂46メンバーですと言われても不思議がない、男性からも人気が集まりそうな顔だった。きっと誰もが整形なんて必要ないと思うはずだ。

 しかし、周囲がうらやむような可愛い顔は、彼女にとっては苦痛でしかなく「何もかも嫌、何もかも変えたい、別人になりたい」という思いだけが日に日に強くなっていく。そして21歳、結婚が3年で破綻したとき、最初の整形手術を決意した。念願の「別人になる」ためだ。

「可愛いって思われがちな丸顔の原因となっているエラ(下顎角の骨)を削って、顎を出して、耳の軟骨をとって、それで鼻を少し高くして、二重の幅も大きくハッキリとした、彫りの深い外国人のような顔にしました。全部で費用は360万くらい。両親はもちろん反対したけれど、最後は折れて費用も出してくれました。あのときは確か、父親が株を買うために用意したお金がまとまってあったので……そのお金で手術しました」

 全身麻酔の大手術もまったく怖くなかった。

「だって、歯医者のほうがよっぽど痛い気がする。ただ、輸血もしたし大変だったかな」

 美少女アイドルのような幼さが残る可愛いらしい顔は、手術後には目元のきりっとしたシャープな美人タイプの顔に変わった。そして、顔が変わったことで彼女自身のメイクの好みも変わった。それまでは薄いナチュラルメイクだったのが、強めのアイラインを入れ、真っ赤な口紅、髪をぎゅっと高めに結ぶスタイルになった。新しい自分を手に入れた自信、強くなりたいという心の叫び、そこへ向かう決意を揺るぎないものにする覚悟が込められたかのようなメイクだった。

 整形後、ほどなく正式に離婚が成立。同じ頃、父母とともに訪れた香港をとても気に入り、移住を決意した。中国返還前で英国領だった香港は、街も人も何もかもが活気に溢れていた。食べ物も美味しい、何より夜景が最高に美しかった。香港の生活は、離婚、そして拒食症にも苦しんだ彼女を元気づけてくれた。整形で新しくなった彼女は、そこで起きたトラブルにも、以前とは違う対処ができるようになっていた。

「香港でもストーカーはされました。ちょっと彫りの深い強めの顔になったら、今度はインド人男性がインドの有名女優に似ているって言い寄ってきて、本当にしつこかった。あの頃はインド人が多く住んでいるところに暮らしていたんだけれど、カレーを買いに行っても、しつこく追いかけられて大変だった。でも、前よりずっとはっきり何でも言えるようにもなったから、結婚していたときのように追い詰められることはありませんでした」 いったん美容整形をした人は、その後も繰り返し整形をし続けると言われるが、彼女もその例に漏れない。最初の手術で顔のエラ、頬骨を削った影響で頬がたるむことを恐れ、香港から日本へ一時帰国して2回目の手術を受けた。まだ二十代だったが、リフトアップをしたのだ。

「整形で顔が変わったことで、自分の見た目を保つことや意欲を持って生きることへのモチベーションが上がったんです。それを続けるには、私の顔がどう見えるかはとても大事。そして、整形は一回やると、どんどん欲が出る。メンテンナンスも必要だしね」

 その後、鼻にも新しくプロテーゼを入れて鼻筋を整え、注射やフェイスリフトなども繰り返していった。それは、鏡に映る自分の顔を、少しでも理想に近づけるために必要な努力だった。

 テレビを見ていると、彼女はすぐに「この人、美容整形しているな」「すごく上手にメンテナンスしているな」と気付かされることが多いという。その人たちの誰もが整形を受けたとは告白してもいないし、疑問を投げかけられても否定することも多い。どう応じるかはそれぞれの自由だから、整形を伏せてすましている女優やタレントをみても、とくに何の感情もわかない。

「私は家族にも友人にも整形したことを隠さないけれど、公表するかどうかは本人の自由だと思う。ただ、プチ整形などを何度も繰り返しているような跡をみると、整形をしたい動機が違うのかなと感じます。モテとか、目の前の人の評価が気になる人なのかなと。整形に総額2億円超かけたと公言しているタレントのヴァニラさんのほうが、私はあり方として近いと自分では思っています」

 フランス人形になりたいから整形を続けていると公言するヴァニラは、理想を目指して生きることと整形することが分かちがたく結びついている。うにこさんはフランス人形になりたいわけではないが、理想とする強い女性になりたいという気持ちを三十年前から持ち続けている。大きな目標のための整形というところに、近い存在だと感じる理由があるのかもしれない。

 21歳という若さで最初の離婚を経験し、その後、今度こそ幸せになりたいと30歳の時に再婚した夫との生活も、実は順調とは言いがたい結果になってしまった。しかし、この先も整形を続けていくことは、理想の“強い私”になるための不断の努力だからやめられない。この努力が続けられる限り、人生で再び大きな困難が降りかかってきたとしても、これからも必死で立ち向かえるという手段のひとつにすぎないのかもしれない。

●はっとり・なおみ/広島県出身。保育士、ツアーコンダクターを経て香港へ。日本語学校で働きながら香港中文大学で広東語を学んだ後、現地の旅行会社に就職。4年間の香港生活を経て帰国。著書に『世界のお弁当: 心をつなぐ味レシピ55』ほか。

関連記事(外部サイト)