江戸時代後期は猫がブームに 篤姫の愛猫には世話係3人、50日間のエサ代約250万円

記事まとめ

  • 皇居東御苑は季節の花々が楽しめる皇居附属の庭園で、無料で一般公開されている
  • 江戸時代後期は猫がブームになり、女中でも身分の高い女性らはほとんど飼っていたそう
  • 篤姫の愛猫には世話係が3人用意され、精進日のエサ代に約250万円かかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております