息子を正座させて説教したら虐待か? “躾”との境界線

息子を正座させて説教したら虐待か? “躾”との境界線

躾と虐待の境界は?

 幼児虐待のニュースが頻繁に報じられるが、我が子を正しい方向に導くのも親の務め。時には厳しい態度で臨まなくてはならない場面もあるだろう。我が子を正座させ説教すると“虐待”になるのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 東京都は家庭内で躾と称した子供への体罰を禁止した虐待防止条例を施行させています。私にも8歳の息子がおり、悪さをした場合、正座をさせ説教します。困惑するのは、正座させると彼が泣くのです。この行為は躾ではなく、虐待になるのでは、と心配になります。躾と虐待の境界線を教えてください。

【回答】
 民法では親権者は、「監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる」と定められており、躾に従わない子供を親は処罰できます。しかし、懲戒として行なわれる行為であっても、許容される範囲を超えた場合、その行為は違法性を帯びます。

 例えば、殴ったり、蹴ったりすれば、刑法上の暴行です。相手が我が子でも許されることではありません。親権者は子供の利益のために監護するのですから、懲戒権を濫用して虐待すると、親権を失うこともありえます。

 児童虐待防止法によれば、虐待は保護者が行なう行為で(1)児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。(2)児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。(3)児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置等です。この他、児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応なども該当します。

 懲戒権で躾ができるといっても、鉄拳制裁は御法度です。親が自分の身体を使ってできるのは、子供の乱暴な行為を抑制したりする程度。また、懲戒として子供にある行為をさせる場合にも、限界というものがあります。正座させて反省を求めるのはごく普通の躾ですし、脚が痺れても問題ないとは思いますが、板の間での長時間正座、食事や睡眠を取らせないで身体に変調をきたすようになれば、度を過ぎていることになるでしょう。

 学校も教育上必要があるとき、児童や生徒を懲戒することは教育基本法で認められていますが、体罰を加えることはできません。文科省では体罰の精神的苦痛を与えるものとして、教室に居残りを命じ、トイレに行かせない、教室内で正座させられ授業を受けた生徒が、苦痛を訴えても継続させるといった例を挙げています。

【プロフィール】1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事(外部サイト)