チワワや柴犬など人気犬種、罹りやすい病気と治療法

チワワや柴犬など人気犬種、罹りやすい病気と治療法

人気の犬が罹りやすい病気は?

 ペットの高齢化に伴い、がんや認知症になる犬猫も増えている。基本的にどんな病気に罹りやすいのか。「電話どうぶつ病院アニクリ24」の三宅亜希院長が解説する。

「基本的に雑種は病気になりにくく、純血種は特有の病気に気をつけてあげてください。犬の場合は、嘔吐や下痢の消化器疾患、皮膚病で通院することが多いです。12歳を過ぎると認知症が見られることも珍しくありません」

 ペットに人気が高い代表的な犬種から、罹りやすい病気と治療法についてまとめた。

◆チワワ

【気をつけたい病気】水頭症(脳の中の脳室に脳脊髄液が過剰に溜まり、さまざまな脳障害を起こす)、膝蓋骨脱臼。

【主な兆候】発育不良。歩行異常。クルクルと同じ場所を旋回する。

【予防・治療】多くは先天性の奇形が原因。異常に気付いたら画像診断などの精密検査を。脳圧を下げる薬の服用、もしくは余分な脳脊髄液を腹腔へ流す手術を行なう。

◆ミニチュアダックスフント

【気をつけたい病気】椎間板ヘルニア(軟骨異栄養症の遺伝子を持っているため、椎間板が変形しやすく脊髄を圧迫)

【主な兆候】肢を擦って歩くなどの歩行異常。長時間の散歩を嫌がる。ソファに飛び乗らなくなる。

【予防・治療】内科療法で良化することもあるが根治は外科手術。二本足で立つ、仰向けに抱くのはNG。適度な運動で体重を維持する。

◆柴犬

【気をつけたい病気】認知症、アトピー性皮膚炎。

【主な兆候】耳が遠い。昼夜逆転。狭い場所に入って出られない。トイレの失敗が増える。

【予防・治療】認知症は日本犬に比較的多い病気。適度な刺激が予防につながるので、高齢になっても散歩し、飼い主とのスキンシップを大切に。DHA、EPAが含まれた餌や犬用サプリを与えるのもいい。

◆トイプードル

【気をつけたい病気】膝蓋骨脱臼(膝の関節が脱臼する)、外耳炎。

【主な兆候】後脚を不自然に持ち上げた姿勢をとるが、自然に治っていることがある。触ると嫌がる。

【予防・治療】脱臼が自然に戻ることもあるが、脱臼を繰り返して骨が変形したり靭帯が切れたりすることも。フローリングにカーペットを敷くなど、膝への負担を減らす。標準体重を維持。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事(外部サイト)