三崎漁港から近い美しい古民家“アップサイクル”の宿

三崎漁港から近い美しい古民家“アップサイクル”の宿

ベッド&ブレックファスト ichi。1階はカフェ&バーになっていて、朝食もここでとる

「アップサイクル」とは、廃棄されたものに手をかけ、新たな付加価値をもたせる手法のこと。古着や古材はもちろんだが「古民家」のアップサイクルも注目されている。

 三崎漁港から徒歩約10分、夕暮れの路地を歩いてくると、ガラス戸を通して、「ベッド&ブレックファストichi」の灯りが見えてくる。築80年の古民家で、“ころすけさん”こと成相修さん(35才)が妻の祐美さん(35才)や仲間と半年かけて宿屋に改装した。

 思わずフラリと引き寄せられてしまうのは、古民家のやわらかな佇まいとガラス戸の向こうの笑顔のせいだ。日本人としての“懐かしい”スイッチがONになるのかもしれない。

「三浦半島で宿をやりたいと物件を探している時に、友人が空き屋だったここを紹介してくれたんです。それまでこの家は、マグロ漁船員の下宿だったり、髪結い処だったり、作家のかたが住んでいたことも。4部屋つくるために改造しましたが、できる限り元の建具や設えを生かしています。玄関のガラスの引き戸は、古材を扱う『桜花園』で見つけました」(ころすけさん)

 ichiは1泊1食(朝食)付きの宿(ベッド&ブレックファスト)で、2〜3名までの個室が4部屋あり、9名まで宿泊が可能だ。人と人とのつながりを大切にしたいという思いから、基本的に5名以上の団体宿泊は受け付けていない。

 午後7時のベッド&ブレックファスト ichi。1階はカフェ&バーになっていて、朝食もここでとる。おしゃべりと笑い声が聞こえてきそうな情景は、まさにW人集うところWだ。

 4つの部屋はそれぞれ三浦半島の自然をイメージした「さらし」「たね」「こもれび」「もく」の名が付く。小窓には、茶室で使われていた引き戸の古材を使用している。

「変わった魚が大好きなヘンな料理人」として知られる「Kai’s Kitchen」のオーナーシェフ甲斐昂成さん(35)が訪れ、不定期ではあるが、三崎の魚を使った料理イベントを開催することもある。“価値なき魚”がアップサイクルされて極上のひと皿に生まれ変わる現場に居合わせようと、泊まりがけで訪れるファンも。

 また、ころすけさんには、この宿を拠点に実現したいことがあった。ころすけさんは埼玉県出身だが、小学生の時はアカテガニの観察で毎月のように三崎町にある「小網代の森」に通い、自然豊かな三浦半島を“遊び場”に育った。

 その後、山梨、埼玉県内の自然学校の職員として林間学校の運営に携わるが、“学校”ゆえに、一人ひとりの子供に手をかけてあげられないのが残念で仕方なかったと言う。

「だから、毎年夏休みには、ここで子供たちの合宿を開催しています。海や山で一緒に思いきり遊んで、ごろ寝するんです」(ころすけさん)

 遊び疲れてご飯をいっぱい食べ、この部屋で眠ったらどんなに幸せだろう。大人も想像しただけで心をほぐす癒しの力が、この宿にはある。

◆「若い人ほど傷のある古材を好みます」

 ころすけさんが古民家の内装や補修に使ったのが、取り壊される日本家屋の古建材や建具、道具を買い取り、修繕し磨きをかけて販売する「桜花園」のもの。

 もともとは、骨董や古道具が専門だった社長の熊田辰美さん(65才)。ある日、家を建て壊すから、道具を見に来てくれとの依頼を受け、出向いた先の依頼人宅を見て人生が変わった。

「とても立派で美しい日本家屋で、私は『本当にこの家を壊しちゃうんですか?』と唖然としました。木は、腐らなければ何百年でももつのです。一度家を建てたぐらいで廃材にするなんてとんでもない話で、これは小道具なんかと遊んでいる場合じゃない…と、古材や建具の買い取りを始めたんです」

 1998年に、三浦郡葉山町で大工の作業場だった場所を廃材や古建具を使って改造し、古材、アンティーク建具販売業として再スタートした。別荘文化として栄えた湘南地区には、良質な材木を使った日本家屋も多く残り、また、農家も多いことから、大黒柱や梁なども多く残っていた。

「昔の材木がなぜよいかと言うと、水分が完全に抜けて乾燥しているから。建材としてゆがみやひび割れが出にくいんです」(熊田さん)

 熊田さんは、住宅や店舗の新築あるいは改築の際に、古材をワンポイント取り入れることをすすめる。

「最近は店舗などに、あえて傷のある古材を好む若い人が多いですね。柱の傷は人の営みの記憶。温もりを感じるのでしょうか」(熊田さん)

※女性セブン2019年6月13日号

関連記事(外部サイト)