鎌田實医師が紹介する大人も楽しめる絵本の世界

鎌田實医師が紹介する大人も楽しめる絵本の世界

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 絵本とは、まだ満足に字が読めない子供たちに向けて、物語を分かりやすく伝えるものだと捉えられることが多い。だが、大人が自分の人生を重ねることができるような絵本も存在する。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、大人も楽しめる絵本についてお届けする。

 * * *
 最近、感動した絵本がある。『100年たったら』(文・石井睦美 絵・あべ弘士 アリス館)。昔一頭のライオンが広い草原に住んでいた。ほかの動物は食べつくしてしまって、草原には虫しかいない。

 ある日、草原に一羽の鳥が降り立つ。ライオンが近づいても逃げない。「わたしもうとべない。あんた、おなかがすいているんでしょ? わたしをたべたらいいわ」

「あいにくおれは、にくはくわないんだ。おれのこうぶつはくさとむしさ」ライオンは見栄っ張りで寂しがりやだ。

 それからというもの、二者の間に友情が生まれる。いっしょに虫を食べ、鳥はライオンのたてがみの中で眠り、歌をうたった。

 月のきれいな夜、鳥はライオンの背中から転げ落ちるようにして地面に降りた。

「わたし、もういくよ」「こんな夜にどこにいくんだよ」ライオンは鳥がどこへ行こうとしているのかわかって、泣いた。

「またあえるよ」と鳥は言った。「いつ?」「うーん、そうだね、100年たったら」

 100年経って、ライオンは岩場の貝になっていた。鳥は海の波になっていた。さらに100年経って、ライオンは3人の孫のいるおばあさんになっていた。鳥は、孫娘が持ってきたひなげしの花になった。ライオンが白いチョークになると、鳥は黒板になった。

 そして、何度目かの100年が経ったとき、ライオンは男の子に、鳥は女の子になっていた。

 とてもロマンチックなお話だ。絵本という形でなければ、オジサンには照れくさいほどの物語だが、絵のすばらしさも手伝って、素直に感動してしまった。

 ぼくは絵本が大好きだ。医師として多忙な日々を送っていたころ、子育てにあまりかかわれなかった。その罪滅ぼしに、年に一冊、子どもにプレゼントしてきた。今は孫のために絵本を選んでいる。

 そして、ときどき自分の人生を重ねることができる作品に出合う。今回は、そんな大人も楽しめる絵本を何冊かを紹介しよう。

『百年の家』(絵・ロベルト・インノチェンティ 作・J・パトリック・ルイス 訳・長田弘 講談社)は、一軒の古い家を定点観測し、移り変わっていく長い年月を、フィルムの早回しのように見せてくれる。

 物語は1900年、森の中の廃屋を人が見つけて住み着くところから始まる。森は開かれ、ブドウの木が植えられる。新しい家族が誕生し、子どもたちは成長し巣立っていく。やがて戦争が起こるが、人々はその災禍を乗り越えて生きていく。庭に停められたロバの荷車は、自動車に変わり、老いた主人の葬送のために人が集まる。そして、古い家はまただれも住まない廃屋になる。

 ぼくは1987年、初めて家を建てた。カナダの有名なログビルダー、マイルス・ポーターが作った丸太小屋を、コンテナで運んでもらったものだ。直径40センチの丸太は、樹齢250年。「丁寧に使えば、樹齢と同じ250年はもつ」とポーター氏は言う。

 ぼくは、その家を「岩次郎小屋」と名付けた。岩次郎は、ぼくを拾って育ててくれた命の恩人。ぼくたちの家族のつながりは岩次郎さんから始まっている。250年後の岩次郎小屋には、だれがどんなふうに住んでいるのだろうか。

『でも、わたし生きていくわ』(作・コレット・ニース=マズール 絵・エステル・メーンス 訳・柳田邦男 文溪堂)は、絶望を希望に変えていく絵本。突然、両親を亡くした幼い女の子が、まわりの人たちの思いやりと愛情に触れながら、新しい家で生きていく。「悲しみは消えないけれど、いま、わたしは、しあわせ」と言う女の子の言葉に、人間が本来もっている「生きる力」を感じる。70歳を過ぎて、だんだんにいろんな自由がきかなくなっていくぼくだが、それでも、生きていくぞと勇気を奮い立たせてくれる。

 社会的な問題を題材にしているのは『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(絵・ベン・シャーン 構成・文・アーサー・ビナード 集英社)。1954年、焼津から出港したマグロ漁船第五福竜丸が、マーシャル諸島で操業中、アメリカ軍による水爆実験の死の灰を浴びた。乗組員23人全員が被爆し、1人が半年後に死亡した。

『ここが家だ』というタイトルには、乗組員が住んでいる焼津の家だけでなく、彼らの仕事場であり、生物を育む海、そして、ぼくたちの命を抱えている地球全体を「家」と考えて、家を汚す水爆実験を痛烈に批判しているように思う。第12回日本絵本賞を受賞している。

 ぼくも、福島第一原発がメルトダウンし、放射能汚染を起こした事故を『ほうれんそうはないています』(文・鎌田實 絵・長谷川義史 ポプラ社)という絵本にした。福島のホウレン草や乳牛、魚の身になって、食べられることなく廃棄される悲しさを伝えたかった。売れっ子絵本作家の長谷川義史さんの迫力ある絵が実にすばらしい。

 ぼくはこれまで何冊か絵本を書いてきたが、昨年初めて紙芝居を書いた。『かまた先生のアリとキリギリス』(脚本・鎌田實 絵・スズキコージ 童心社)だ。イソップの「アリとキリギリス」を鎌田流に書き換え、厳しい冬、アリは蓄えた食糧をキリギリスに分け与え、キリギリスは音楽でアリを楽しませる共生と寛容の物語にした。

 それが評価され、第57回五山賞特別賞を受賞することになった。教育紙芝居の生みの親、高橋五山の業績を記念して設けられた賞だ。スズキコージさんの「既成概念を超えた絵画表現」も高く評価された。

 夜寝る前に読みたい絵本『みずのこどもたち』(佼成出版社)『めざめる』(あかね書房)は、どちらも若き絵本作家・阿部海太の作品。圧倒的な絵の世界と、言葉になる前の思考の宇宙に引き込まれながら、眠りに落ちる。不思議な絵本だ。

 こうしてみると、魅力ある絵本は内容的に余白が大きい。絵本の半分は、読み手がつくっているのだ。『最初の質問』(絵・いせひでこ 詩・長田弘 講談社)はまさにそんな作品だ。

「今日、あなたは空を見上げましたか。空は遠かったですか、近かったですか」

 ページを繰ると、そんな質問が書かれており、読み手がそれに答える。答えは日によって違う。それでいいのだと思う。

 生きるということは「問い」をもつことだ。小さいときから、これ何? あれ何? どうして? と聞いてきた。

「いちばんしたいことは何ですか。人生の材料は何だとおもいますか」

 生きるうえで大切な、自分への問いかけが、この絵本から始まっている。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2019年6月14日号

関連記事(外部サイト)