梅雨どきの熱中症予防、レインコートやカッパ着用にリスクも

梅雨どきの熱中症対策を紹介 カッパや防水ジャケットの着用が熱中症を招くことも

記事まとめ

  • 梅雨どきは「雨音が気になる」と窓を閉め切る人が多いが、熱中症を招く原因になる
  • 梅雨どきこそエアコンや扇風機、サーキュレーターで空気の流れを作るよう勧めている
  • カッパを着用し庭いじりをしていた男性はひどい頭痛に襲われ、倒れこんでしまったそう

梅雨どきの熱中症予防、レインコートやカッパ着用にリスクも

梅雨どきの熱中症予防、レインコートやカッパ着用にリスクも

レインウェアが役立つ季節だが…

 気温30℃超えの真夏日が続いた5月が終わり、梅雨入りする地域も出てきた。近年の日本の夏の暑さはすさまじいものになっており、熱中症予防への関心は高い。「水分をしっかりとる」「塩分も大事」「外出時は帽子が必須」──そういった対策は、すでに常識となりつつあるが、梅雨どきの熱中症対策は夏本番時の“常識”が通用しないから厄介だ。

 例えば、「雨音が気になる」と窓を閉め切る人が多いが、これは熱中症を招く原因のひとつとなる。環境生理学に詳しい横浜国立大学教授の田中英登氏が解説する。

「風があると洗濯物が乾きやすいように、空気が循環したほうが水分は蒸発しやすい。室内の通気性が悪いと、汗の蒸発が促進されず、体を冷やせないのです。

 梅雨どきこそエアコンや扇風機、サーキュレーター(空気循環装置)などを活用し、室内に空気の流れを作りましょう。その際、直接体に強い風を当てると体調を崩しやすいので、壁に向けて弱い風を送る。それだけで熱中症になる危険度が低下します」

 節電、節約意識の高まりから、エアコンなどの使用を避けようとする人もいるが、適切に活用したい。

◆肌寒い夜こそ水分補給

 日中が暑くても、夜間にグッと気温が下がることも珍しくない。だが、翌朝の日の出とともに気温がぐんぐん上昇し、寝ている間に脱水状態に陥るケースがある。快眠セラピストの三橋美穂氏はこうアドバイスする。

「脱水を防ぐ意味でも、就寝前にコップ1杯の水を飲むことを勧めます。ただし、冷たい水を飲むと内臓が冷えてしまいます。すると、体は体温を上げようと働いてしまい、深部体温が下がりにくく眠りに支障が出てしまいます。寝る前の1杯は常温の水か、白湯がいいでしょう」

◆カッパ、防水ジャケットが熱中症を招く

 防水加工が施されたレインウェアが役立つ季節だが、その機能が危険を呼び込むこともある。埼玉県在住の男性(67)が話す。

「去年の梅雨の時期に、庭いじりをしていたらひどい頭痛に襲われ、倒れこんでしまった。夢中で数時間ほど土を掘り返していたところでした。雲行きが怪しいからと、念のためカッパを着ていたのが良くなかったようです」

 前出の田中氏がいう。

レインコートやカッパなど防水性の高い衣服を着ていると汗が気化しにくく、熱がこもりやすいんです。作業に集中してしまうと、本人も気づかない」

 適切に着脱するほか、袖や裾から時折風を送り込んで、こもった熱を外に出すなどして対応したい。

※週刊ポスト2019年6月14日号

関連記事(外部サイト)