オマール海老、白トリュフも!「冷やし麺」東京の名店7選

オマール海老、白トリュフも!「冷やし麺」東京の名店7選

『海老丸らーめん』の「限定麺 沖縄産枝豆とオマール海老の冷やしらーめん」950円(5月の一例) 撮影■岩本 朗 取材・文■上田千春

 夏に先がけて、東京でブームとなっている「冷やし麺」。「冷やし中華」や「冷やしラーメン」といった既存のジャンルでは括れない、新たなスタイルの創作系も続々と誕生している。オマール海老の風味や白トリュフの香りといった、高級感溢れる一品も登場。ここでは、東京の「ひやうま」な7店を紹介しよう。

◆海老丸らーめん(神保町)の「限定麺 沖縄県産枝豆とオマール海老の冷やしらーめん」(5月の一例)

 フランス料理のシェフでもある店主によるオマール海老専門の人気ラーメン店。限定麺として初夏頃から登場する冷やし麺メニューを目当てに、足繁く通う常連客も多い。店では年間5トン超のオマール海老を使うが、麺の種類もスープの風味もその時の限定メニューのためだけに考案する。

 5月に提供された「沖縄県産枝豆とオマール海老の冷やしらーめん」は、頭をオーブンで焼いて牛乳で煮込むなど手間と時間をかけた逸品。残ったスープは、熱々の器で供される「〆のリゾット」(300円)で楽しむのがおすすめ。9月末頃まで提供予定の冷やし麺メニューは、数日〜2週間ごとに変わるため店のSNSで確認を。

【海老丸らーめん】
・住所/東京都千代田区西神田2-1-13 十勝ビル1F
・営業時間/火〜金 11時半〜15時、18時〜22時/土・日・祝 11時半〜20時
・定休日/月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)

◆ピコピコポン(西早稲田)の「冷やし中華+ピリネギトッピング」(撮影■中庭愉生 取材・文■城川佳子)

 5月20日で開店1周年を迎えた注目の新店。濃い味でヘビーなラーメンが売りの“二郎系”の店だが、「冷やし中華」はさっぱり食べられる選択肢として、1月から登場。冷水で締めた太麺を醤油ダレとしっかりあえ、ゆで野菜と、旨味が深い国産豚の腕肉を使用した分厚いチャーシューをトッピング。挽きたての花ホワジャオ椒と黒胡椒、ラー油、シークワーサー果汁がいいアクセントになり、どんどん食べ進められる。脂の量やニンニクの有無、麺の量はオーダー時に調節可能。

 写真のように脂やニンニクを加えると、ガツンとパンチの効いた味わいに一変。自分好みの一杯にアレンジ可能だ。通年提供予定。

【ピコピコポン】
・住所/東京都新宿区高田馬場1-3-13
・営業時間/火〜土 11時〜15時(L.O.)、18時〜21時(L.O.)/日 11時半〜15時(L.O.)
・定休日/月曜日

 

◆みそ味専門 マタドール(北千住)の「冷やし味噌らぁ麺〜白トリュフ風味仕立て〜」(撮影■岩本 朗 取材・文■上田千春)

 箸を入れると、冷え冷えの涼しげなガラスの器から、白トリュフオイルの芳醇な香りが立ち上る。ニンニク、ゴマ、香味野菜をブレンドした赤味噌ベースのスープのコクと旨味も負けていない。

 この異なる濃厚な風味の競演を受け止めるのは、氷水で締められたモチモチの平打ち中太麺。縮れた麺にスープが絡み、クセになる美味しさ。しっとりジューシーな名物の自家製ローストビーフが華やかさを加える。シロップに2晩漬けたミニトマトのコンポートも絶品(150円で追加注文可)。和洋の素材と風味が絶妙なバランスでまとめられている。昼・夜各10食限定。9月末まで提供予定。

【マタドール】
・住所/東京都足立区千住旭町43-13 杉山ビル1F
・営業時間/月〜土 11時半〜22時半/日・祝 11時半〜16時
・定休日/なし

◆中華ノ麺 Xing Fu(高円寺)の「冷やしよだれ鶏担々麺」(撮影■中庭愉生 取材・文■上田千春)

 高円寺庚申通り商店街に昨年オープンした人気店。全メニューに化学調味料を使用せず、厳選した高品質の食材しか使わない。今夏の新メニュー「冷やしよだれ鶏担々麺」にも有機無農薬栽培のホウレン草やニンジン、紅芯大根など野菜をたっぷり使う徹底ぶり。

 自家焙煎のゴマで香ばしく仕上げた丸鶏ベースのスープは、濃厚で深い旨味が特徴。数種類の唐辛子を入れる自家製ラー油を使ったタレが絡む蒸し鶏には、2種類の花山椒が「これでもか!」とたっぷりかけられ、ラー油の辛さと山椒の痺れがクセになる。その美味しさはスープにも溶け込み、鮮烈な旨辛風味を纏う麺に箸が止まらなくなる。8月末頃まで提供予定。

【Xing Fu】
・住所/東京都杉並区高円寺北2-38-15 カメタビル1F
・営業時間/11時半〜15時半、18時〜23時半
・定休日/水曜日(夜のみ営業の場合もある)

◆新潟発祥なおじ 御茶ノ水店(御茶ノ水)の「あごだし冷やしラーメン」(撮影■中庭愉生 取材・文■城川佳子)

 新潟発祥・燕三条系ラーメンを代表する有名店の夏の看板メニューが、5月23日から登場した「あごだし冷やしラーメン」だ。アゴ(トビウオ)の出汁をベースに数種類の魚介をブレンドしたスープは脂っこさとは無縁のさっぱり味。ネギやミョウガなどの新鮮な薬味が清涼感を倍増させ、添えられたスダチを搾ると、爽やかな酸味がいっそう食欲をそそる。

 国産小麦5種類をブレンドした新潟直送の自社製細麺を氷水でキリリと締め、具、スープ、丼も冷蔵庫で冷やして提供する。丼の中の氷がなかなか溶けないほどキンキンに冷えた一杯は、夏に恋しくなること間違いなしだ。8月末まで提供予定。

【新潟発祥なおじ 御茶ノ水店】
・住所/東京都千代田区神田駿河台4-5-2
・営業時間/11時〜23時(L.O.)
・定休日/なし

◆めん屋 平右衛門(東小金井)の「冷しピースらーめん」(撮影■中庭愉生 取材・文■上田千春)

 懐石料理出身の店主が営む人気店。旬の野菜を使った期間限定の冷やし麺メニューは、ひと夏に3種類を入れ替わりで提供する。

 ラーメン好きの間で初夏の風物詩にもなっているのが、第1弾の「冷しピースらーめん」(今年は6月末まで提供予定)。日本料理の「すり流し」技法を取り入れた涼感あふれる一杯だ。スープはグリーンピースを裏ごしし、鶏、昆布、煮干し、野菜などでとった出汁を合わせ、シンプルに塩で味を調える。

 北海道産小麦を使う自家製細麺の旨味は豆の風味を引き立て、コシも喉越しも抜群。低温調理した豚肩ロースのチャーシューなど具材にも技が光る。

・住所/東京都小金井市東町4-43-12
・営業時間/11時〜14時45分(L.O.)、18時〜21時45分(L.O.)
・定休日/木曜日

◆中華そば 六感堂(池袋)の「冷やし中華」(撮影■岩本 朗 取材・文■上田千春)

 屈指の激戦区・池袋の人気店「麺屋 六感堂」が今年3月にオープンした新店。昔ながらの中華そばを現代風に提供するコンセプトのもと、夏季限定メニューとして生み出した「冷やし中華」は、冷やして美味しい麺を追求した自信作。

 国産小麦を数種類配合した縮れ中太麺は、注文を受けてから手もみすることによって麺の吸水率を上げ、ツルツル、モチモチの食感を実現した。リンゴ酢、ゴマ油などが入る醤油ダレが麺と絡み、すするたびに甘味と酸味と香ばしさが広がる。炙り豚バラのチャーシューなど具材も美味。懐かしくも洗練された味とビジュアルのネオクラシックな一杯だ。9月末まで提供予定。

・住所/東京都豊島区池袋2-23-5 サンフェニックス山田1F
・営業時間/11時半〜15時、18時〜22時
・定休日/不定休

●撮影/岩本 朗、中庭愉生 ●取材・文/上田千春、城川佳子

※週刊ポスト2019年6月21日号

関連記事(外部サイト)