薬の飲む量や回数、減らすことが健康を守ることにつながる

薬の飲む量や回数、減らすことが健康を守ることにつながる

飲む薬を変えれば、薬が減らせることも

 薬局で5〜6種類以上の薬を処方されている人の割合は65歳以上で約3割、75歳以上では約4割にのぼる(厚生労働省「平成29年社会医療診療行為別統計」)。高齢になるにつれて処方される薬の数は増えていく。

 同時に、薬の種類が多くなるほどに、薬を飲み残してしまう「残薬」が問題になっている。単なる飲み忘れだけでなく「すでに飲んだ」と勘違いしたり、飲むのが面倒になったりするほか、「もう治った」と自己判断で飲むのをやめてしまうなど、その原因は様々だ。

 今年73歳になった神奈川県在住のAさんが、こう明かす。

「よく行く喫茶店でモーニングセットをとるのを楽しみにしているが、朝食後に飲まねばならない薬が全部で8種類もある。最近は飲み下すのにも時間がかかるようになり、店のテーブルで広げるのが恥ずかしくて、『店を出てから飲めばいいだろう』と思っているうちに、そのまま飲み忘れてしまう」

 種類が多い上に、食前、食後、食間など飲むタイミングがそれぞれ違っていたり、1日2回の薬と3回の薬が混じったりしている場合はより複雑になる。真面目に飲もうと思っている人でも、飲み方を間違えてしまうリスクをゼロにするのは難しい。「多剤併用」の重大な問題である。

◆1錠の大きさは変わらない

 薬によって患者が生活上の制約を受けることや、用法通りに服用できない事例が目立ってきていることを受け、厚労省は昨年5月末、「高齢者の医薬品適正使用の指針」の中で、薬の種類や飲む回数を減らす方法について取りまとめた。

 そこでは、問題を解消する具体的手段として〈配合剤の使用〉、〈作用時間の短い薬剤よりも長時間作用型の薬剤で服用回数を減らす〉などが挙げられている。

 医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がこう解説する。

「『配合剤』とは複数の有効成分が1つの薬品に含まれるものです。例えば、それまで2錠飲んでいたのが、配合剤なら1錠で済むようになります。2つの薬をまとめたからといって粒が大きくなるわけではなく、むしろ小さくなるものもある。有効成分の量は同じなので効果が薄れることはありません。

 2000年に発表された米国での研究によれば、1年後に服薬を継続できた患者の割合は、2種類の降圧剤を飲んでいた群が57.5%だったのに対し、配合剤群は70%だった。薬の数を減らすことが、適切な服用に直結するという研究結果です。

『長時間作用型の薬剤』とは、成分が体内で徐々に放出されるよう工夫されたものを指します。1日に複数回飲んでいたのが、これに切り替えると服用回数を減らすことができる。

 薬の量が多ければ、どんなに気をつけても“飲み忘れ”“飲み間違い”が増えてしまう。少しでも飲む量や回数を減らすことが、薬を飲む手間を省くだけでなく、患者の健康を守ることに繋がるのです」

※週刊ポスト2019年6月28日号

関連記事(外部サイト)