令和になってからの宝くじ、01や08など令和連想の数字頻出

宝くじ抽せんで「れい(0)わ(8)」など令和連想の数字頻出 ミニロトやビンゴ5でも

記事まとめ

  • 5月以降、宝くじ抽選で令和を連想させる「01」「08」などの数字が頻出しているという
  • 東京都宝くじでは1等1000万円の当せん組が「08組」、近畿宝くじの1等も「08組」だった
  • 6月に入っても、新元号記念くじやミニロト、ビンゴ5などで令和にちなんだ数字が頻出

令和になってからの宝くじ、01や08など令和連想の数字頻出

令和になってからの宝くじ、01や08など令和連想の数字頻出

改元で宝くじ抽選に不思議な現象が…

 元号が新しくなった5月以降、宝くじの抽せんで不思議な現象が発生している。令和になって最初の抽せんは、5月1日の「ビンゴ5」だ。

 その抽せんで元年の数字である「01」が出たのだが、なんとそれ以降、3週連続で「01」が出現した。さらに、その翌週には「れい(0)わ(8)」を表す「08」が出現。

 同様の現象は「ロト6」でも起きており、5月6日から4回連続で「01」が出た後、5月23日に「08」が出た。

 数字選択式宝くじ以外でも、5月17日に抽せんされた「第2428回東京都宝くじ」では、1等1000万円の当せん組が「08組」、5月31日に抽せんされた「第2611回近畿宝くじ」の1等1000万円も「08組」、6月3日に抽せんされた「新元号記念くじ」の3等10万円の当せん番号は下4ケタ「0800」というように、令和にちなんだ数字が頻出しているのです。

 6月に入っても、「ミニロト」や「ビンゴ5」で「08」が出現するなど、この勢いは続いている。しばらくの間、令和に関する数字を選んで買うのもおもしろいかもしれない。

※女性セブン2019年7月4日号

関連記事(外部サイト)