親の老いと介護の意味、子供がもう一度親と向き合う機会

親の老いと介護の意味、子供がもう一度親と向き合う機会

イラストレーター、漫画家のなとみみわさん

 毎週、女性セブンに漫画連載をしている『伴走介護』。漫画も毎回ついているが、その作者、なとみみわさんは5月、長年ブログにつづってきた義母との日常を改めて描き下ろし、コミックエッセイ『ばあさんとの愛しき日々』(イースト・プレス)を出版した。

 義母と暮らす中で初めての介護を経験し、あたふたしたり、必死で勉強したり、涙したり。ブログではそんななとみさんの奮闘ぶりも人気だが、今回の本は“介護”がテーマではない。老いて少しずつ衰えていった“ばあさん”との生活の中で、介護よりもっと大事な“親とのかかわり”に気づいたという。

「ばあさんとはケンカもあったしイライラもしたし、本当につらいと思うこともたくさんありました」となとみさん。

 その時々のリアルな気持ちを率直につづったブログとは一線を画し、介護の苦労話やハウツー本ではない、まさに書名のとおり『ばあさんとの愛しき日々』を振り返りながら、全編描き下ろしたという。

「“誰も悪者にしない”というのがコンセプト。一緒に暮らせばどんな家族でも、衝突してうまくいかないことがある。誰かが要介護になればなおのこと。でもそこはあえて描かず、ばあさんのちょっと頑固だけど憎めない、いつも笑顔ですっとぼけるかわいい魅力に焦点を当てたんです。私たち家族は介護者ではなく、ばあさんに振り回される子供たち(笑い)。

 ブログに一度描いた場面も、もう一度思い出しながら描いていくと、当時は思わなかった気持ちがわいてきたりもしました。やっぱりばあさんは、みんなに好かれるいい人だったと、改めて思いました」

 義母が亡くなる少し前、望み通り最期を自宅で迎えさせようと、在宅介護のスタッフが一丸となって義母を支えてくれる姿に感激し、家族が心をひとつにして最期を看取ろうとするシーンは胸を打つ。

「家族が少しずつ老い衰え、最後は死んでいく…そんな自然の流れに感動しました。これは私の中では“介護”ではなかった。ばあさんと私と家族の普通の日常でした。だからこそ“介護をしている人”だけでなく、家族がいる普通の生活者みんなにこの感動を届けたかったのです」

 義母の人生の終わりを伴走したことが、別の力にもなったとなとみさんは言う。

「18才で故郷を出てから、実の両親とは疎遠気味。特に母とはあまり仲がよくなくて。でも、ばあさんを看取ってから、母のことがとても気になるようになったんです。“人には必ず終わりが来る”ことを目の当たりにしたからかな?
 ばあさんにしてあげられなかったことも、母には後悔のないようにしてあげたいと、切実に思います。以前の私なら思いもしなかったこと。ばあさんから、もう一度、親子関係を修復するチャンスをもらえた気がしています」

 親が弱り、手助けが必要になる頃、子供世代はたいてい働き盛り。自分の人生で精一杯の時だ。

「親の老いは、親元から離れた子供がもう一度親と向き合える機会。子供にしてみると、青天の霹靂のように思えるかもしれないけれど、思えばこれもごく自然の流れですよね。私自身もこの本を描きながら母への思いを新たにしたように、読んでくださる人にも親のことを思い出してほしい。そして親の人生の最期をどう幸せに過ごさせてあげるか、親とどんな関係で終わりを迎えるかを、考えましょう。それは自分がどんな年寄りになっていくかということでもあると思うのです」

【Profile】
なとみみわさん●1969年生まれ。イラストレーター、漫画家。Web、雑誌、書籍、ムック、広告などを中心に活躍。『伴走介護』の漫画をはじめ、一昨年に看取った義母や家族の話、離れて暮らす実母の話を明るくつづる人気ブログ『あっけらかん』を連載中。

※女性セブン2019年7月4日号

関連記事(外部サイト)