都内鉄道遺産の数々 東京駅から王電ビルヂングまで

都内鉄道遺産の数々 東京駅から王電ビルヂングまで

旧新橋停車場

 明治期に日本初の鉄道が開業した東京では、現在までに様々な路線が敷設され、都市の形成を支えてきた。そんな鉄道都市の歴史に触れられる遺構が至る所に残っている。「鉄道遺産」のなかから、いくつか紹介する。

■旧新橋停車場

 明治5(1872)年9月12日(グレゴリオ暦では10月14日)に日本初の鉄道路線の起点として開業した新橋駅の、跡地に建設された文化施設である。

 東京駅の開業後は汐留貨物駅となって明治期の建物は解体されたが、1995年から始まった再開発事業(現在の汐留シオサイト)に伴う発掘調査で、跡地から駅の遺跡が発見され、国の史跡「旧新橋停車場跡」に指定された。JR東日本は、保存のため遺跡は埋め戻し、その上に、開業当時の駅舎を復元した施設を新築し、2003年にオープンした。

 内部には鉄道歴史展示室が設けられ、旧新橋駅と日本の鉄道の歴史を紹介している。1階の床は一部がガラス張りで、新橋駅の遺構を見ることもできる。建物裏手には、起点を示す「0哩(マイル)標識」と線路が、当時の位置そのままに設置されている。

■東京駅・丸の内駅舎

 旧新橋駅に代わる東京の玄関口として東京駅は、大正3(1914)年に開業した。昭和20(45)年の空襲で3階が焼け落ち、仮復旧のまま戦後も現役駅舎として使われていたが、原形に戻す工事が行なわれ、2012年に完成。往年の優美な姿が甦った。国の重要文化財にも指定されている。

 主な工事内容は、3階部分と丸屋根の復旧。残っていた「赤レンガ」の構造を保存、維持しつつ、欠けた部分も鉄筋コンクリート造りの上に化粧レンガを張るなど、建設当時の材料やデザインを極力守った上で復原が行なわれた。天然スレート葺きだった屋根は仮復旧時に鉄板に変わっていたが、これも元の素材に戻されている。

 北口、南口の丸屋根の内側にあたるドームの天井も、一部残存していた部品を活かし、創建当時の装飾を再現している。改札口前のドーム天井では、八角形の各コーナーには8羽の鷲のレリーフが取り付けられている。また、ドーム内のコーナーには、干支の方位に従って十二支のうち8つの干支の彫刻が配置されている。

■旧御所トンネル

 中央・総武緩行線の四ツ谷〜信濃町間にあるレンガ積みトンネルで、中野方面行きの列車が通っている。

 明治27 (1894)年、私鉄・甲武鉄道による新宿〜牛込(現在の飯田橋駅付近)間の開業時に造られた。この区間は、同年に勃発した日清戦争の兵員輸送の関連で建設された路線。緊急事態ということで赤坂御用地の下を通り抜けることが許された。

 レンガと石積みで構成される竣工時の姿をほぼ残し、丸ノ内線・四ツ谷駅の新宿方面行きプラットホームから見下ろせる。

■新永間市街線高架橋

 新橋と上野を結んで東京駅へ乗り入れる路線のため、赤レンガ駅舎と同時期に建設が進められたレンガ積み高架橋。明治43(1910)年に完成して100年以上、現役として使われ続け、東海道本線、京浜東北線、山手線を支え続けている。

 アーチ状の構造が連続しているのが最大の特徴で、並行する道路からその様子がよくわかる。道路との交差部分では橋桁の構造も観察することができる。現在、高架下の大部分は店舗などに利用される。

■王電ビルヂング

「王電」とは王子電気軌道のことで、現在の都電荒川線の前身にあたる路線を建設した私鉄だ。この鉄道会社が昭和2(1927)年、終点の三ノ輪橋停留場の側に建てた商業ビルが残っており、現在は写真館として使われている。

 今も表通りから都電に乗ろうとすると、このビルの1階部分のトンネルのような通路を通ることになり、小規模ながらも利用客数の増加を当て込んだ、現代で言うところの「駅ビル」であったことがわかる。

■旧博物館動物園駅

 京成電鉄・上野公園〜日暮里間の開業と同時に、恩賜上野動物園などへの最寄り駅として昭和8(1933)年に営業を開始した。皇室用地だった帝室博物館(現在の東京国立博物館)の敷地内に建設されたこともあり、皇室にふさわしい駅舎とするため西洋風の石積みの建物となった。国会議事堂に似ているとも言われるが、こちらの方が古い。

 1997年に営業を休止。2004年に駅は廃止されたが、その後、アートスペースとしての活用が試みられている。

取材・文・写真■土屋武之

※週刊ポスト2019年7月5日号

関連記事(外部サイト)