1日の参加者1000人超えも 「日本一楽しいゴミ拾い」を体験

1日の参加者1000人超えも 「日本一楽しいゴミ拾い」を体験

可燃ゴミ24袋、不燃ゴミ16袋を集めた

 女性セブンの体験企画などで活躍中の“オバ記者”こと野原広子(62才)が、“日本一楽しいゴミ拾い”を体験した――。

 * * *
 悲観的な環境問題には耳をふさぎ、気が滅入りそうな映像は瞬時に消す――アラ還まで、見ざる、聞かざるを貫いてきたオバだけど、いよいよ待ったなし。逃げ足を止めてトングを持ったら、さわやかな海風との一体感と、「うふふ」が待っていた!

◆トングとゴミ袋を提げた武士たちと

 6月15〜16日にかけて、「20か国・地域(G20)エネルギー・環境相会合」が長野県軽井沢町で開催されるというニュースとともに報道されていたのが、海洋プラスチックゴミ(プラゴミ)問題。

「海がゴミで大変なことになっています。ゴミ拾いに行きましょう」と編集マッちゃんに誘われ、ロマンスカーで神奈川県の片瀬江ノ島へ。

 この海岸で『海さくら』が14年間ボランティアで海のゴミ拾いをしている。モットーは「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」だって。「なんだか面白そうね」というわけで、曇り空の初夏に参加してきた。

 集合場所でまず感じたのは、「ほんとにこれからゴミを拾うの?」だ。だってあなた、武士がいるんだよ。後から海さくらの常連とわかったけど、彼らは手作りの鎧を身につけた『鎌倉もののふクリーン隊』の人たちで、彼らは刀の代わりにトングとゴミ袋を持って歩く。その姿がなんともおかしいの。

 おかしいといえば、“弱いチンピラ風”のマッちゃんだって相当だ。日焼け対策、やりすぎだって。

「はい、ではトングとゴミ袋を配りま〜す」

 いつの間に集まったんだろう。2、3才の子供連れのパパ・ママもいれば、女子グループもいる。かと思えばひとり参加の中年男性に、若いカップルもいて、人垣ができていた。

「今日は少ない方ですね。多い日は1000人を超えます」と、海さくらの古澤純一郎代表は言う。

「せ、せんにん?」

 手ぶらで参加自由がコンセプトだから、それだけのトングとゴミ袋を用意しているんだって!

◆踏んだら危険なゴミを拾う気持ちよさ

 広い海岸に出ると三々五々、あっという間に散らばった。

「ゴミ、ないね」
「海藻は拾わなくていいんだもんね」

 そんなことを言っていたら、

「あっ!!」

 何かを見つけたマッちゃんが駆けて行くと、私も小さなお皿のかけらを見つけた。続いてガラス瓶の底が、砂の下からキラリとのぞく。

「冗談じゃないよ。海辺を裸足で走ったりしたら、けがするじゃない。ここでどうやって海水浴しろっていうの」

 腹立ちまぎれの独り言を言いながら目をこらすと、たばこの吸い殻に、ビニールのお菓子のパッケージ。波に洗われた小さなゴミが、次から次と目に飛び込んできた。 

「あれが魚たちの口に入るのかな…」そう思うと恐ろしい。燃えるゴミ、燃えないゴミを分けながら袋に入れていたら、足元を波が洗う。

 なんだかんだいっても、海風は気持ちよくて、そこからゴミを拾い上げるのもまた気持ちがいい。ゴミ袋が膨らんでくると、その分、役に立っている感があって、誇らしかったりもする。

 振り向くと「終わりですよ」とマッちゃん。腰を伸ばして見ると、1か所にどんどんゴミ袋が並べられていく。瞬く間の45分。もうちょっと拾いたかったなぁ。

◆芸能事務所とコラボする初の環境団体

 ゴミ収集所に行くと、ゴミ袋に入りきらない大物も。

 ひと抱えほどのポリタンクや、真新しい銀色の金具も。「これは?」と、ゴミ袋を整理していた男の子に聞くと、「船のアンカーですね」と教えてくれた。

「ん?」

 改めて男の子を見ると、白雪姫の王子様!?

「ぼくたち、『ASE BOUND』は6人組のハーフ集団で、愛する日本のために汗をかくことがコンセプトです」というエムレ(19才)は、テレビタレントだ。

「イケメンがいると若い“女子ボラ(女性ボランティア)”が集まるんです。芸能事務所とコラボした環境団体は初めてだと思いますよ」と古澤さん。

 環境問題に興味がない人に関心をもってもらわない限り、海ゴミ問題は前に進まないと考えてのことだ。

「海のゴミのほとんどは、街から下水道や川を伝って流れてきます。水の力はとてつもなく大きくて、自転車や冷蔵庫まで流れつきます」(古澤さん)

 私が参加した日は晴れ続きの後だったが、雨の翌日は大量のペットボトルが海岸に打ち上げられるそう。中には、子供に見せたくないような「正規のゴミに出しにくいもの」が、川に投棄されて流れつく。

「それにしても、ほんの少ししかゴミ拾いをしていないのに、ヨガはたっぷり。遊ばせていただいちゃったみたい」

 私がそう感想を言うと、「それでいいんです。極端なことをいうとゴミを拾わなくてもいい。一度でも自分の目で海ゴミを見ると、ゴミに対する意識が変わるでしょ? そういう人を増やすことが大切なんです」(古澤さん)

 そうして、いつか“海”から“ゴミ”が消えるのを、私も見てみたいな。

◆本日の反省(エムレや『ASE BOUND』メンバーと集合写真を撮影し…)

 いえね。別に何をどうしようというつもりはないんです。ただこのオバ、美しいものが好きということに、アラ還にして気づいてしまったの。だから美を求めるゴミ拾いにも、熱が入っていたではないですか。

 それにしてもはしゃぎすぎ? いやいや、それよりも“手”の形をホメてやってくださいな。エムレの顔がやや引きつっているのは気になりますが、たとえ嫌われても、ほんの少し空気を共有させて、ってコレ、セクハラ? 失礼しました。

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事(外部サイト)