橋本梨菜、豪華夜行バスに「乗り心地ビジネスクラスやん」

橋本梨菜、豪華夜行バスに「乗り心地ビジネスクラスやん」

「なにわのブラックダイヤモンド」が高速バス旅に

 東名高速の開業は1969(昭和44)年。これと同時に運行を始めたのが、JRバスグループが中心となって運行している日本初の夜行高速バス「ドリーム号」。今年6月で50周年を迎えた。

 数あるドリーム号の中で、最新の「ドリームルリエ号」はまるでホテルと見間違えるような快適さを誇っている。今回、「普段は新幹線を使っている」という大阪出身のグラビアアイドル・橋本梨菜がこのドリームルリエ号に乗車して地元大阪に帰省した。

「実は夜行バスにはトラウマがあって……」と、彼女は打ち合わせで不安を漏らした。10代のアイドルユニット時代に4列シートの夜行バスで東京―大阪間を何度も往復していたという。

「とにかく、狭いのが辛い。物音とか携帯とかで他の人に怒られたりもしました。ちょっとバスには苦手意識があります」

 今回乗ってもらうのは2列シートで最高級に位置づけられる「プレシャスクラス」。

 車内に乗り込むと、まず橋本は「カーテン閉めれば個室になるの? 携帯を見てても怒られへんやつやん!」と驚きの声を上げる。シートに着席すると、61センチのシート幅や、156度まで倒せるリクライニングシートにも大興奮。

「このシートは完全にベッドですよね。狭いバスだと大阪に着いた時に足がむくんでスニーカーが履けないこともあったけど、これなら問題なさそうです」

 スリッパやイヤホン、ブランケットなどの充実したアメニティと設備にも満足げだった。

 バスは23時10分に東京駅を出発し、バスタ新宿でさらに乗客を拾う。その後は東名高速に乗り、途中、コンビニがある神奈川県・鮎沢PAでの休憩を挟んだのち、7時50分の定刻に大阪駅に到着した。

「ほんまに飛行機のビジネスクラスみたい。本当は備え付けのiPadで映画を観たりいろいろしたかったんですが、あまりに快適すぎて気が付いたら爆睡してました(笑い)。新幹線と変わらない料金で、出発が新幹線の最終より2時間ぐらい遅いのも仕事をしている身としては嬉しいです」

■ドリームルリエ号(プレシャスクラス)
・席数:6席(後方10席は3列シートのアドバンスクラス)
・料金:1万4000〜1万8500円(東京─大阪・片道)
・サービス:アメニティ(イヤホン、スリッパ、ブランケット)、iPad mini、フリーWi-Fi、コンセント、プレイベートカーテン、エアコン、レッグレスト、フットレスト、フレキシブルライト、トイレ)

●はしもと・りな/1993年生まれ、大阪府出身。「汐留グラビア甲子園2014」で準グランプリを獲得したのを機にアイドルからグラドルに転身。「日本一黒いグラビアアイドル〜なにわのブラックダイヤモンド〜」として活躍中。

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事(外部サイト)