サマージャンボ宝くじ カギは「新天皇ゆかりの売り場10」

サマージャンボ宝くじ カギは「新天皇ゆかりの売り場10」

サマージャンボ発売は7月2日から8月2日まで

 サマージャンボ宝くじが7月2日から8月2日まで発売される。1等前後賞合わせて7億円。「令和」への御代替わりとなって初めて発売されるジャンボでは、“新天皇ゆかりの売り場”にあやかりたい。

「ジャンボの愛称で宝くじが初めて発売されたのは昭和54年。その後、平成の31年間、さらに令和の世まで続いてきました。新元号の下で初めて発売される記念すべきジャンボだけに、新天皇・皇后両陛下ゆかりの地の売り場に、より一層ツキが集まるのではないでしょうか」

 そう話すのは宝くじ研究家の“山ちゃん”こと山口旦訓(かつのり)氏。今回は別掲表の通り、ご成婚前に両陛下がデートを重ねた「新浜鴨場」近くの市川妙典CC(千葉・市川市)、一家でご静養される「那須御用邸」に近い黒磯メガドンキホーテCC(栃木・那須塩原市)など全国10か所を厳選した。

◆皇居にいちばん近い売り場

 山口氏がまず推すのが、皇居のお濠端から2ブロックほど、JR有楽町駅脇に店を構える有楽町大黒天(東京・千代田区)だ。

「駅構内にある売り場が本家で駅脇が分家ですが、分家のほうで2017年年末の1等前後賞合わせて10億円が2本も出て、超人気売り場になっています」(同前)

 肥田俊之店長も意気込みを見せる。

「店先には木彫りの大黒天様が鎮座し、発売初日には深川の大黒様で知られる圓珠院のご住職に開運祈願をしていただきます」

 皇居近接エリアには日本一の有名売り場・西銀座CC(東京・中央区)もある。5月に「令和最初の抽せん」となったドリームジャンボでも1等前後賞合わせて5億円を出した。児玉直樹・営業部長はこう話す。

「平成と令和を通じて億万長者が499人、トータル805億円が出ています。令和も快調なスタートになり、今回で500人目を出せると確信しています」

◆新元号ゆかりの太宰府で必勝祈願

 新元号「令和」は、1300年前に太宰府で催された「梅花の宴」を描写した万葉集の歌の序文が典拠とされている。その太宰府エリアにも、注目の売り場がある。筑紫野ゆめタウンCC(福岡・筑紫野市)だ。

「この店の大当たり伝説は2011年の年末ジャンボでの2等1億円から始まります。翌年春にはグリーンジャンボで1等前後賞合わせて5億円を出しました」(山口氏)

 橋本達矢店長も自信満々。

「新元号ゆかりの地ということで太宰府天満宮に必勝を祈願し、授かったお札を売り場に祀っています。直近では2019年ドリームミニで3等100万円2本など小当たりが多く、そろそろ億が来る予感があります」

◆京都御所エリアでもツキが急上昇!

 10月の即位礼正殿の儀で天皇陛下が昇る「高御座(たかみくら)」は、来年3月に京都御所で一般公開される。その京都には多くの老舗売り場があり、中でも注目したいのが阪急四条大宮駅売店(京都市)だ。

「京都御所に最も近い有名売り場で、2013年の年末で1等前後賞合わせて7億円が出るなど、過去の実績は申し分ありません」(山口氏)

 小谷武一郎店長も、「戦時中に戦費調達のために発売された宝くじの前身である『勝札』から販売した実績があります。京都で最も古い売り場から、令和最初の億万長者が誕生するはず」と自信を見せる。

◆皇太子時代の慰問先にも

 天皇・皇后両陛下が皇太子・同妃両殿下時代の2011年6月、東日本大震災の被災地慰問として東北を初めて訪れたのが宮城県だった。この地で注目されているのが卸商団地CC(仙台市)である。

「33年前に開店した老舗ですが、皇太子殿下が来県されて以降、億当たりが続いている。2014年の年末ジャンボで1等前後賞合わせて7億円、翌2015年の年末も1等前後賞合わせて10億円を出し、東北を代表する売り場になった」(山口氏)

 過去には億万長者17人を生んだ。

「ジャンボ発売前には全員で地元神社に高額当せん祈願をします。店先には絵馬をぶら下げて開運祈願しています」(宮川隆史店長)

◆新天皇が愛する焼酎の産地で

 新天皇陛下ゆかりの逸品の産地にも人気売り場がある。皇太子殿下時代から長く愛飲する皇室献上品の芋焼酎「倉岳」。製造元の酒蔵・房の露がある熊本では、鶴屋百貨店(熊本市)の直営宝くじ売り場が光り輝く実績を誇る。

 売り場責任者である商品券カウンターの野本英昭氏はこういう。

「九州一円からお客様がお見えになります。熊本地震の時は、現在の上皇・上皇后陛下が慰問にいらして県民を勇気づけていただいた。急ピッチで復興しており、億当たりで熊本をさらに元気づけたい」

 宝くじは当たるものではなく当てるもの―皇室に縁の深い土地の売り場のツキにあやかり、令和の億当たりを狙おう。

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事(外部サイト)