オススメ最新式扇風機8選、夏の室内環境を快適にする品々

オススメ最新式扇風機8選、夏の室内環境を快適にする品々

オススメ最新式扇風機8選(写真/アフロ)

 いよいよ夏が間近に迫る中で、エアコンと並ぶ熱中症対策の強い味方である扇風機の進化が目覚ましい。ここでは、この夏オススメの屋内環境を快適にする扇風機8選を紹介しよう。

◆シャープ(3Dファン PJ-J2DBG:2万6793円)

 熱中症予防指針に基づき、高温・高湿の環境になると光と音でお知らせ。アホウドリとアマツバメの翼を応用した羽根形状でコンパクトでもパワフルな風。上下左右に首を振る3Dターンとコードレスモードで使用場所も自在。

◆パナソニック(F-CS339:3万8600円)

 信州の蓼科高原の風を採取・分析し、DCモーターで再現した1/fゆらぎと流線形デザインの羽根でなめらかな風を生み出す。上下、左右を組み合わせた立体首振りで室温ムラを抑える。温度センサーで室温を感知し、風量を5段階で自動切換え。

◆日立グローバルライフソリューションズ(HEF-DH2000A :3万円前後)

 DCモーターの低速回転により、就寝時にも快適なうちわのような微風からパワフルな強風まで8段階の調節が可能。上方向に90度調節でき、天井の空気もしっかり攪拌する。箱から出してすぐ使えるのも人気。

◆三菱電機(SEASONS R30J-DW:3万6720円)

 着脱式のポールで高さを2段階に設定可能。左右180度、上下100度の3D立体首振りで真上にも送風でき、扇風機、サーキュレーターの2ウェイで使える。徐々に風量が弱くなるおやすみタイマー、そよ風のような微風のリズム風モードも快適。

◆東芝ホームテクノ(F-DLX80:1万8000円前後)

 温度センサーが室温に応じて風量を自動調節。低速回転でも効率よく豊かな風を生み出せる独自形状の9枚羽根。自然風のような心地よいやわらかな風。就寝時には綿毛を運ぶような微風「ふわり風」がおすすめ。羽根のホコリ防止加工も便利。

◆ドウシシャ(FKLU-303D:3万110円)

 世界トップクラスの船舶用プロペラメーカー「ナカシマプロペラ」との共同開発で実現したカモメ羽根。肌あたりのよい風が部屋の広い範囲に届く。リモコンも付属するが、屈まずに使える位置に設置されたダイヤルやタッチセンサーに手で触れて操作できるのも人気。

◆ダイソン(Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン:6万2640円)

 目に見えない空気の汚れを自動で検知。活性炭フィルターがにおいや有毒ガスを除去、グラスHEPAフィルターが微細な粒子も99.95%除去。AirMultipliterテクノロジーと350度首振り機能で清浄した空気を室内中に届ける。

◆シロカ(DCサーキュレーター扇風機SF-C112:1万3910円)

 広い風を遠くまで届けるサーキュレーター扇風機。風力調節は8段階。90度回転して真上を向き、逆回転モードで床に向かって風を送り、部屋上部の空気を循環させたり、床にバウンドして生まれるやさしい間接微風を受けたりできる。

※女性セブン2019年7月25日号

関連記事(外部サイト)