MRI、頭部CT、心エコー検査で見つかる病気は?

MRI、頭部CT、心エコー検査で見つかる病気は?

検査機にも得意分野がある(AFLO)

 心臓や脳の重大疾患の発見には、エコー(超音波)、CT、MRIなどの「画像診断」が重要になる。

 画像診断を専門とするAIC八重洲クリニックの手塚大介医師(循環器内科)は、「心臓の画像検査は、それぞれが得意分野と苦手分野を補う“相互補完関係”にあります」と解説する。

「『心エコー検査』は、心臓が正常に動いているか、血液が逆流していないか、といった“心臓の動き”を診る検査です。そのため、急性心筋梗塞や、血液の逆流を防ぐ弁の異常である弁膜症などを診断できます。

 一方、心エコーは心臓を覆う血管である“冠動脈”の状態を診ることはできない。その場合は『心臓CT検査』を行ないます。動脈硬化を起こして冠動脈が狭くなる狭心症の診断精度は高く、自覚症状がなくてもほぼ100%の確率で異常が発見できます。

 また、心不全に至る危険性がある心筋症の早期発見は、『心臓MRI検査』のほうが正確です。MRIは心臓の“筋肉の状態”を診ることに長けています。心筋に十分な血液が流れず酸素不足となり、心筋細胞が壊死して起こる心筋梗塞は、急性の場合はエコー検査を行ないますが、早期発見にはMRIが有効な手段となります」

 心疾患に並び、人間ドックのオプション検査などで、脳の画像診断を選択する人も増えている。くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長(脳神経外科)が語る。

「『頭部MRI』は、脳の血管が詰まる脳梗塞の発見に向いています。精度は非常に高いので、CTではとらえられないごく初期の脳梗塞も発見できます。一方で、『頭部CT検査』で発見しやすいのは、脳出血やくも膜下出血など、出血を伴う急性の疾患です」

 CTやMRIが“脳全体”を撮影するのに対し、脳内の“血管”を撮影するのが『(頭部)MRA』(*注)だ。

【*注/MRI・MRAはともに磁気の共鳴を利用した検査方法。両者の違いは、MRIが脳の断面を映し出すのに対し、MRAは血管の状態を立体的に映す点にある。MRI・CTはともに脳の断面を映す検査だが、CTは放射線を使用するという手法の違いがある】

「『MRA』では、血管を立体的に調べることができるので、くも膜下出血の原因となる未破裂動脈瘤の発見に有効です。

 さらに、頭部の血流や剥がれたプラークの詰まり具合まで微細に診断するためには『頚部エコー検査』が役立ちます。脳梗塞を起こしかねない“ごく初期の動脈硬化”の兆候まで捉えることができます」(同前)

 冒頭では肺がんがステージIIで発見された男性の事例を紹介したが、その検査精度を高めるためには『胸部CT検査』が有効だ。

「胸部X線検査ではわからないような肺がんでも、胸部CTなら発見精度がはるかに高い。とくに、超高精細CTという最新機器では、0.15mの小さな腫瘍も撮影できます。従来は発見が難しいとされていた肺がんも、胸部CTによって発見できるケースは増えている」(前出・手塚医師)

※週刊ポスト2019年7月19・26日号

関連記事(外部サイト)