50代で受けるべき検査 大腸内視鏡、心臓MRI、ピロリ菌ほか

50代で受けるべき検査 大腸内視鏡、心臓MRI、ピロリ菌ほか

50歳で受けるべき検査は?

「先生、自治体の検診だけで大丈夫なのでしょうか」
「がんが不安なので、毎年人間ドックを受けたほうがいいですか」

 医療検査の専門医のもとには、そうした相談が日々、寄せられている。人間ドック・検診を数多く手がける東京国際クリニックの宮崎郁子副院長が語る。

「自治体や企業の検診は最低限のもので、早期発見のためには足りない項目がいくつかあります。毎年欠かさず受けていてもそれだけでは心許ない。まずは病気にかかりやすい年齢(好発年齢)を知り、人間ドックやオプション検査の必要な項目を選択することが大切です。持病や既往歴によっても異なるものの、必要な年齢から、適切な頻度で受けるための目安を把握しておきましょう」

 では、50代を迎えたら「どの検査を」「何歳で」受けるべきなのか。なるべく早くから受けておきたいのが『大腸内視鏡検査(大腸カメラ)』だ。日本消化器内視鏡学会の専門医で、住吉内科・消化器内科クリニックの倉持章院長が解説する。

「大腸がんの罹患率は40代から急増し、45〜49歳になると40代前半に比べて、がん化する可能性のあるポリープが約2倍に増えるという海外の研究があります。内視鏡でがん化する前のポリープも見つかり、大腸がんを未然に防ぐことにつながるため、できるだけ早い年齢から受けておきたい。最初に受けて異常がなければ、その後は5年に1回程度で良いと考えられます」

 画像診断を専門とするAIC八重洲クリニックの手塚大介医師(医学博士)は、50代からの『心臓MRI』『頸部エコー/心エコー』の重要性を説く。

「『心臓MRI』は、心臓の筋肉の状態を診る検査で、心筋梗塞の早期発見に有効です。急性心筋梗塞は30代でも発症し得るので、症状がなくても50代からは2〜3年に1回は受けたい。

『頸部エコー』は“ごく初期の動脈硬化”も捉えられるため、動脈硬化のリスクが高まる50代以降は3〜5年に1回程度受けておきたい。『心エコー』も同様に受診することで、自覚症状のない心臓弁膜症を診断できます」

 50代から罹患率・死亡率が急増する胃がんについて、前出・倉持医師は「少なくとも55歳までに一度は『ピロリ菌検査』を受けておくべき」と語る。

「世界各国の研究で、ピロリ菌は9割以上の胃がんの原因であることがわかっている。55歳を目安にピロリ菌の有無を調べておけば、その後の検査の方針の目安になります。

 結果が陽性なら、それ以降はピロリ菌を除菌した上で、『胃内視鏡検査(胃カメラ)』を最低でも3年に1回は受けましょう。検査が陰性で注視すべき病変がない場合、内視鏡の頻度は5年に1回程度でも良いと考えられます」

 50代から罹患率が高くなる肺がんは、「遅くとも55歳には『胸部CT』を受けておきたい」(前出・手塚医師)という。

「肺がん検診は、『胸部X線検査(レントゲン)』や『喀痰(かくたん)検査』を実施する自治体が多い。しかし、これらの検査では早期の病変を見つけられないケースも少なくないため、喫煙歴や血痰などのリスクを持つ方は『胸部CT』を3年に1回は受けたほうが万全です。

『胸部CT』を受けた後の2年間は、レントゲンと喀痰検査の受診を勧めています」(同前)

※週刊ポスト2019年8月2日号

関連記事(外部サイト)