“時間栄養学”で分かった「昼食・おやつ」に適した時間帯

“時間栄養学”で分かった「昼食・おやつ」に適した時間帯

昼寝は何時間?

 健康を気遣い「体に良い食材を取り入れている」「適度な運動をしている」という人は多いだろう。しかし、その努力を最大化するには「時間」にも注意する必要がある。

 例えば、昼食・おやつは、最もカロリーを摂って良い時間帯だという。「時間栄養学」に詳しい健康検定協会管理栄養士・望月理恵子氏が解説する。

「『BMAL-1』という脂肪をため込む性質を持つたんぱく質があり、これは午後2時頃に最も減少します。そのため、高カロリーな食事はこの時間に摂るのが良いでしょう。“おやつは3時”と昔からいわれますが、間食は午後2時〜3時までに食べるほうが肥満予防につながります」

 昼食後は、満腹感から眠気を感じやすくなる。秋葉原駅クリニック院長・大和田潔医師が語る。

「昼寝は午後1時〜2時にすると良いでしょう。夜間の睡眠は午前2時に最も深い眠りを迎えるため、それから12時間経ったこの時間に、20分程度の昼寝をすると日中の活動に集中できます。ただし、1時間以上寝てしまうと夜間の睡眠を妨げるので注意しましょう」

 筋トレやマラソンなどの“激しい運動”をする場合は、散歩・ジョギングとは異なり、「午後2時〜5時」が最適だという。

「1日の体内生理のリズムによって、心肺機能や筋力の働きが最も活発になる時間帯なので、元気に動けてケガもしにくいと考えられています。朝食と昼食で摂ったエネルギーが体内に蓄積されているうえ、午前中の軽めの運動が代謝を高める“準備運動”になっているからです」(同前)

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)