全国変わり種缶詰5選 へそ、こっこめし、鹿肉、トコブシ他

全国変わり種缶詰5選 へそ、こっこめし、鹿肉、トコブシ他

山形の『むきそば』

 全国各地で味を磨いた缶詰の精鋭たちが「おつまみの王者」を目指して競い合う缶詰甲子園、ここに開幕! 肉汁がほとばしり、出汁があふれでる味覚の熱闘を肴に、あなたもきっと晩酌がしたくなる──。47都道府県から選りすぐりの珍しい缶詰を5個、紹介しよう。

【山形】『むきそば』梅田食品製造本舗 972円(420g)

 ソバの実をむいて茹でたものに出汁をかけて食べる酒田の郷土料理「むきそば」を堪能できる。夏は冷たい出汁やそばつゆなどで食べると一層美味。別売りの「そばたれ」缶詰もある。

【和歌山】『まぐろへそ醤油煮』和歌山県漁業協同組合連合会勝浦市場 550円(80g)

 和歌山県漁業協同組合連合会勝浦市場が製造する缶詰・紀州勝浦まぐろCAN「マグロ経済学シリーズ」の1品。紀州で育った養殖のクロマグロのヘソ(心臓)を、隠し味に生姜を利かせ、地元・那智勝浦町の藤野醤油と、和歌山県海南市の酒造会社・中野BC製のみりんで煮付けてある。レバーのような見た目だがクセやくさみはなく、ムチッとした食感が印象的な珍味だ。

【兵庫】『こっこめし』みつばグループ 756円(240g)

 兵庫県多可町の銘柄鶏「播州百日どり」がゴロゴロ入った炊き込みごはん。米は山田錦とコシヒカリを各50%ずつ使用。しっかりした肉質の播州百日どりの旨味がしみ込んだごはんは格別の味。

【鳥取】『鹿肉のポルペッティ』ペペネーロ イタリア館 1188円(90g)

 豊かな森林に囲まれた若桜(わかさ)町産の鹿肉を使い、鳥取市の老舗イタリア料理店シェフが監修した缶詰。鹿肉のミートボールをトマトソースで煮込んだポルペッティは、ワインにも好相性。

【徳島】『貝付「流子」味付缶詰』角田商店 オープン価格(240g)

 徳島県では、トコブシを「流れ子(ながれこ)」と呼ぶ。缶の中には、殻付きのトコブシが、取り出すのが困難なほどぎっしり。四国南東部の室戸・阿南国定公園内の荒磯で水揚げされた活貝を、その日のうちに炊き上げている。自然の風味を生かして、砂糖醤油等で薄く味付け。噛みしめると旨味が口いっぱいに広がり、コリコリした食感で、アワビに負けず劣らずの味わい。貝を片手に、ついつい酒が進む。

撮影/河野公俊

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)