早大鉄研の夏休み 千葉県のJR「木造駅舎」全36駅を制覇

早大鉄研の夏休み 千葉県のJR「木造駅舎」全36駅を制覇

1897年開業の外房線本納駅(筆者撮影)

 明治、大正、昭和、平成──激動の時代を生き延びて今なお現役の木造駅舎は、貴重な「鉄道遺産」といえる。早稲田大学鉄道研究会 “降り鉄分科会”が、千葉県内のJR沿線に残る木造駅舎36か所を紹介する。

 * * *
 昔ながらの駅の姿を色濃く残し、鉄道ファン以外からも人気の木造駅舎。全国的に見ても数を減らしつつあるが、東京からほど近い千葉県内のJR線では令和の時代を迎えた今でも36の木造駅舎が現役である。それらの木造駅舎を路線ごとに紹介していこう。

◆「千葉の大動脈」に残る木造駅舎──総武本線

 東京と銚子を結ぶ千葉県の大動脈とも言うべき総武本線は、東京〜千葉間においては駅の近代化が進んでいるが、成東駅より先ではローカル線のような雰囲気である。木造駅舎が残るのも成東駅より先の区間で、成東、松尾、横芝、八日市場、干潟、松岸の各駅は木造駅舎が使われている。このうち、成東駅はリニューアルされているものの、それ以外の駅は比較的昔のままの状態で残っている。

 松尾駅、横芝駅、八日市場駅の木造駅舎はいずれも入母屋造りで、駅が開業した明治30年代に建てられたものだと考えられている。明治31(1898)年開業の松尾駅は昭和24年に一部が改築されているものの昔ながらの瓦屋根で、原型を色濃く残している。明治30(1897)年開業の横芝駅は松尾駅の駅舎を一回り小さくしたような感じだが、屋根がスレート葺きに変えられている。同じく明治30年開業の八日市場駅の駅舎は瓦屋根のままだが、入口部分に三角屋根の車寄せが増築されているため、他の2駅とはイメージが随分と異なる。

 干潟駅の駅舎は、回廊付きの切妻屋根で、松尾駅などとは形状が随分と異なる。建てられた時期は不明だが、もし明治31年開業時のものなら、松尾駅などと同じ入母屋造りで建てられているはずなので、おそらく後から建て替えられたものだろう。

 成田線との接続駅である松岸駅は、昭和24(1949)年に一部が改築されたという記録はあるものの駅舎の建築年代は不明である。余談だが、この駅のスタンプは戦前のものだそうで、駅名の文字が右書きになっている。

◆失われつつある木造駅舎──成田線

 佐倉〜松岸間の路線を中心に、成田空港や我孫子へと支線が伸びる成田線も、かつては木造駅舎の宝庫であったが、近年の改築等によりその多くが失われてしまった。今も木造駅舎が残るのは、小見川、笹川、下総橘、下総松崎、安食の各駅である。

 昭和6(1931)年開業の小見川駅には傾斜の急な屋根を持つ大柄な木造駅舎が残っているが、最近行われた駅前整備で障害物が増えたため写真が撮りにくくなっている。その隣の笹川駅には和風にリニューアルされた木造駅舎が残っている。小見川駅と同時に開業してはいるものの、小見川駅の駅舎とはデザインが異なる。昭和8(1933)年開業の下総橘駅の駅舎も小さなものだが、笹川駅と比べると背が高く、装飾等も少ないのでのっぺりとした印象を受ける。

 成田と我孫子を結ぶ我孫子支線にある下総松崎駅は明治34(1901)年の開業だが、駅舎の建てられた時期は不明。入口部分に三角屋根の車寄せを持つ駅舎だが、その庇が小さいのが印象的である。同じく我孫子支線の安食駅の駅舎は大正10(1935)年3月に建てられたもので、自動改札機が設置されるなどして近代化されてはいるが、外壁の一部は年季を感じさせる板張りのままである。

◆房総半島に残る木造駅舎──東金線、外房線

 東金線は大網と成東を結ぶ短いローカル線で、木造駅舎は東金駅にのみ残っている。寄棟屋根が2つ連なる東金駅の駅舎は昭和15年に改築されたと思われ、主要駅らしく大柄で、どっしりとした印象を受ける。

 房総半島の太平洋側を走る外房線もまた木造駅舎の多く残る路線で、本納、上総一ノ宮、太東、長者町、大原、御宿、上総興津、安房小湊、安房鴨川に木造駅舎が残っている。

 明治30(1897)年開業の本納駅は、昭和11(1936)年に一部が改築されたという記録はあるものの駅舎の建築年代は不明だ。土台部分が今時珍しいレンガ積みなのでひょっとすると開業時に建てられたものかもしれない。東京方面からの快速電車が折り返す上総一ノ宮駅の駅舎は、昭和14(1939)年に建てられた天井が高いもので、主要駅らしく堂々とした雰囲気である。

 太東駅には白く塗られた板張りの木造駅舎が残っている。かつては淡い緑色に塗られていたようで、室内の壁は今も淡い緑色である。長者町駅の駅舎は回廊付きの古色蒼然としたもので、明治32(1899)年の開業時に建てられたものである可能性が高い。駅名表示もホーロー看板で雰囲気が良いが、室内は小ぎれいに改装されている。

 いすみ鉄道との乗換駅である大原駅には明治32年開業時の駅舎が残るが、何度も増改築されており、それほど古さは感じさせない。昭和2(1927)年開業の御宿駅の駅舎は、後述の「内房型」デザインだが、平成21(2009)年にリニューアルされている。

 上総興津駅も御宿駅と同時に開業しているが、こちらの駅舎は「内房型」ではない。三角屋根の車寄せは内房線の江見駅などにも見られるが、寸法が違うのでこちらも兄弟駅と言えるほど似てはいない。

 三角形のファサードが特徴の安房小湊駅は昭和9(1934)年開業時に建てられたもので、平成21年にリニューアルされている。内部はリニューアルによって間取りが大きく変化しているものの、外装は比較的原型を留めている。外房線と内房線の接続駅である安房鴨川駅の駅舎も大正14(1925)年に建てられた古いものだが、リニューアルによってもはや原型を留めていない。

◆「内房型」の木造駅舎──内房線

 房総半島の東京湾側を走る内房線は、木造駅舎の宝庫とも言うべき路線で、巌根、青堀、大貫、佐貫町、上総湊、浜金谷、保田、安房勝山、那古船形、江見、太海に木造駅舎が残っている。

 このうち青堀、大貫、上総湊、浜金谷、保田、安房勝山の駅舎は「内房型」とでも言うべき共通設計の駅で、些細な違いはあるものの寄棟屋根に簡易な庇というスタイルは共通している。いずれも大正4(1915)年から大正13(1924)年にかけて建てられたもので、いくら後から増改築されているとは言え、同時期に建てられた駅舎がこれだけまとまって残っているのは珍しい。これらの駅舎はホーム側のデザインや島式ホームに跨線橋という駅の構造も共通している(※ただし安房勝山のみ跨線橋が廃止されている)が、やはりそれぞれ細かい差異があるので、一駅一駅じっくりと見て、違いを探すのも楽しいだろう。

「内房型」以外の駅舎も見ていこう。周辺駅より遅れて昭和16(1941)年に開業した、巌根駅の駅舎は、正面部分の屋根が前にせり出して車寄せと一体となったスタイルである。このスタイルの駅舎は主に昭和10年代後半から20年代にかけて建てられた駅舎に多く見られるもので、建て替えが進んだ今となっては全国的に見ても貴重な存在である。

 佐貫町駅の駅舎は大正4(1915)年、那古船形駅の駅舎は大正7(1918)年に建てられたもので、いずれも屋根の形を見る限りは内房型駅舎ではないものの、ホーム側のデザインは内房型と同じく右側の事務室部分が出っ張った造りになっている。那古船形駅の待合室内は格子天井がそのまま残っているのも見物だ。

 大正11(1922)年開業の江見駅、大正13(1924)年開業の太海駅の駅舎は三角屋根の端正な車寄せが特徴で、兄弟駅と言ってもいいほどデザインがよく似ている。江見駅は外壁が補修されているものの入口の引き戸が木製のまま残っており、太海駅は引き戸が失われているものの押縁下見板張り(おしぶちしたみいたばり)の外壁が状態よく残っている。

◆房総半島内陸のローカル駅舎──久留里線

 木更津と上総亀山を結ぶローカル線で、横田、馬来田、久留里、上総亀山に木造駅舎が残っている。

 大正元年(1912)に建てられた横田駅の駅舎は曲屋風で、かつての外壁は押縁下見板張りだったようだが、現在では新建材で補修されている。馬来田駅の駅舎も同時に建てられたもので、板張りの外壁が残っているのが味わい深い。古き良きローカル線の駅の姿を色濃く残しているが、正面部分にタクシー会社の事務室が増設されている。

 同じく大正元年開業の久留里駅の駅舎は馬来田の駅舎を一回り大きくしたようなデザインだが、かなり補修されている。昭和11(1936)年に開業した終点の上総亀山駅の駅舎はシンプルなデザインで、かつては入口庇の上部の壁に四角い時計が掲げられていたが、改修の際に撤去されてしまったようだ。

 以上見たように、千葉県のJR線には今なお多くの木造駅舎が残っている。今回は紹介することができなかったが、小湊鉄道や銚子電鉄にも木造駅舎が健在であり、千葉県はまさに「木造駅舎の宝庫」と言えるだろう。しかし、木造駅舎はいつまでも残るとは限らない。老朽化などで建て替えられることもあれば、火災や地震で失われることもあるので、見られるうちに見ておくことが何よりも重要だろう。

 知らない駅で電車を降りて、駅舎を見る。そんな旅はいかがだろうか。

●取材・文/早稲田大学鉄道研究会降り鉄分科会

●参考文献/杉崎行恭『駅舎再発見 時代の姿をとどめる駅舎を訪ねて』(JTBキャンブックス)、さいきの駅舎訪問http://ekisya.net

関連記事(外部サイト)