タピオカに「1万年の歴史」 その栄養価を侮ってはならない

タピオカは1万数千年前頃から食用 タピオカミルクティーとカツカレーほぼ同カロリー

記事まとめ

  • 台湾発のタピオカドリンクが台湾旅行ブームの影響で若い女性を中心に人気を集めている
  • 南米やアフリカで主食としても食べられるタピオカと人類の歴史は1万年に及ぶという
  • タピオカ・ミルクティーはカロリー、糖質とも牛丼の大盛りやカツカレーとほぼ同じだ

タピオカに「1万年の歴史」 その栄養価を侮ってはならない

タピオカに「1万年の歴史」 その栄養価を侮ってはならない

大流行のタピオカ・ドリンク。その歴史を紐解くと…

 若者を中心に大流行のタピオカ・ドリンク。南米やアフリカでは、タピオカは主食としても食べられてきた。1万年に及ぶというタピオカと人類の長い歴史を、作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 台湾発のタピオカ・ドリンクが若い女性を中心に人気を集めている。台湾通のあいだではかなり前から知られていたが、昨今の台湾旅行ブームの影響で広く日本人全体にも広まり、これは商売になるというので、専門店に限らず、どこもかしこも手を出すようになったのだろう。

 この爆発的な流行を見て、40代以上の人はおよそ30年前のナタデココ・ブームを思い出したのではなかろうか。ナタデココはフィリピン発のスイーツで、一時はどんな料理店でもデザートのメニューに加えたほどだった。そのブームは2年ほどで終わってしまったが、タピオカ・ブームもそれと同じ運命を辿るのかどうか、興味のあるところである。

 ナタデココとタピオカはモチっとした食感が似ていて、どちらも南国イメージが強いが、原料はまったく違う。ナタデココがココナッツを原料とするのに対し、タピオカはキャッサバというイモを原料としている。

 キャッサバの原産地は南米大陸で、人工栽培が開始されたのは今から4000年ほど前だが、野生種は人類が同地に到達した1万数千年前頃から食用にされていたはずで、ジャガイモと並び主食の双璧を占めていたものと考えられる。

 イモ類であるから、食用にされたのはその地下茎部分。そこから摂れるデンプンがタピオカである。

 南米のアメリカ先住民は地下茎のままを茹でて食べたが、大航海時代にそれが伝えられたアフリカや東南アジアではいったん潰してからパン状に形を整えて焼くなど、タピオカに何らかの加工を施すのが普通となった。東南アジアではスイーツの域を出ることがなかったのに対し、アフリカのサハラ砂漠以南ではキャッサバかトウモロコシのどちらかが主食の座に収まることとなった。

 日本ではナタデココもタピオカもスイーツとして受け入れられたが、ナタデココはともかく、タピオカは元来主食とされていたもの。当然ながら栄養価は高く、タピオカ・ミルクティーともなればカロリー、糖質とも牛丼の大盛りやカツカレーとほぼ同じになる。ココナッツを原料としたナタデココが低カロリーで消化のよい発酵食品であるのとは対照的である。

 部活やジムで激しい運動をして大量の汗を流し、日常的に相当なエネルギーを消費する人はともかく、そうでない人はタピオカ・ドリンクをおやつにすることなく、食事の置き換えと捉えるのが賢明だろう。そうしないと一日4食しているのと同じで、完全なカロリーオーバーとなる。どんなに味がツボにはまろうとも、口にするのは週に一度くらいに抑え、置き換えが無理なら、その日は昼食か夕飯の量を減らすのが得策である。

 南米の先住民は一日の食事が一回。それもキャッサバだけで済まし、終日狩りに費やすこともあったのだから、タピオカの栄養価を侮ってはならない。流行だから毎日必ずというのは避けたほうがいいだろう。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『春秋戦国の英傑たち』(双葉社)、『眠れなくなるほど面白い 図解 孫子の兵法』(日本文芸社)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など多数。

関連記事(外部サイト)