「切るべきがん・切ってはいけないがん」 違いはどこにあるか

「切るべきがん・切ってはいけないがん」 違いはどこにあるか

そのガンは切る? 切らない?(写真/AFLO)

 8月8日、国立がん研究センターは、2009年から2010年にがんと診断された患者57万例を集計した最新の「5年生存率」を発表した。

 5年生存率とは、がんと診断された患者が5年後に生存している割合で、治療成果の目安となる。部位別(全期)にみると、5年生存率が最も高いのは前立腺がんの98.6%で、最低は膵臓がんの9.6%だった。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が指摘する。

「前立腺がんと膵臓がんで生存率が10倍近く違うことからも、がんの部位やステージによって治療効果が大きく異なることが読み取れます。治療しやすいがんがある一方、死に至るがんもまだ多いのです」

 ポイントは、部位やステージによって「治療内容」が大きく変わることだ。室井氏が続ける。

「これまでがんは『見つけたら切る』が常識でした。しかし今は生存率だけでなく、QOL(生活の質)を見据えた治療が求められるようになった。切除できたとしても、患者の術後の生活に大きな支障をきたすなら、開腹などの手術は避けるべきとの考え方が現われたのです。世界的にも、部位やステージによっては手術以外の治療法を選択する医師が増えています」

「切るべきがん」と「切ってはいけないがん」。その違いはどこにあるのか。

◆術後に生活が一変した

 今回の発表で5年生存率が上位のがんほど、状態によっては手術が必ずしもベストの選択ではないケースが出てくる。昨年、胃がんのI期で全摘手術を受けたA氏(75)が打ち明ける。

「手術によって再発の心配がほぼなくなったのはありがたいのですが、術後は食事量が半分ほどに減って、体がやせ細りました。さらに、食事は1日6〜7回に分けて取らなければならず、そのうえ食後30分は安静にしなくてはいけない。食事が楽しくないだけじゃなく、それ以外の生活にも制限が大きい」

 日本人男性に最も多い胃がんは、I期の5年生存率が94.6%と100%近いが、術後にA氏のように落ち込む症例が少なくない。住吉内科・消化器内科クリニック院長の倉持章医師が指摘する。

「高齢者が胃を摘出すると、食事量が5〜6割まで減って体力や筋力が激減し、術後のQOLが下がるリスクが大きい。身体が衰弱して他の病気になるケースもよく見られます」

 現在、胃がんI期の標準治療は低侵襲(体に負担をかけにくい)の内視鏡手術だ。

「患部のみを内視鏡の先のナイフで切り取る内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が主流です。早期の胃がんでは、なるべく胃を残す治療をすべきです。内視鏡専門医がいない病院や、がんのできた位置によっては、開腹して胃を摘出する手術を勧められることがありますが、基本的には避けたほうがよいと考えます」(倉持医師)

 全期の5年生存率が全がんの中で最も高い前立腺がんは、「切ると後悔するがん」の代表格だ。独協医科大学埼玉医療センター泌尿器科の小堀善友医師が指摘する。

「悪性度の低い前立腺がんは、2〜3か月ごとに検査で数値をチェックする『監視療法』が治療の基本です。がんが見つかったからと慌てて手術に踏み切ると、男性器周辺の神経を損傷して、排尿障害やED(勃起不全)が生じるリスクがあります」

 米ノースショア大学の論文は、前立腺がんを外科手術で治療した患者の79〜88%に何らかのED症状が生じたと指摘する。1年前に前立腺がんを患ったB氏(68)も後悔の日々を送る。

「『早く取ったほうがいい』と医師に勧められて摘出手術を受けましたが、手術を受けた直後から尿漏れを起こすようになりオムツが欠かせなくなりました。それまでは、“俺はまだまだ元気だぞ”と思っていたのに、手術を受けてからガラリと生活が変わってしまった……」

◆「切らない道」の模索も必要

 5年生存率は公表されていないが、3年生存率で84.4%(全期)の喉頭がんも、治療選択の影響が大きながんだ。がんに詳しいナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師は「大手術はできるだけ避けるべき」と指摘する。

「喉頭がんは比較的高い生存率が見込めますが、外科的手術で患部を含め喉頭をすべて摘出すると声が出なくなるうえ、食道の一部を取り除く必要があり、生活に大きな影響が出ます。

 早期(0〜II期)の場合は内視鏡手術や放射線治療などでできるだけ身体への負担を減らし、進行がん(III〜IV期)の場合でも放射線や抗がん剤治療を組み合わせて、喉頭を残せるように主治医と相談すべき。高齢の患者は、大手術が成功しても肺炎などの術後合併症で逆に寿命が縮まる可能性があります」

 ここまで見てきたがんは、大まかにいえば、生存率が高いステージでは「切らない選択肢」が存在する傾向があったが、やや異なるのが、日本人が罹患するがんの1位で、年間約5万人が亡くなる大腸がんだ。

 5年生存率はIII期でも76.5%あるが、倉持医師は「II期以降は大きな手術が必要になるので早期発見・治療が重要」と指摘する。

「大腸がんはI期の場合、侵襲性の低い内視鏡や腹腔鏡で治療できますが、II期以降になると、開腹手術に抗がん剤や放射線を組み合わせた治療が選択されることが多くなる。とくに肛門の近くにできたがんの場合や、手術で切除した腸管をつなぎ合わせられない場合は、人工肛門を作る可能性が高くなるので、QOLの低下を考慮して、早期発見が大切になります。

 検診の便潜血検査で満足せず、とくに罹患率が急増する45歳以降は、5年に1度は大腸内視鏡検査を受けてほしい」

 重要なのは、「切らない道」を模索することだ。

「とくに外科医は『がん治療の根幹は切除』との信念があり、患者に手術を勧めることが多い。しかし、部位やステージによっては、切らないことが得策の場合もある。医師から手術を勧められたら、“切るリスク”やほかの治療法について、患者から尋ねなければいけません」(室井氏)

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連記事(外部サイト)